ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

国内news

「敵は、嘘。」「嘘つきは、戦争の始まり。」宝島社の新聞広告に反響

更新日:

「敵は、嘘。」「嘘つきは、戦争の始まり。」宝島社が1月7日付の新聞3紙(全国版)に掲載した意見広告がSNS上で話題を呼んでいる。

読売新聞朝刊、日刊ゲンダイに掲載された広告は「敵は嘘。」。真実の口の写真を共に、次のような文章が掲載されている。

<いろんな人がいろいろな嘘をついている。

子供の頃から「嘘をつくな」と言われてきたのに嘘をついている。

陰謀も隠蔽も改ざんも粉飾も、つまりは嘘。

世界中にこれほど嘘が蔓延した時代があっただろうか。

いい年した大人が嘘をつき、謝罪して、居直って恥ずかしくないのか。

この負の連鎖はきっと私たちをとんでもない場所へ連れてゆく。

嘘に慣れるな、嘘を止めろ、今年、嘘をやっつけろ。>

朝日新聞朝刊に掲載された広告は「嘘つきは、戦争の始まり。」。湾岸戦争前「イラクが油田の油を海に流した」証拠とされた石油まみれの真っ黒の水鳥の写真と共に、「しかしその真偽はいまだ定かではない」「今、人類が戦うべき相手は、原発よりウイルスより温暖化より、嘘である」などのメッセージが載っている。

これまでも数々の広告賞を受賞
インパクトの強い広告は、7日朝からSNS上でも「樹木希林さんが亡くなって、宝島社の新聞広告はどうなるのだろうと思っていたら、今朝の朝日と読売の両紙に全面見開きの広告が!」「宝島社攻めてる」「 宝島社の全面広告。この感じ、久しぶり」などと反響を呼んでいる。

宝島社では「商品では伝えきれない“企業として社会に伝えたいメッセージ”を、企業広告を通じてお伝えしたい」という思いから1998年より企業広告を開始。2017年1月は広島の原爆投下時の写真と真珠湾攻撃の写真を合わせた「忘却は罪である。」、2016年1月の樹木希林さんを起用した「死ぬときぐらい好きにさせてよ」など印象的な広告を出し、数々の広告賞で受賞している。

宝島社では今年の企業広告の意図について、宝島社では次のように明かしている。

<今回の企業広告のテーマは「嘘」です。

「敵は、嘘。」「嘘つきは、戦争の始まり。」をメインコピーに、2つのビジュアルを使用しました。

連日メディアを賑わしている隠蔽、陰謀、収賄、改ざんの事件など、気がつくと、世界中に嘘が蔓延しています。

それを伝えるニュースでさえ、フェイクニュースが飛び交い、何が真実なのか見えにくい時代になってしまいました。

人々は、次から次に出てくる嘘に慣れてしまい、怒ることを忘れているようにも見えます。

嘘が蔓延している今の世界に対して、嘘についてあらためて考え、そして、嘘に立ち向かってほしい、そんな思いをこめて制作しました。>

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00010002-bfj-soci




【上記ニュースに寄せられたコメント】

kei | いいね。今、この世界に最も必要な忠告。
日本も、会社も、個人も、嘘と戦わねば。
間違っても嘘を発信する側になってはいけない。

rou | これだけ情報が飛び交う中、どれが真実でどれが嘘なのかを見抜く力を持ちたいと思います。
できれば、情報発信媒体であるマスコミの皆さんも、売らんが為に興味本位のいい加減な情報を報道するのではなく、的を外さない真実を報道して欲しいと願います。

SKY | これは韓国の事?
戦争(戦後初の防衛発動)一歩手前だったけどね。

*** | 日本人の美徳の一つである「嘘をつかない」事。
どこぞの国民性である「嘘も100回つけば真実になる」
世の中には「必要な嘘」「相手を思いやっての嘘」ってのもある。
嘘は良くない。
「やっちゃいましたレーダー照射。すまん・・・」
これで済む話だと思うんだが何を隠すために「嘘」を重ねるのだろう。
誰の為にもならないのにね。

sea | これを見た90%の日本人は韓国の事を思い浮かべると思うんですけど

j9* | まさしく隣国の現状。

nik | 世界の政治は嘘の塊ですが、今の日本でこれを見たら韓国と思うでしょう。広告大賞ものですね。

hir | これだけ情報が飛び交う中でも真実に蓋がされるのが常でしょうが新聞の押し紙についても、多くの真実に蓋がされている
何年か前のフジテレビデモも、ほとんどのメディアが取り上げなかった
テレビで紹介されたのも、デモから一か月も経ってからだった
真実は常に蓋されているものだよ

g4_ | 嘘もつき続ければまことという言葉もありますが、今の世の中も嘘が真実になっていること多々あると思います。
目に見えるものが真実でもなく、自分で確かめたはずのものも真実とは言い難く、嘘か本当かということよりも、正か悪か?有益か無益か?ということの方が重要な生活スタイルになってきている気がします。
それですら、良いのか悪いのか判断できません。
でも思うことは一つ。
それでも自分が正しく生きられて、世のすべてが平和であることが一番と思います。

for | 何が嘘で何が本当か、わからない現実。
そこで
>どれが真実でどれが嘘なのかを見抜く力を持ちたい
となれば、結局は自分の信じたいものが真実となるのではなかろうか?
自分が当事者でない限り、知りえないのだから。
確かに非常に危険な状況かも知れないね。




UCC | 相手が自衛隊でなければ。交戦状態になってもおかしくない事案です。
その上、嘘の上塗り。
まさに、嘘つきは、戦争の始まり。

; ) | 朝日新聞社は、自分らのことを言われているとは露にも思っていないでしょう。

tbk | 今年の広告大賞をすでにあげたい気分。

k** | 深い。
宝島社もマスコミだからどこまで本当の事を言っているのか分らないところがまた深い。
「自分は正直」アピールにも見えるが、アピールだけでなく、ぜひ貫徹して下さい。

mou | 韓国の嘘と戦う時だね。
この時を逃す手はない。
過去の嘘を清算できるときz
後世に負の遺産を残してはいけない。

kur | 良い内容の広告だと思います。
某国が騒ぐかもしれませんが、それは嘘をついている自覚があるからです。
この広告では具体的な対象は挙げていませんが、照らし合わせれば照らし合わせるほど某国に合致するのが面白いです。

hid | 私は今まさに仕事で嘘や噂に端を発した言いがかりをつけられて辟易しているところで、大いに頷くところがありました。
かつては嘘というのはよほど巧くつき通さないと綻びが生じて、最終的にはついた側が損をするものだったので、少なくとも分別のある大人の社会で支配的な力を振るうことは稀だった。
ところが今という時代は、まず個人的な声を世に広めることが非常に簡単になった。
それがSNSの場合、嘘の受け手は発信者と友好的な関係にあることが多いため、そのまま事実と受け止められる。
仲間内で評価される間にそれはさらなる尾ひれをまとい、問題として噴出する頃には本当の事実をも凌ぐ立派な既成事実に成長しているわけです。
昔ならアホらしいので取り合わないという選択もありえたのですが、今はどこかで「待った、それは違う」と声をあげなくては仕事まで失いかねない。
まったく馬鹿馬鹿しい時代になりました。

shi | 物事には表と裏があるように、マスコミ自体も表と裏あるいは右と左がある。
いつも真実が語られているならよいが、ミスリードで人を突き動かすこともできるのがマスコミなのだ。
まずはマスコミが嘘を垂れ流す張本人にならないでほしい。
今、ではなく未来のために。

cha | ネットをはじめとしてSNSで拡散される根拠のないでたらめや虚偽がこの国を覆っている。
それは戦争前夜にも似た光景として、祝祭都市ドイツでも見られていたことと同じである。
言葉は発せられたその瞬間から独り歩きしはじめ、それがいつしか最初とは全く逆になっていることも珍しくはない。
耳心地の良い言葉やカッカしている人達には飛び付きやすい言葉はより一層そうした側面を持ちやすくもある。
また同時に、自分には関係のない話と高みの見物を決めている人にも、何れはそれが自らを押し流す洪水になる危惧を知って欲しいと僕は思う。
ベトナム戦争もイラク・アフガン戦争も共に根拠のない言説に始まった過去を忘れてはなるまい。PRはプロパガンダではなくピープルズ・リレーションである。
扇情性を排した宝島社の毅然とした姿勢に、僕は敬意を表したい。

na* | 世界中にこれほど嘘が蔓延した時代があっただろうか。
世界中でこれほど嘘が発覚した時代があっただろうか。
俺ならこう思うね。情報化の結果、嘘が増えたことよりも、明らかになった真実の方が多い。
嘘なんて、いつの時代もありふれていた。SNSや映像として、視覚化・保存されたことで気づき易くなっただけだ。

【newscollege管理人コメント】

宝島社の広告!!!素晴らしいの一言じゃないっすかね! これ拡散したいなぁ^^








-国内news

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.