ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


国内news

自販機補充「ルートドライバー」過酷、長時間労働や不足金自腹 実態知って、労組結成

更新日:


各業界で「働き方改革」が進む中、飲料自動販売機の商品を補充する「ルートドライバー」たちが、労働環境の改善を求めて動き始めた。国内の飲料自販機の設置台数は約244万台。24時間稼働する自販機を維持するには多くの人手が必要で、業界には長時間労働が蔓延(まんえん)している。京都でも一部のルートドライバーが労働組合を結成し、声を上げ始めた。

岡一徳さん(39)=京都市伏見区=は、近畿圏で事業を展開する準大手の京都支店に勤務して8年になる。トラックで巡回を始めるのはまだ暗い午前6時。城陽市や久御山町などに設置されている約170台を担当し、1日30台を目標に商品補充のほか、売上金の回収、「冷」「温」の切り替え、空き缶回収などを黙々とこなす。
「京都市中心部は効率よく回れるが、郊外はそうはいかない」。90分の休憩時間はあるとされるが、「休むと業務はこなせない」。昼食は抜き、同僚は運転しながらおにぎりをかじっている。所定勤務時間の午後3時15分を過ぎても作業は終わらない。巡回は午後5~6時ごろまで続き、1日で補充するのは計3千本ほど。帰社してからも翌日に向けた商品の積み込みなどがあり、同7時ごろに帰宅する毎日だ。
給与は基本給が低く、売り上げ手当で変動する。休みたくても、生活のためには休めない。自販機の故障で苦情電話に対応することも。仕事のきつさに離職する人は多く、岡さんは「マンパワーで成り立つ業界なので、もっと人を大事にする会社になってほしい」と、8月に仲間7人と労組を立ち上げた。

売上金不足、自腹も
会社側と団体交渉を行う中で、残業や休日労働に関する労使協定(三六協定)で、選出した覚えのない人物が労働者側の代表となった書類を会社側が労働基準監督署に提出していたことが発覚した。「違法な労使協定書に基づき働かされていた」
自販機の販売データと実際に回収した売上金に過不足が出た場合、社員が自腹を切る仕組みについても声を上げた。「原因が不明なのに一方的に弁償させられるのはおかしい」。組合員のうち、岡さんを含む3人が過去2年間に徴収された計1万3550円~4万8040円の返還を求めたが、会社側は拒否し、今後もこの慣行を継続することを文書で告げてきた。
岡さんは「会社に自浄作用はない。社会に問題を提起したい」として、11月に京都南労働基準監督署に改善指導を行うよう申し立てた。自販機業界の労働問題に詳しい塩見卓也弁護士(京都弁護士会)は「通常業務で生じうるミスから生じた損害を賠償する責任は労働者側にはない。不足金の支払いを負担させるのは違法の可能性が高い」と指摘する。会社側は取材に対し、「話すことはない」としている。

背景に過当競争
自販機事業の労働に関しては各地で問題が明るみになっている。大手の「ジャパンビバレッジ東京」の支店長が部下に「有給チャンス」と称し、クイズに全問正解すれば有給休暇を取得できるとするメールを送っていたことが8月に社会問題化した。同業で働く人から、未払い残業代や長時間労働などについて、個人で加入できる労働組合への相談が増加している。
相談を受ける「ブラック企業ユニオン」(東京都)の担当者は「大手飲料メーカーの売り上げに占める自販機の割合は大きく、過当競争が過酷な労働環境につながっている」とし、自販機のルートドライバーに特化した組合の結成も準備しているという。
厚生労働省労働基準局監督課は「自販機業界の労働に関する報道があったのは認識している。法令違反があれば情報に基づき対処していく」としている。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00010001-kyt-soci




【上記ニュースに寄せられたコメント】

ima | 自販機補充の労働問題は、業界全体に広がっている。最近は、大手企業の「働き方改革」が進む中で、中小下請け企業で労働環境がさらに悪化している。例えば、本記事でも登場するジャパンビバレッジの労働環境が問題化する中で、自販機の運営会社はより安い単価で補充を請け負う会社に委託先を移している。
具体的には、ジャパンビバレッジから一部業務が移っている「大蔵屋」という補充請負会社では、月給に96時間分の残業代が含まれており、朝5時から夜8時までの長時間労働を強いられているという。
このように、大手企業が問題化すると、中小企業や下請け企業のより劣悪な業者へと切り替えられるということは、他の業界(例えばNHKのしわ寄せを食っている映像制作業界など)にもみられる。
労働問題の改善のためには、業界全体の改革が不可欠である。当然、自販機業界の大元である飲料メーカーの社会的責任も問われなければならない。

you | 日本のように自販機が多い国は、世界中探してもないと聞いている。
一見いい事のように感じるが、その陰では過酷な労働環境があったわけだ。
改善するには社員の数を増やすか、自販機の数を減らすしかないと思う。
腐るほど多い自販機の数が今の半分になっても、何も困ることはない。

ssr | まったくもって労働者側の意見は真っ当。ここまでして対応しない会社なら社員の事を消耗品としてしか見ていないか、経営自体が苦しいのか。寒い時や暑い時の道端の自販機のありがたさは公私ともにお世話になってます。労働環境改善、頑張ってほしいですね。

nik | もっと声をあげるべき。会社と被雇用者の関係だけで狭く事業内容が取り決められているから問題がある。第三者が入るべきでありそれは国の仕事であって然るべき。

tas | 何がオモテナシだ。奴隷的労働が前提のサービスなんて社会に不要。
知らずに便利さを享受してきたことに、これまでの自分が本当に恥ずかしく感じる。。
空気のようなオモテナシの陰には、隠れたこのような事例が沢山あるに違いない。。
オモテナシは受ける側の感謝があって始めて成立するもの。皆が互いに助けて助けられて、それに互いが感謝できる社会を目指したいものです。

sak | 街の景観を考える必要が色々あると感じる。
看板、自販機、コンビニなどとにかく多過ぎる。
利用者側からすれば便利なのかもしれないけど、物流問題は何も宅配便だけに限らない。
24時間365日営業する店があるということは、そこに商品を補充する人がいるということは当たり前だがその人達の労働環境が悪化してはなり手が少なくなり回りまわって結局利用者に影響がでる可能性がある。
過剰供給について、各業界考えを改める必要があるのではないだろうか?長時間労働した上に不足金を何で自腹する必要があるのか全く理解できないし、そういうことをさせているメーカー責任は重大だと思う。

wpb | 私は実際にコカ・コーラで働いていたが、トラック仕事の中でもやらないほうがいい仕事の一つといえる。2年やって10万くらい不足で払わされた。普通にまわるだけで忙しいのだが、機械ゆえにトラブルが起きるとすぐに他にようもないのに現場にいかないといけない。それだけで30分とか一時間も消費したりする。大企業ゆえにルールが多く、まともにやろうとしても時間内に終わらなくなるような決まり事を次から次へと増やしていく。別に給料がいいわけでもない。スーツ着て管理職になったら別だが、ドライバーとしては体力的に間違いなく定年の年齢までできないので必ず40.50代になったら辞めることになる。

lgo | 今の日本経済の大きな間違いは、いつでもどこでも、安くモノを買えるってこと。高給取りだろうと低所得者だろうと同じ値段でね。ベンダーさんの様に、安い賃金でメシも食わず走り周って仕事をこなしている方々にとって、自販機で飲料を買って下さるお客様は有難い存在だろう。しかし、ベンダーさんは自分の飲み物のタメに、自販機に100円を入れる事を躊躇うかもしれません。水筒を持って走り周っているかもしれません。モノの価値は労力に見合った価格に是正すべきだと思います。そうしなければ、格差は開いて行く一方だと思います。所得の低い人が、仕事を通じて所得の高い人に奉仕する社会システムなのだから、モノをより多く消費する人達から、カネをより多く回収しなければならないのです。その為には物価は上がらなければならず、上がった物価はその為に労力を費やしている労働者にのみ還元すべきなのです。

tak | 災害とまで言われる近年の日本の酷暑。その中にあって自販機という存在は全国津々浦々、僻地にも設置され市民の水分補給の源となり、大げさではなく命を守るライフラインであるとも言える。だからこそ、それらの運営に従事している方々の労働環境はより良いものであってほしいと願う。

ezz | 実家が酒屋で、個人店は自動販売機を自分で補充。
住んでた地域がコンビニがなく、スーパーも遅くまでやってない。
頻繁に入れてたがそれでも辛かった。
土日はなしに日に三回。
正月や休みの日でも補充。
旅行は行く日に補充、帰った日に補充。
24時間働く自動販売機でも自動で補充はしてくれないから常に誰か補充してます。
何ヵ所もたくさんと大変だろうな。

din | 確かに会社側にも問題はありますが、どうやって改善するのかという具体策が私には思い付きません。
私はここ数年、自販機を使ったことがありません。また、歩道に並んでいる自販機でドリンクを購入している人の姿もあまり見かけません。
※高速道路のパーキングエリアを除く。
コンビニが至る所にある環境だからでしょうか?自販機の存在価値はエリア毎に違うと感じます。無くても良い自販機もあるのではないかと思います。
また、ドリンクメーカーが顧客となっている企業には、「設置させないと商品を買わないぞ」的に半ば脅されて自販機を置いている所も実在します。
いろんな意味で問題の多い業界だと思います。
経営方針を既存のものから脱却しないと、労働問題も解決しない気がしますし、場合によっては業界自体が縮小・消滅する未来もあり得るような気がします。




nbs | 岡さんも、たった7人で労組を組み辛い毎日だったと思う。
俺も、長距離経験者でありその当時の会社で組合を立ち上げた経験があるから、岡さん達の気持ちはよく分かる。
組合を立ち上げる以上、否応が無しに会社と交渉と名の喧嘩をしないといけない。
組合を立ち上げた事がある方達は分かるだろうが、交渉なんて甘いものではなく、怒号が飛び交う本当の喧嘩である。
何故そうなるかと言うと、会社側がのらりくらりの対応をし嘘の解答ばかりするからである!!
交渉は、仕事が終わり夜の7時から夜中の2時・3時までが当たり前で、その後本社から営業所に帰り睡眠も無く4時・5時からそのまま長距離運転を敢行していた。
交渉で熱くなり過ぎ、多少汚い言葉を使うと遂には全く仕事が回ってこず、毎月基本給五万円だけの生活を強いられる。
これが運送業・配送業の現実です。
一般の方達にもしっかり現実を理解してほしいです。

kst | 正直、良いとは言わないですが、時間が長いのはどの仕事でもある事だと思います。(昼は結果取れたかもしれないけど、食べていると遅くなると思ってしまうのは理解出来ます。)
ただ
>>給与は基本給が低く、売り上げ手当で変動する。
自分で場所を選んで設置したのならわかりますが、そこの補充で売上げ歩合は厳しい。
過不足は何もないなら抜きやすくなってしまうだろうけど、機械の不調でなる事が多いだろうから、何か対策をしてあげないと可哀想かな

tnt | どんどん転職しちゃえば良いと思う。今は労働力不足で求人を出しても応募もまともに集まらないくらいに人が足りていないんだから社員を大事にしない会社なら離れてしまうのが一番でしょ。長年今までのやり方で利益を出してきた会社が急にやり方を変えるとは思えない。交渉事で時間を浪費しないで転職活動に時間を割いた方が良い結果になると思います

nag | 飲料メーカーからすると自販機は数少ない『定価販売』ができるアイテムですから、自販機の増台は今でも推奨していると思います。
まるでオセロのように他社機を撤去させた後に、自社機を設置したりもしますからねー。
一般の設置者には売上の約20%の手数料が入りますが、電気代の負担を考えると赤字の設置者もかなり存在します。(気付いてない方が多いですが…)
「設置者が赤字=売れていない機械」ですが、管理しているベンダーには関係ありませんので、ルートの人はその台も管理しなければなりません。
それらのしわ寄せが、過酷な労働環境を生む要因にもなっていると思います。

kou | どんな仕事も大変でね、会社に属していれば、大変さはまちまちだし、人によって大変さの感じ方も違うので、会社側も大変だよね、最近は労働環境改善だー、何だって騒ぎ立ててるけど、自分が決めて入った会社なんだから、もう少し我慢して働いてみてもいいんじゃね?って輩もウヨウヨ居るよね、劣悪だ!って声あげれば勝ててしまえるようになった現代だけど、社員側がもう少し会社のことを思ってあげることも必要だと思うよ、そうでなきゃ、会社自体が潰れて、自分の職も失う事になる。
まぁ、うるさく騒ぎ立てる輩は、会社なんてどうなってもイイと思っている自分勝手な人なんでしょうけどね、若いうちならいいかもしれないけど、歳を取ると次がなかなか無いからね
自分は文句言いたくないので、会社に属さず、ずっとフリーでやってます。
会社に属すと決めたら、もっと覚悟を決めてやれって思うんですよね、批判の意見は沢山あるかと思いますけど

kot | 改善される可能性はまず無いだろ
昭和50年代に退職した元同僚がルートドライバーやってて話を聞く機会があったけど、当時は自販機の性能が低く金を入れても商品が出ない(俗にいう飲まれるという状況)がよく有り、商品との差額で多い時には日に二万円のポッケナイナイが出来たらしい(その分給料はかなり安めだったが)
現在では自販機の性能も上がり、飲まれるということがほとんど起きなくなってはいても当時のルートドライバーだった人が現在の管理職になっているだろうし、現在のルートドライバーがいくら現状を訴えても聞く耳を持ってくれるとは思えない

b19 | そうです。今の日本、便利になりすぎ其処に自販機が、コンビニが、スーパー等等が有るのが当たり前の社会になっている。もう少しでいい不便な生活をしてみるのもいい、今の日本が便利で有りすぎるのを実感するのもいい。

ldk | 会社に自浄作用はない。社会に問題を提起したいとあるが、社会的に考えたら大卒当たり前の世の中で大卒は選ばない仕事です、割に合わない仕事は外人呼んでやらせる国ですよ?そういう仕事はみんなで協力して頑張らない程度にやりましょう、一度懸命にやってしまうとそのくらいはできるというのが当たり前になり怠けたらすぐわかってしまいます、残念ながら今の世の中、低賃金労働者のがんばりこそが搾取の対象です、国がどうなろうといいから、頑張らない努力をみんなでしてください、家族のためにとか他の人間を考えるなら、できない行動ですね、ですがそここそ変わらない理由。

ukk | こういった企業は「ドライバーは商品と同じでいくらでも補充できる」と考えているから、従業員側が改善を促しても難しいだろうね。
従業員もこんな企業にいつまでも執着せずとっとと辞めて、まともなところに転職を考えた方が自分の為でもあると思うよ。
もちろん、今まで払わされた過不足金・残業代等の支払い請求は行なっていくべきだけどね。

kya | かつて某ビバレッジにて働いていたが上層部、支店長、リーダー、ルートドライバー間でそもそも意思疎通から連携が取れていなかった。
オラオラな職場でもあったので何か思う事があっても上司に言いにくい雰囲気があったし、各階級は下を見下し、見下しの連鎖感は凄かった。
辞めるときに支店長の口から現場の事は分からないとも言われたっけ。
下は上の愚痴り合いで完結していて、組合も活動が不透明で頼りにくい、どう頼ればいいのか分からない、そんな状況だった。
本社に当たる上層部は現場からは愚痴を聞いたことがないと呑気に言い切っていたな。
改善に取り組むよりも自分が転職した方が最善と思い自分は転職を選んだ。

【newscollege管理人コメント】

働き方改革って何なの!? 本当に改革は必要なところでは改革されないっていう感じしかないけど。。。







-国内news

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.