ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

エンタメ

日本初のプロコスプレイヤー・えなこ「コスプレは何歳まで?」の質問に神回答

更新日:

全国各地で行われるコミックマーケットをはじめとした同人誌即売会では、アニメやゲームなどのキャラクターに扮するコスプレが人気だ。プロコスプレイヤーとは、コスプレを職業とし、コスプレの仕事で生計を立てている人のことをさす。

日本で最初に“プロコスプレイヤー”と呼ばれたえなこは、コミケ(コミックマーケット)や撮影会などを活動の場としており、人気雑誌の『週刊ヤングジャンプ』で表紙グラビアを飾った経験もある。地震・豪雨災害の被災地支援のために、チャリティー撮影会も主催し、義援金268万円が集まったという。

えなこによると「テレビや雑誌に出始めた2年ほど前からプロコスプレイヤーと呼ばれるようになった」という。名付け親は週刊ヤングジャンプの編集部の池永亘氏。池永氏によると「グラビアに載せたきっかけは、初めて会ったとき、ほぼ直感でこの子なら大丈夫だ、絶対に人気になると思った」という。“プロコスプレイヤー”と名付けた理由は「仕事への情熱や、コスプレに対する向き合い方が職人のようなプロだったから」と説明した。また、どんなメイク・髪色も似合うえなこは、コスプレイヤーとして稀な存在とも評した。

写真集も出版しており、大きな収入になる。自費出版のため書店では購入できず、年に2回開催されるコミケなどで買うことができる。コミケは3日間で50万人以上の人が訪れる大きなイベントで、えなこは「今年の夏は1日で1000万円の売上げがあった」と語る。

写真集1冊の値段は1500円~2500円。自費出版で多くは刷れないという事情からの価格設定だという。写真集は完全セルフプロデュースで、スタジオやカメラマンなどを自分で手配し、衣装やポーズもすべて自分で決めている。

コスプレをする上でのコストも安くはない。衣装は3000円~5000円で制作できるものもあるが、数十万円以上かかるものもあるという。えなこは「自分で作るしかなくて、布をたくさん使った衣装だと数十万円とか……こだわればこだわるほどお金がたくさん必要なので」と苦労を語る。

「何歳までコスプレをやりたい?」の質問に神回答

写真集以外での収入源の1つは、アニメ・ゲームの会社から依頼されるイベント出演だ。アニメやゲームのキャラクターのコスプレをして、商品をPRする。報酬は内容によってピンキリではあるものの、大体1ステージで30~40万円程度だという。

今でこそプロコスプレイヤーとして活躍しているえなこだが、最初は趣味でコスプレを始めただけだった。一時は学業に専念するため、コスプレ活動を休止。時間ができたため、それまで経験のなかったメイドカフェのアルバイトをどうしてもやりたいと思い立ち、地元・名古屋でアルバイトを始めた。

「ファンの女性が東京からバイト先までやって来て『またコスプレやらないんですか?』と聞いてくれた。そのときは『今は学生生活とバイトが楽しいので』と答えたのですが、その後も何度かバイト先に来てくれて『(コスプレに)戻らないんですか?』と声をかけてくれた。だんだん『もう一度やってもいいかな』と思うようになって、また活動を始めたんです」

ファンの熱烈な要望に応え、えなこは3~4年ほど前にコスプレイヤーとして復帰。今ではプロコスプレイヤーと呼ばれるまでになった。大好きな趣味が仕事になったことで、えなこは「世界が180度変わった」と語る。

「大切なのは、コスプレをするキャラクターのイメージを壊さないこと。アニメやゲームが好きという気持ちを忘れないこと。好きなキャラクターを尊いと思うこと。もともと、アニメ・ゲームが好きでコスプレをやるようになった。キャラクターを大切にしたいという思いが強いので、この気持ちを忘れないことで、よりコスプレに気持ちが入る」

「何歳までコスプレをやりたい?」と聞かれたえなこは「キャラクターの中には、歳をとらないとできないキャラクターもいるので、コスプレの可能性は無限だと思う」といい、「私が飽きるまで、好きなだけ好きなようにやっていきたいと思います」と、まさにプロの“神回答”。これからもコスプレを続けることを宣言した。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181224-00010000-abema-ent




【上記ニュースに寄せられたコメント】

ksy | 「歳をとらないとできないキャラもある」
確かにプロと呼ばれてもおかしくない人ですね。
こういう人には本当にあきるまで続けて欲しいと思います。

hvd | 「私が飽きるまで、好きなだけ好きなようにやっていきたいと思います」
コスプレに限らず、趣味を持つ人は皆そのつもりだと思うけどね・・

*** | コスプレイヤーは昔からいるけど、可愛い子が2次元モデルで露出する今だからこそ流行りがあるだけで、何れ廃れる時が来る。
本人も分かってると思うけどね。

*** | この方は本質がわかってるから良いが、最近のレイヤーは、本人興味無くとも事務所が戦略として、無理矢理やらせてるタレントもどきが多過ぎてよろしくない…。

kyo | 趣味を仕事にするってのは本当に苦しいものがあるらしいな。
売れなくともこだわりを貫くか、売れる路線にすり寄ってしまうか。
こだわりを貫くだけではなかなか日の目を見られないかもしれないし、売れてからこだわりを出していけば「最近つまんなくなった」と支持が薄れるかもしれないし。その苦痛たるや想像に余りある。
我々凡人は「仕事は金を得る手段に過ぎない」と割り切るのが気楽だ。

wak | プロだから、仕事だからえり好みしてはいけない(キリッ
日本の仕事の質を下げているのはまさにプロへの押し付け意識
むしろプロだからこそ仕事は選んで当たり前だと個人的には思う
彼女のような考え方で仕事が出来てこそ良い仕事が続けられるのでは

maj | 日本初とは大きく出たな。
いくらでも前例があると思うけどライセンスがあるわけでなし、言ったもん勝ちだわな

fox | この世界は個人が趣味の範囲でやってたので特に何も騒がれることはなかったが、もしプロとして生業とするものが多くなってるとパブリシティ権などが絡んで来る可能性はあるかもな。

wit | 作品のイメージを壊さないように~って言ってるけど、メイク大体一緒じゃん。
FAIRY TAILのルーシィ見たけど、タレ眉じゃないキャラなのにタレ眉だったり。
露出多いので有名だった人だしね(悪い意味で)
そもそもコス自体、著作権・肖像権うんぬんで言ったらめっちゃグレーゾーンな趣味だからこそ、今までレイヤーは細々活動してた訳で…。
原作者の方々が黙認してくれてる部分もあると思う。
プロとかって言ってるけど、衣装や交通費に結構かかるから(自腹だし)、手元に残るのはそう多くなさそう…っていう元・コスプレイヤーの意見。

tak | 大人の防具屋さんというアニメを見て気づきましたが、この子声優系の学校なり行ってますね。
コスプレで食べられる限界を知ってるから転職も考えてるのでしょう。
まぁ、記事の画像を見たら一時芸能活動を休止ってテロップがありますから、コスプレは好きなのでしょうけど、最初から仕事として素人の振りをしてやっていたのですね。
ガチレイヤーが、一時活動休止中も個人でコスプレをしていたって、明らかにおかしな説明文ですよ。




hmt | 老いたら老いたでそれ相応のキャラのコスプレしたら新しい層の開拓あるかもな

tau |  この方はコスプレという分野のパイオニアだと思う。
多分、周りから酷評を受けて退場していった先人達もいると思う。
実は、日本人の発想は自由で新しいことに取り組んでいることが多々ある。周りの保守連中が潰しに掛かってくるから長続きしなかったりする。
アニメとかコスプレとかは、世界からクールと認められて、日本語で読みたい、日本でコスプレしたいと云う状況まで育ってきた貴重な文化資源だと思う。
発想の豊かな方だろうから、歳を取ったら取ったでオモシロキコトを発見していってくれると思う。

ryo |  悪くはないけど、たぶんキャラが可愛いからとかなってみたいからとかそういう気持ちでやってる人が大半だと思う。その中でこのキャラクターに対する考え方はすごいと思う。

yum |  確かに、歳をとっても、それに合わせたコスプレがあるだろうから、この先でもコスプレはできるでしょうね。
でも、プロとして稼げるのは、やはり若い内だと思います。

J.B | 需要があり供給が少なければ仕事として成り立つだろう。ただし、プロとして食べてゆくには相応の努力と覚悟が必要だと思う。好きなことを仕事に出来て良かったと思うが、自営業?は大変だよ(^ ^)。

mpg | コスプレは本来自分がやりたくてやるものだし、確かに自分が飽きるまで続けていいと思う。
人にどう評価されるとかはコスプレの本来の楽しみ方とは違うよね。

ari | 神回答というから、記事をのぞきにきたが別に普通でした。頑張ってください。

ait | 趣味と実益合致して羨ましい。
稼ぎ方は人いろいろ。やりたいだけやればいいと思う。 コスプレに限らず、好きな事、得意な事で稼げる時代になってきたと思う。特に女性はね。
ネットの普及は凄いと思う。こういう人達頭いいんだろうな。

wor | プロと名乗って営業するなら、版権あるキャラクターはコスプレ出来ないでしょ
依頼があってイベントで着るのは当然OKだろうけど、テレビだったり自身の営業活動でも許可ちゃんと取るんかね?
取れないならオリジナルと称したファンタジーな服着るだけになると思うけど

tun | 本当に好きな物だったら、流行りが終わろうが、廃れようが、関係無く一生やるよね。
好きってのはそういうもんさ。
この人は良いね!貫き通す信念があるって素敵!おば様になっても頑張ってもらいたい!

【newscollege管理人コメント】

コスプレも日本発信の世界に広がる文化ですからね。人気コスプレーヤーさんはもっと大きく扱われてもおかしくないよね。がんばれー^^








-エンタメ

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.