ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

経済

いきなり!ステーキ、急成長の陰に潜む誤算

更新日:

前菜抜きで、ステーキを立ち食いするスタイルが受けてきた「いきなり! ステーキ」。だが、その成長に“急ブレーキ”がかかっている。

12月中旬、いきなり! ステーキを運営するペッパーフードサービスは11月の月次動向を発表した。いきなり! ステーキの既存店売上高は前年同月比13.1%減と大幅なマイナスに。特に客数の落ち込みが大きく、既存店客数は同12.1%減で着地。2018年の春先までは好調が続いていたいきなり! ステーキだが、4月以降は客離れが顕著になっている。

■ロードサイドの店舗が軒並み苦戦

2018年はなぜここまで苦戦が続くのか。最大の要因が郊外のロードサイド店の不振だ。2013年12月の初出店以来、いきなり! ステーキは急速に店舗網を拡大している。2016年末に115店だった店舗数は、2017年末に188店、2018年末には389店へと増加している。

中でも力を入れているのが郊外での展開だ。2017年5月には群馬県高崎市で初のロードサイド店を出店。2018年11月には47都道府県への出店を達成した。郊外は都心に比べ出店余地が多いうえに、家賃も安い。こうしたメリットを求めて郊外への進出を続けてきたが、そこで発生したのが自社競合という問題だ。

通常、いきなり! ステーキがロードサイドに出店した際には開店時に近隣にビラをまくほか、ローカル局でテレビCMを流すこともあり、その地域での認知度を一気に高める。こうした施策で会社側は、開店から3カ月程度は好調な実績を残し、売り上げが落ち着いた後、徐々に回復すると見込んでいた。

だが、2017年以降にロードサイドへの出店を加速したことから、1つの商圏で複数出店となるケースが続出。客を奪い合う事態が発生し、個店ごとの集客力が低下していった。また、都心では受け入れられた2000円という客単価も、所得水準が下回る地方のロードサイドでは、なかなか受け入れられなかった面も大きかったようだ。 客数回復に向けての秘策はあるのか。2018年に入って苦戦が続いているいきなり! ステーキだが、実は8月と10月は一時的に客数が回復した。その理由は割引キャンペーンだ。通常1390円のワイルドステーキ300グラムが1000円になるといった値引きが功を奏した。では今後も、定期的に割引キャンペーンを実施すればいいかというと、そう簡単にはいかない事情がある。

いきなり! ステーキは「高価な料理の代名詞だったステーキをより多くの人に食べてもらう」のがコンセプト。ペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長は「原価率が50%以上の飲食店は今までない」と胸を張る。実際、2018年1~9月の原価率は57.3%だった。

いきなり! ステーキのビジネスモデルは、原価率を高くする反面、立ち食いスタイルで客の回転率を高め、利益を確保する。それゆえに、割引キャンペーンを増やせば原価率が一段と上昇し、利益を圧迫しかねない。

■人材の確保・育成が課題

ロードサイドが苦戦している状況を受け、出店スピードを遅くするのも選択肢の1つだが、ペッパーフードサービスは2019年も前年と同規模の210店の出店を目標に掲げる。すでに契約済みの物件もあり、2019年半ばごろまではロードサイドへの出店が続く見通しだ。既存店が苦戦する中、出店が続けば1店当たりの客数がさらに減少するおそれもある。

最大の問題は人材の確保と育成だ。いきなり! ステーキの場合、店長などで1店舗あたり3人の社員を必要とし、15店ごとにスーパーバイザーと呼ばれる社員がQSC(品質・サービス・清潔さ)を管理する。従業員数は急速に増えており、2016年末は351人だったが、2017年には519人へと急増。2018年も増え続けており、毎月50人程度が中途入社している。こうした中で、全店舗でサービスの均質化を保つのは決して容易ではない。

既存店のテコ入れに人材育成と、多くの課題を抱えるいきなり! ステーキ。2019年はまさに正念場となりそうだ。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181228-00257727-toyo-bus_all




【上記ニュースに寄せられたコメント】

sat | 「いきなり!ステーキ」と「ライザップ」が重なって見えます。ライザップは急拡大に無理が生じて赤字に陥りましたが、いきなり!ステーキも似たような形になるのではないかと危惧しています。
自社競合しないか細心の注意を払って出店する必要があります。たとえば、ラーメンチェーンの「幸楽苑」が不振に陥った理由の一つが自社競合で、自社競合する片方の店をいきなり!ステーキに転換して自社競合の解消を図っていったところ、転換せず残った幸楽苑の客数は平均で前年同期比15%増加したといいます。
いきなり!ステーキは自社競合を厭わずに出店し、自社で客の奪い合いをしている側面があります。
値上げも客離れにつながっています。何度か値上げしており、急速に値ごろ感が低下しています。「大して安くない」という声も少なくありません。
今は勢いがありますが、ライザップのようにならないよう、慎重で謙虚な対応も必要でしょう。

tom | 先日、長野県の店舗へ家族3人で行った。生ビール一杯は入っているけれど合計6300円。グラムは違う種類の120グラム2枚を3人で食べた。食べて思った、、、??これが人気の「いきなりステーキ」って。ちっとも美味しくないし、焼き加減もいい加減。2度目はないねと3人の意見。良くこのレベルのステーキ出して何百店舗も展開出来ると思う。本当に2年後はないと思う。社長さん!考えた方がよろしいかと。

ham | 店内の雰囲気や食べるときのスタイルを踏まえて、まず年配の方やお子様連れの方は入店しにくい。かと言って、若年層にとってはお値段が少しお高い。となると、どんな方が来店するかはかなり絞られてきますよね。
あと、店舗によって調理の仕方やサービスの質にかなりのバラつきがあるようです。一概には言えませんが、がむしゃらに店舗を増やす会社はどこか必ず欠陥が表れてきますね。社内幹部の方には早く気づいてほしいものです。

gat | ペッパーランチもいきなりステーキも飽きられて自社競合でじり貧になるのは経営陣も分かっていたこと、次の業態を模索するだけ、そうやって何度も乗り越えてきた会社、レイプ事件を起こしても看板架け替えて知らんぷりで営業継続どころか新たなブームを造った会社底力が違う。

azt | いきなり倒産もありえるんじゃないかな。
一度いったけど値段の割に美味しくなく、店も汚かったよ。スーパーで自分で買った肉の方が美味しいと思いました。
二度目は無いなと思いました。

ma_ | 自分の見落としかもしれないがメニューに子供向けのメニューが無いのは郊外では致命的だと思う。
また、家族連れは郊外であれば同じ位の金額を出せば肉の質は落ちるかもしれないがサラダバーやデザートバーのあるステーキやハンバーグメインのファミレスに行く。

sug | 住んでる市の3つ隣に2店舗あり、用事の帰りに興味本位で寄りました。
欲しいだけ切り分けでサーロインステーキが400gで4000円位。
まぁまぁ美味しかったが高い。
違う日に別の店舗の平日のワイルドステーキを約2000円で食べました。
肉が硬く美味しくもなく量だけだなと。
近くに来年1/16にいきなりステーキの新店舗がオープン予定で今作ってます。
話題性はありますが、しょっちゅう行く店ではない。
スーパーで半額セールの肉を買ってきて焼いて食べた方が安くあがるし、お得感がある。
新規オープンしていつまで持つのか?

ame | 開店当初からコメしてたが、別に安くない。
地方には結構地元のステーキハウスチェーン店が地域に根付いていて、落ち着いて食べれる店内でそのチェーン店独自のサービスも行ったりしていて、いきなりステーキと同じくらいの値段で食べれるから、客は冷静に考えればそっちに行くし、戻る。
開店当初は量り売りと物珍しさもあったが、値段はチェーン店で食べるのと変わらないし、座席が狭いから落ち着いて食べれないし、特別何かサービスがあるわけでもない。
肉マイルカードがサービスかというと内容を見ればどこのチェーン店でもしてるくらいのサービスでしかない。
言葉やイメージに踊らされていた人も冷静に見れば、落ち着いて食べられる地元のチェーン店の方がいいんじゃね?と気づく。
だから始まりは勢いがあっても、今はしりすぼみになっている。

fit | 大阪でのあの衝撃的なレイプ事件の際もだんまりを決め込んだこの会社経営者を信用できないし、会社の急成長など喜ばしいことなどではない。あの事件を知っている者は他の競合他社に行くよ。

yos | 店舗数を拡大して、間接経費を下げたり、仕入れ単価を下げたり、知名度アップを狙うのは外食産業の常套手段なのだろうけど、牛丼、居酒屋チェーンなど「店舗数前年比 何%アップ」なんてニュースになるとだいたい1,2年で業績悪化のニュースになるね。
店舗数や売上高が経営の指標ではないのに、いつまで日本の経営陣は目先の「売上高」や「店舗数」に踊らされているのか?
雇われ社長なら自分の任期中の結果が見やすい「売上高」や「店舗数」に走るのはわかるけど、「いきなり」の社長はオーナー社長だし「ペッパー」の時のご苦労もあるから、しっかりと地に足をつけた経営をすると思ったのだけど。
会社なんて規模の大きさじゃなくて、社員とその家族を養えるだけの利益と、それを永く維持できる社風が大切なんじゃないかな。

tiw | 「たかが肉焼く」と舐めた出店攻勢かけたのが問題では?
当初は質の良いお肉を安く、上手に焼いて来た感があり行っていたが、今では、店舗ごとに肉を焼く技量が違うレアでも冷たい肉を食わすところが有り、値上げもした。
完全に出店攻勢でやっちゃいけない品質低下をやったからでしょ?
幸楽苑が来た段階でこの傾向は顕著になった感じがするが。
しかしオーサーのコメントはいつ見ても内容が薄くて独自性も無く他ネタの写しで、あの写真笑ってしまう。




han | この前初めて家内と訪れた、2人とも「売り」であるワイルドステーキとやらを食べたが肉が固すぎてスジばかり。。。。これじゃ次はもっとランクを上げた肉を食べてみたいという気にはならない。次は無いねと言う結論。

mat | あくまで中立の立場での意見です。
実際にお店に行っての完走。2店舗行きまして共通事項を記載します。
・そんなに安くない
・そんなに美味しくない
・落ち着かない
いろいろありますが、この3点が共通して気になったところです。
この店に限らず、飲食店ならやっちゃダメな要素だと思います。
落ち着いて美味しいお肉が食べられるなら、別にもっとお金出しますよ。
逆に、安くて普通の感じで済ませたい時は、やよい軒とかでいいんです。
つまり、「いきなりステーキ」はどの属性にもハマりにくいのかなって思いました。

ats | 一時期東京で流行った焼き牛丼が一気に熱が冷めて業種転換したけど、あれは多分事前からそのつもりだったんだと思う。
「一度行ってみようか」的なお店は、同じ形態を何年も続けずに目新しさを追求し、短期的な満足度を何度も上げていくという戦略の方がいいと思う。
それとそういうものは規模を追わない方がいい。
コンビニやファーストフードと違うから。
なんで規模を追うんだろう。
利益率追求がいいし、店舗が少なくて混んでいる方が行こうと思うんじゃないかな。
並ばないと入れないかも、すぐ入れたらラッキーぐらいがいいよ。

ilq | 地方の、とある駅前にオープンしましたが昼も夜もお客さんの入りがまばらです。先日夜行った時、お客さんがやっぱりまばらで、すぐに食べれそうと思って待っていましたが、ある程度オーダーがまとまってから焼き始める方針なのか、なかなか焼きが始まらず出てきませんでした。しかも、生肉を触った手のまま、付け合わせのブロッコリーを並べていて、次はないな…と感じました。店内のどくとくな油臭さも気になります。当初、行列見越して外にポールがありましたが意味を成しておらず早々に撤去されてました。時間の問題かと感じています。

yo4 | せいぜい100~150店舗も出せば日本国内なら十分だったのでは?どんな勝算があって同じ形態の店舗を300店舗以上出したのか?980円ぐらいの客単価なら300店舗でも浸透したかもしれないが2000円の食事代なんてそうそう出せるような稼ぎをしているのは一部の人間でしかない、もっと稼いでいるような人間はもっと高級店に行くだろうから、そもそも一般の人間が安くステーキを食べられるって感覚で繁盛した店なのだから客単価を考えればマクドナルドや牛丼屋さんのような客単価の安い業界と同じような店舗数を目指すのはそもそも無理がある。

ore | 味が特別美味しい訳ではなく、値段が特別安いわけでもない。
話題性で一気に人気が出ただけでリピータを獲得できる程のインパクトは無かったって事ですかね。
最近は一気に人気が出て一気に落ちる企業が多いですね。

alc | 以前、ワイルドステーキを食べた。ランチ限定と値段に釣られたこともあるが、肉質は硬くとても美味しいとは言えなかった。確かにステーキとしては安価かもしれないが300gからが基本とか、切り方で値段が変わるとか、店の決まりごとが沢山あって正直面倒くさいと思った。座席も当初のマスコミのせいか、いまだに立ち食いの印象を持っている人もいる。これならば、わざわざ並んでまで食べなくてもブロンコビリーで充分だ。と思っていたら、いつの間にか行列もなくなった。当然だろう。柔らかい上質なものを求めれば、結局かなり高くなる。サービスも良くない。店員は事務的でいちいち指示してくる。
ランチの価格にしては高いし、初心者には煩わしいことが多い。子供も連れて行きにくい。ゆっくりもできない。何を求めるかによって考え方は変わるが、自分から行くことはないだろう。特に地方の路面店はそろそろビジネスモデルを変える必要があるのは明白だ。

gre | 社長の考えはわからないけど、本心としては取り敢えず数年もてば、負債もペイした上で利益が残る計算だったんじゃないの?
どう考えても無理に決まってるってみんな思っていたはず。
あれだけブームになり、売上は上がっただろうし、店舗さえ絞ればまだやってける部分もあるだろう。
表向きは店舗を閉めて、償却もあり、赤字が出たとしても経営上やっていけると判断してのスピード出店だったようにも思う。
この会社の体力はわからないが社長が自分だけ良ければいいと、店舗をたたんでも勝ち逃げする可能性もあるように思う。

to4 | デフレモデルで成長してきた会社が収益をあげようと高価格帯にシフトしたり、お手頃な値段のラインナップを止めたりするとどこも客離れが加速するね。
政府発表だと景気は上向きだと言うが、それは都市部に限ってって前提が付く。人口が集中しているから、郊外店よりも都市部店の売り上げが上がって「これなら」ってんで、地域性や所得を考えずに全国的に値上げしたりするから地方からお客が離れていく。結果的に売上の何割かを占めている分影響が大きくなる。
会社からみれば一律だと言うが、例えば同じ会社のバイト時給だって地域毎に違っているのだから、商品が同じ値段でもコスパに換算すると格差が出てくる。結果お客がコスパ悪いと感じたら行かなくなるのは当然。
全国展開している会社は、その辺を踏まえて値段設定を細かにした方が安定的な売上になると思うけどねぇ。

gar | まぁ、さすがに数を作りすぎたよね。
都内でも、地方でも。
店舗が少数しかない時は少数精鋭で運営できてたのだろうけど、ここまで増やすと自社競合もだし、必ず生じる一部の低レベル店舗の問題で全体がダメージを受けるし。(1店舗への批判コメが事実上の全体攻撃になる)
それに、そもそも地方には美味しい肉の産地が沢山あるし、そういったエリアなら、それなりのステーキを比較的安い値段で食べられるので、都内でいきなりがもたらしたほどの差を生み出せないから、少しやらかしただけで「いきなりはダメ」って烙印を押されやすい。
なので、とりあえず大幅な店舗数削減と、店のレベルアップに再度取り組んで、一旦拡大を止めたらいいと思う。(店を減らしても、それなりの利益を出すことはできる筈だから、生み出した利益を店舗網拡大以外に使って別の収益源を作れば・・・・・)

【newscollege管理人コメント】

店舗の急激な拡大路線を走ったところの顛末はいつもそうなるね。話題性だけでは地域に定着は出来ないよね。巻き返せるかな!?








-経済

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.