ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

経済

メルカリ暴落、東証1部は”異常事態”! 日経平均株価は4日続落

更新日:

株式市場の振り返り-日経平均株価は4日続落、一時20,000円割れ寸前まで売られる

2018年12月21日(金)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

・日経平均株価 20,166円(▲226円、▲1.1%) 4日続落
・TOPIX 1,488.1(▲28.9、▲1.9%) 大幅4日続落
・東証マザーズ総合指数 811.0(▲27.0、▲3.2%) 大幅続落
東証1部上場銘柄の概況

・値上がり銘柄数:225、値下がり銘柄数:1,886、変わらず:19
・値上がり業種数:0、値下がり業種数:33
・年初来高値更新銘柄数:0、年初来安値更新銘柄数:1,324
東証1部の出来高は20億6,731万株、売買代金は3兆5,573億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。米国株の連日の急落を受け、リスクオフムードの高まりを超える見切り売りや投げ売りが相次いだと見られます。結果的に、売買代金は活況の目安と言われる3兆円を連日で上回りました。

そのような中、日経平均株価は終日マイナス圏での推移となりました。前場の序盤こそ一時▲57円安まで下げ幅を縮小しましたが、前引け直前には一時▲385円安の20,000円割れ寸前まで下落する場面が見られました(ザラバ安値20,006円、年初来安値更新)。

結局、後場の切り返しもほとんど見られず、4日続落で引けています。ザラバ安値だけでなく、終値ベースでも今年最安値となりました。

なお、TOPIXも同じような値動きで4日続落(年初来安値を更新)となりましたが、下落率は日経平均株価を大きく上回りました。これは、大型株のみならず中小型株を含めた全体が売られたことを示唆しています。

さらに、東証1部上場の約62%の銘柄が、年の瀬のこの時期に年初来安値を更新する“異常事態”となりました。

東証マザーズ総合指数は大幅続落、売買代金は3日連続で1,000億円超え
東証マザーズの出来高は8,276万株、売買代金は1,255億円となり、いずれも前日より増加しました。新興市場でも前日に続き投げ売りが嵩み、その結果として売買代金は3日連続で1,000億円を超えています。

また、総合指数も大幅続落となり、取引時間中には一時800ポイントを割り込む場面が見られました。なお、800ポイント割れは2016年11月以来のことです。終値ではかろうじて800ポイント台に戻しましたが、個人投資家の物色意欲はいつ戻るのでしょうか。

ユニーファミマHDが一時▲9%弱安の急落、ソフトバンクGは大幅4日続落で年初来安値更新
個別銘柄では、前日に続き多くの主力株が大幅下落となりましたが、ユニー・ファミリーマートホールディングス <8028> が一時▲9%安に迫る急落となったのが目を引きました。

また、ハイテク株への売りも続き、パナソニック <6752> 、シャープ <6753> 、アルプス電気 <6770> 、ルネサスエレクトロニクス <6723> 、日本電産 <6594> 、日立製作所 <6501> 、三菱電機 <6503> 、キヤノン <7751> などが年初来安値更新となっています。

また、前々日に新規上場のソフトバンク <9434> は堅調に推移して続伸となりましたが、依然として公開価格(1,500円)を大きく下回ったままです。さらに、親会社であるソフトバンクグループ <9984> は一時▲4%安の大幅安の4日続落となり、再び年初来安値を更新しました。

その他では、任天堂 <7974> が一時▲5%安に迫る急落となって年初来安値更新となったのが注目を集めたようです。

一方、ファーストリテイリング <9983> が値を上げ、ファナック <6954> 、東京エレクトロン <8035> 、京セラ <6971> 、日立建機 <6305> はザラバの年初来安値更新後に買い戻され、終値は上昇して引けました。

また、ダイキン工業 <6367> 、テルモ <4543> 、花王 <4452> など主力大型株の一角にも見直し買いが入り、前日に急落したTDK <6762> も急反発しています。

新興市場(東証マザーズ)では、メルカリ <4385> が一時▲10%安の暴落となり、終値は公開価格(3,000円)を▲38%下回りました。ソフトバンクと並ぶ今年の超目玉IPOだったことを勘案すると、これは個人投資家の悲鳴が聞こえてくる大惨事と言えましょう。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00008971-toushin-bus_all




【上記ニュースに寄せられたコメント】

enm | 東証は、起業や新興をうたうのは結構だが、すぐにメッキが剥がれ落ちるような会社を、はやし立て過ぎる!
これでは、個人素人はますます株式市場から離散してしまう。
行き着く先は、証券取引に重課税だの証券会社に規制だの、との政権誕生しても、一般大衆はこれを歓迎する日本になってしまうだろう。

j77 | >私の見立てでは、その失速がはっきりしてくるのは'18年の第3四半期(10~12月期)くらい。そこから第4四半期('19年1~3月期)にかけて、状況はだんだん悪くなっていく。
その動きに連動して、まず為替市場が円高に振れていく。'18年は1ドル=100円近くまでいく場面もあるかもしれませんが、年末に1ドル=105~108円前後というのが無難な予測ではないでしょうか。円高によって株価も低迷し、日経平均株価は2万円をきるのではないか」
ニトリ会長、ズバリ凄い。

kod | 日経平均PERはかなり低いが、外部環境の悪化、消費税増税で内需は期待薄と良い材料なし。19年の相場は厳しいな。

yuk | 大赤字のメルカリが暴落するのは当然だと思うが?

kk_ | メルカリは期限付きポイント制度など商売の仕方が悪い。最初のうちは消費者を騙せていたのだろうが、今や完全に反感を買ってしまっている。

sch | メルカリは投資対象には危なくてできませんよ。
実際、最近は売れる金額が低いものしか売れてないから、手数料も下がってるはずだし。
今はジモティみたいな手数料関係ないサイトも出来てるしね。
売る側にとっては、そっちがありがたいし。
あんまり先は見えないムードよね。
アメリカもかなり不安定でマイナスな印象は、景気に影を落とします。
なんか難しい空気の年の瀬になりましたね。
来年はどうなることやら。

yu* | フェイスブック認証、メールアドレス登録、と気づかぬ間に昔登録していたがこちらから退会できない仕様なので、削除を頼んだら2アカウント登録は規約違反で退会と言われた。しかも今回含め、削除を頼んだのは3度目だったが、お問い合わせ窓口→カスタマーからのメール→そのメールに返信するとどこかの段階で個人情報をここでは受け付けられないからお問い合わせ窓口からと言われることの繰り返し。最後にどうなってるか聞いた途端取り合ってもらえて退会。向こうで何も連携されておらず、手間で疲れてしまった。7,8割は定価の業者に見えるのだがまだヤフオクの方がいい。

hlk | 実体経済を考えれば、今までが高すぎただけのこと

yxs | 今日で5日連続になるよ今日の日経平均株価は2万円を大きく割り込む

yam | メルカリが上場できた意味がいまだに良くわからない
未来志向があったとしても、赤字が多いところは駄目だろう
新規事業として初期投資により赤字があるが、経営計画とここ数年の伸び率から赤字から黒字になることが高いとかちゃんとないと株公開しちゃ駄目じゃない?




n_i | さすがアベノミクス
実態のない景気が表面化してきました
来年は17000.18000いくでしょうか?
これでも消費増税強硬するなら15000まで行く可能性もありますよ

zzr | メルカリって当初こそ自分は要らないけど必要な人はお安くどうぞ♪ってのが多かったけど、最近はあからさまに儲けようって出品だらけ、調べたら普通に新品で安い値段の物も有るし、なんで最近は見る事も無くなった。

moc | 暴落が異常事態ではなく、今まで上昇し続けた株価が異常事態。

suu | 消費税の引き上げは見送るべき!

kit | 2万円割れどころか1.9万円割れもあり得る暴落
誰もが泥船から逃げ出し始めている
景気好調は、真っ赤な嘘だったと言う事なのだ

my* | アメリカがあれじゃ致し方ないかも
アメリカに振り回される日本から抜け出せれば別だがまぁ無理だろ

hi_ | 10億使い売上43万円で撤退する会社を信用するのは厳しい

pun | 別に異常事態でもなんでもない。
メルカリについては前々から色々と問題は提起されてたし、正直いつ暴落しても全く不思議はない銘柄だ。

vir | 株価の下落を大げさに扱いすぎ。
神経質になりすぎて、必要以上に実体経済に影響が出る。

bew | メルカリ暴落か、、、海外市場からの撤退もあったからなぁ。。。と思って1年チャート確認したら、上場からずっと下がっていたw

【newscollege管理人コメント】

塩漬けになる前に上手く損切りできる投資家さんが最後に笑う。コレ事実なのね^^








-経済

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.