ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


エンタメ

熊本の芋野球少女から表参道で撮影する女に…… その「ビフォアフ」が18万いいね、美人野球女子の素顔

更新日:


2018年11月、2枚の写真を載せたつぶやきが、ツイッターで爆発的に拡散されました。左には、女性が野球のユニホームを着て投球動作に入る姿、右には東京・表参道での撮影風景。

その〝ギャップ〟からか、リツイート数は2万超、いいねは18万を超えています。その正体は都内の女子大生。実際に会って、話を聞くと「自分がやりたいことを貫く」大切さに、気付かされました。

家には「H2」、父とはキャッチボール
女性は、熊本市出身の竹本萌瑛子さん(22)。日本大学に通う4年生です。「熊本の芋野球少女から 表参道で撮影する女になっちゃったよ お母さん」というつぶやきとともに2枚の写真を添付すると、ツイッター上で話題になりました。

ツイートのきっかけは「フォロワーを増やす努力をしようと思った」と話す竹本さん。「ビフォアフ(ビフォーアフター)ならみんな好きかなと思って。自分の中でのビフォアフは野球かなと」。

小学4年から野球を始めましたが、入部を決めたときには、母親からの心配もあったそうです。

「男の中で、一人だけ女の子だったので。でも最終的には『楽しいのが一番。やりたいことをやりなさい』と後押しされました」

家には野球漫画「H2」(あだち充、小学館)があり、父親とはキャッチボールで遊ぶことも。学校の休み時間には、男子に交じってドッジボール。姉をはじめ、家族に野球経験者はいませんでしたが、「投げるって面白い!野球をやってみたい!」と入部を決意しました。

小学校ではピッチャー、中学校ではピッチャーとファーストを務めました。

中学進学で「壁」 高校は弓道部へ
ですが、中学生になると、徐々に男子との体格差が出てきます。

「今までは身長も一番高くて、体格もよかったのに、パワーで勝てなくなっていくのを日々、実感していました」

着替える場所も男子と分けられるようになり、「どうしても越えられない壁みたいなものを感じてしまって、野球はチームスポーツなだけに悩んだ。その分、柔軟性とコントロールで勝負しようと、もがいていました(笑)」。

高校進学後、選んだ部活動は弓道でした。

「高校から始める人が多くて、男女がみんな、同じスタート。ハンデがないスポーツでした」

「面白そうなことを全部やる」
「やりたいことを見つけるために、面白そうなことを全部やる」

上京後はファッション雑誌「CanCam」の読者モデルや、日大文理学部のミスコンテストへの出場、現在リーダーを務めている女性マーケティングチームでの活動など、バイタリティーに富んだ行動をしています。その都度、背中を押したのは「今しかできない」という思いでした。

爆発的に拡散したツイート画像は「ブランド人になれ!会社の奴隷解放宣言」(田端信太郎、幻冬舎)という本の影響も。「今後の人生を考えるために、面白そうなことは、全部やろう」という気持ちが、根底にあったと言います。

バッティングセンターへ
というわけで、実際にバッティングセンターで、実力を見せてもらいました。

まずは打撃。

設置された3本の中から、最初は一番長い青バットを選び、時速80キロの球を20スイング。
快音連発とはなりませんでしたが、締めの1球で安打性のライナーを打つあたりは、勝負強さを感じさせました。

「ピッチャーだった頃は、コントロールを極めようと思って、『的』を自分で作ったんです。紙に九つのマスを書いて、公園の壁に貼って、投げてました。試合では、守備が終わって、みんなでベンチに帰るときが好きです」

打撃より投球の方が得意な様子。そこで今度は投球に挑戦しました。

右肩周りの可動域の広さは、若さゆえか。胸を張って、投じられた速球は、最速99キロを計測しました。

こ、これは、弊社スポーツ部の草野球チームでエースになれるのではないか?

「こんな形で野球と再会するとは」
「面白そうなことを全部やってみた」結果、今は野球に関する取材を受けるようになった竹本さん。春からは、副業可能なIT企業への就職が決まっています。

ツイートがバズったことには、かなり驚いたようで、「こんな形で、野球と再会するとは思いませんでした」。

でも今後も、その姿勢は変えないでほしい。

「やりたいことをやる」って、これからの日本社会を生きる上で、大事なキーワードだと思うから。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000001-withnews-sci&p=2




【上記ニュースに寄せられたコメント】

sub | 自分的にはビフォアのユニフォーム姿の方が可愛い。

suz | 野球をやってる少女に対して芋と言う表現は如何かと、全然今も昔も個性が溢れて良いですよ。特にマウンドに立ってる彼女は素晴らしい写真かと見て感じました。
青春の1ページにふさわしい写真に一票ですね。

bat | 大学デビューとかじゃなくて、昔から素材は良かったって証明ですね。
上辺だけSNSで「やってみた」のと違って真剣に「やっていた」って方が共感されるのは当然なのかも。

pok | そもそも野球の時点で可愛い

uch | 野球姿、可愛すぎる。表参道なら、可愛い子の中の一人になっちゃうから、逆に勿体ない気が。

pac | 野球のユニフォーム姿のほうが可愛いね。
アフターはもちろん美人さんだけど普通。

GON | ユニフォーム姿の時点で十分かわいいじゃん。ビフォアフを逆にすれば「美少女モデルがピッチャーやってみました」になるだけ。むしろ「芋」と付けたことが違和感。

*** | 幼い頃から野球が大好きで、ずっと続けてきた情熱と努力が共感を呼んで、応援してくれる人が増えていったのですね。幼い野球少女が綺麗な女性に成長したというだけで、イモというのは不要。青春をかけて一生懸命頑張る姿は輝いていますね。

lis | 芋野球少女とは失礼な表現だな。わざわざ傷つけるような書き方しなくてもいいのに…。

mon | 野球ユニフォーム代姿が今現在ならばギャップに驚きますが中学生でしたら22歳になった今、外見が変わって垢抜けるのは普通のことだと
思いましたが。頑張り屋さんなのはわかります。




shi | 野球やってる時も、美少女。
むしろ野球の時の方が、透明感あって好きかも。

hih | ドヤ顔はそこらへんのちょっと小綺麗な姉ちゃん?
野球姿のがずば抜けて可愛い気がするけど

coc | beforeの時点で、すでに可愛い。
スタイルも良いし、かなりの美少女だと思う。
afterも綺麗だけど、モデルになって売れそうな感じはない。よくいる綺麗なお姉さんって感じじゃないかな。
モデル業界を目指すより、一般人としてちやほやされて生活するのが正解だと思う。

nan | 記事読んでない人多過ぎない?
野球やってる頃の写真を「芋」と表現したのは本人だし、モデルさんが野球のユニフォーム着て撮影してる訳じゃなく、中学時代までは男子に混ざって本当に野球やってたって書いてるのに、「野球は話題作り」とか「芋扱いなんて失礼!」とか……
「野球やってた時から美人」「ユニフォーム姿も可愛い」はその通りだと思うし、「昔の方が良かった」「今の方はただのよくいる綺麗な子」っていうのは好みの問題だから別にいいと思うけど。

nek | 美少女だから謙遜しているんだろうけど野球女子を増やしたいなら「芋」つけたらあかんと思う。
まあ本人も別に野球女子を増やしたいんじゃなくてフォロワー増やしたかっただけって言ってるからいいのか。正直でいいね。

*** | 野球や弓道頑張ってた方が、絶対、今頃、美人すぎるアスリートとかで有名女子大生になれてたのに
いろんなこと頑張るのも良いけど、表参道で読モやマーケティングの勉強より、スポーツする田舎少女の方が世間的には値打ちあると思う人が多いって若い時には気づかないんだよね

his | 「芋野球少女」と言うからには、芋で野球する熊本独自の文化なのかと思って記事を見たが全く分からず、コメ欄を見たら「ビフォー」を揶揄する意味の「芋」だったのね。
つかアフターより芋の方が可愛い。

dat | 左の写真が本当なら綺麗なのもそうだけど投手だから一番運動神経が良かったんだね。熊本県内では有名だっただろう。

sac | ビフォアの写真があまりに美人だったのでモデルのコスプレじゃんと穿った見方をしてしまったけどリアルで部活やってた中学の時代の写真と知って、元々の素材の良さを感じた。
部活やってた美少女が成長したというだけで、さほどギャップは感じない。

hir | スポーツやっている人はスタイルいいよね!

【newscollege管理人コメント】

バイタリティーある美しい女性は賞賛っす。賞賛される価値があるよね^^







-エンタメ

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.