ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

海外news

韓国艦のレーダー照射、本当に海自P-1哨戒機は「脅威」だったのか? 検証する

更新日:

韓国側の動画はなにを主張しているのか?
2019年1月4日(金)、韓国国防部(国防省)は前年12月20日に発生した、韓国海軍駆逐艦「広開土大王(クァンゲト・デワン)」が海上自衛隊P-1哨戒機へ火器管制レーダーを照射したと見られる件に関し、公式見解動画を公開しました。この動画は、くだんのP-1哨戒機から撮影し、12月24日に防衛省が公表した動画への対抗措置と見られます。

韓国側が公開した動画の内容は、日本側の主張を真っ向から否定する内容であり、防衛省は「我々の立場とは異なる主張がみられます」という公式見解を発表しています。特に「日本の哨戒機が高度150m、距離500mまで接近し威嚇飛行をした。日本側は謝罪しなければならない」という韓国国防部の主張は、その最たるものと言えるでしょう。

韓国国防部は、P-1の接近を「乗組員たちが騒音と振動を強く感じる程に脅威的だった」としていますが、実際のところどうだったのでしょうか。

P-1の全長は約38m、これは哨戒機としては世界最大級ですが、旅客機と比較すると、ボーイング737やエアバスA320などの「小型機」とほぼ同等です。韓国側も認める、「広開土大王」とP-1の最接近距離は500mで、これは通常、水平方向の距離を表しますから、直線距離は522mと算出できます(底辺500m、高さ150mの直角三角形の斜辺)。そして522m先にある約38mのP-1は、10cm先にある7.3mmの物体と同じ大きさに見えます。つまり理論上、「豆粒大」にしか見えなかったはずです。韓国側が公開した動画の、韓国艦艇から撮影したと見られる部分においても、P-1とされるものは、機種さえ識別不可能なかろうじて飛行機だとわかる黒点にしか映っていませんでした。

また騒音についても、P-1は非常に静穏性に優れており、離陸時300mの地点から計測された騒音レベルでさえ70デシベルです。これは掃除機や騒々しい街頭のレベルに相当し、哨戒任務中のP-1が離陸時のようなフルパワーで飛ぶとは思えませんから、実際はもっと静かであったでしょう。

哨戒機は普通、監視対象にどれくらい近づくものなの?
以上の点を勘案すると、「騒音と振動を強く感じる」という韓国側の説明には疑問が生じます。とはいえ、「音を強く感じる」「威嚇だった」と見なせるかどうかは主観に依存しますし、P-1には魚雷などを外部から見えない兵装庫内部に搭載できることも確かですから、「韓国側にとって脅威であること」を完全に否定することもまたできません。

実のところ、監視対象から「高度150m、距離500m」という数字は、特別に低高度でもなく危険なほど接近してるともいえない数字です。たとえば韓国海軍は、P-1哨戒機とほぼ同様の運用をしているP-3哨戒機を保有していますが、韓国メディア「月刊朝鮮」の記者が2013年7月10日にこのP-3へ搭乗取材した記事によると、「目視識別のために高度を100mまで下げた」「外国の艦艇監視のため高度60mで接近飛行する」とあり、韓国海軍の哨戒機部隊自身が外国の艦艇に対して、今回の事件におけるP-1よりもはるかに低い高度を飛んでいることが分かります。

もし韓国国防部の主張どおり、相手からは豆粒大にしか見えない高度150m、距離500mにおける目視識別を、「威嚇」であり「謝罪に値する」行為だとするならば、今後、韓国海軍の哨戒機部隊は「威嚇」をともなわない洋上監視を実施するのでしょうから、全く仕事ができなくなることでしょう。もちろん実際にそうするとは考えづらく、ということはつまり、彼ら韓国海軍の哨戒機部隊は今後、韓国国防部が「謝罪に値する」と断ずるような任務に従事させられることになってしまいます。

「海軍」というものの役割を考えると…
韓国側が、「火器管制レーダーを照射された」という日本側の主張に対して、論点をずらす目的をもっているのだろうとしても、なぜあえてこのような合理性に欠ける言いぶんを選んだのかは、不思議であるとしか言いようがありません。

いずれにせよ世界中の海軍関係者は、韓国側の主張を受け入れることはないと筆者(関 賢太郎:航空軍事評論家)は考えます。もし韓国が日本に対する謝罪要求を続けるならば、韓国は対外的な信用を失うことになるでしょう。特にその影響を被るのは、レーダー照射したとされる当事者の韓国海軍です。

「海軍」は、他国と交流する機会が多い軍種です。韓国海軍が日本に来訪することも少なくありません。レーダー照射したとされる「広開土大王」は何度も日本へ寄港していますし、韓国のP-3は、まさにレーダー照射を受けたとされる海上自衛隊のP-1が所属する厚木基地(神奈川県)にも、親善のために飛来したことがあります。2年に1度行われる、近年では20を超える国々が参加する環太平洋合同演習(RIMPAC:リムパック)も、日本は1980(昭和55)年から、韓国は1990(平成2)年から毎回参加していますし、そうした演習以外にもさまざまな国へ、韓国海軍は頻繁に訪れているはずです。

海上自衛隊やアメリカ海軍と深いコネクションをもつ韓国海軍の軍人、特に厚木基地へ親善飛行に訪れた、韓国哨戒機の搭乗員の心中は、穏やかではないでしょう。2016年に厚木基地へ飛来した韓国海軍第6航空戦団のユ准将は、「私たちP-3Cの部隊交流が、日韓関係が良い方向へ向かうきっかけとなることを望んでいます」と発言しています。

韓国はいま、これまで努力して確立してきた自らの面目をもつぶす「諸刃の剣」を手にしてしまっています。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00010002-norimono-bus_all




【上記ニュースに寄せられたコメント】

anb | 嘘を並べて恥ずかしいとは思わないんですね。
世界の軍事従事者が見ればどちらに非があるのかは明らかだ。
これで世界の信用を失えば良いと思う。

yyy | >なぜあえてこのような合理性に欠ける言いぶんを選んだのかは、不思議であるとしか言いようがありません
相手が普通の国家であればそう思われても仕方がありませんが、今後、韓国は例外であると思っていただきたい。

ori | 皆さん、コメントも大事ですが、総理官邸にメールを送りましょう。僕も今、送ったところです。官邸の人もコメントは少しは見てると思いますが、やはり直に送った方が効果的ですからね。
岩屋毅防衛相のことを悪く言うのは辞めましょう、そりゃぁ、小野寺さんがよかったとは思いますが・・阿部総理の意向だからね。
本題にもどりますが、自衛隊の機密情報を交換するのは、断じて反対です。北に流れるのが目に見えてますからね。自衛隊機のカメラに、瀬どり 燃料補給の状況が映ってると思われますので、それを突きつければいい。米に仲裁してもらいです。
日本は絶対に負けない!

fat | 安易に断交などしたら韓国は今以上に国際社会に嘘を大声で発信し続けるのは明らか
それより日本は徹底的に韓国の異常さを発信し続けて欲しい
1)海軍旗を揚げていないのは何故か?
2)当初のレーダー使用が不使用に変わったのは何故か?
3)穏やかな海を荒天としたのは何故か?
4)明らかに目視で確認できる距離にある漁船に対し捜索用のレーダー使用と説明したのは何故か?
5)自衛隊機の異常接近によりカメラのみを使用したのなら映像を公開しないのは何故か?
6)自衛隊機が異常接近を行なったのなら自衛隊機に対し無線での呼びかけ、回避行動を一切行なってないのは何故か?
7)自衛隊機からの無線を無視したのは何故か?
日本国として正式に回答を求めて欲しい

tak | 検証の必要は無い。なぜなら脅威に感じたー 他人が感じる事は否定出来ないからである。暑い・寒いと同じ。
まず日本の排他的水域内であった事。
それに他国の軍艦が国旗も揚げてない情況だった事。
この事実をもっと主張すべきで、ある程度近づく事は当然である。
本当に脅威だったのか? なんてどうでもいいこと。

stu | 脅威はあったんだろうね
接近されると瀬取がバレちゃう脅威

uda | 本当に脅威や人道的救出の邪魔があるならばその場で交信をするべきであって、後出しで思いついたような非難をしているに過ぎない
他所の国の範囲で国旗も掲げず通信も無視 普通にエネミー相当
今のところ日本側が極論や暴論をしていないので黙っているところがあるが、おそらくはそれをやり玉に上げて批判をするつもりなのだろう
他国から見たらまたあの敵対国同士が問題起こしているくらいにしか見ていなさそうなので韓国向けの報道はやめて他国向けの報道に切り替えたらいい
ついでに制裁中の北に瀬取りを行っている雰囲気出しておけば事件として捜査してくれるのでは?

sam | 「目視識別のために高度を100mまで下げた」「外国の艦艇監視のため高度60mで接近飛行する」
これは大変興味深いです。自分たちは高度60メートルで監視飛行するが、他国は「150メートルでも認めない、脅威に感じる」という。
何より、豆粒ほどにしか見えない哨戒機を脅威と感じたなら、無線で通告するはずだし、脅威から逃れるために回避行動を撮るはずですが、韓国軍部が、無線通告せず、回避行動もしていない、と証言しています。
結局、脅威になど感じておらず、調べられたり、記録に収められたりするのが癪に障り、FC系のレーダーを照射した、ということでしょう。なぜ癪に障ったのか、ここはおそらく闇に葬られる部分でしょう。
とにかく、韓国は一日も早く照射を認め、謝罪して、このことを収束させなければなりません。延ばせば延ばすほど、韓国の傷が深くなります。

sky | 相手にすると疲れます。それが作戦かもしれない。

Hat | 諸刃の剣なの?日本側は全く持って切れ味が感じられない刃で、韓国側は切れ味抜群な自爆系の剣だと思うけど。
言ってみれば、反りのある峰部分に刃がついていて、刃先が丸いみたいな感じ。




pph | もしミサイルが飛んできたら、哨戒機で逃げられるか考えれば、脅威かそうでないか判るだろう。
おそらくチャフなどの自衛手段はあるかもしれないが、戦闘機と比べスピードや運動性能が劣る為、乗務員は脅威に晒されただろう。

gtv | 韓国としては、全く辻褄の合わない反論を繰り返してウヤムヤにするしかない、事実は表に出したくない、そう考えるのが妥当でしょうね。
瀬取りでしょうね。

iyz | なるほど、やはり今回の哨戒機の近づき方は韓国軍のそれより極めて常識的であった訳ですね。それを脅威と感じ、マニュアルまで作ろうとはおぞましい限りです。それにしても北朝鮮の遭難船の救助にそもそも戦艦が出動してる事自体疑惑の固まりなんだけど…。EEZ内での救助活動で日本に攻撃されると思ったの?やはり韓国は日本を友好国と思ってないし、こそこそやましい事をしてたことを証明してる。

kam | 一時のメンツのため、今後先の信用さえ失うことを何とも思ってないんだな。
自分たちはすごい、ただそういいただけのように聞こえるね。
これがアメリカや中国に対しても同じことが言えるのかどうか・・・

mad | このまま行くと海上で何をやっていたのかと痛すぎる腹を探られると思うんだけどな。
気持ちこもってなくても形だけ謝罪しとけば大ごとにならずに、バレてはいけない悪事も隠せたかもしれんのにな。
世論に縛られた哀れな国だ。

gus | この問題は韓国の説明が二転三転したことをこちらが納得できる回答が出るまで質問したらいいのでは?
韓国の説明を時系列に並べて、最初の説明が次はこう変わったのは何故?3回目の説明はこう変わってるけど何故?と理詰めで攻めるべきじゃないかな?ここが一番大事なところでしょ
すっかりレーダー照射が問題視されてるけど、それよりも先に解決させるべきものがあるでしょ

va_ | 韓国の公表した映像は巡視船から撮影したものではないですか?
駆逐艦がレーダー照射をせずに?カメラを向けたなら駆逐艦からの映像か画像を要求すべきである。
低空飛行をした?哨戒機に対し、危機感を感じたなら、無線で警告も出していないのは疑問。
100歩譲って、通信設備が故障していたか、古くて機能していなくても?友軍に対し、手旗信号や光モールス信号など、連絡手段はあるはず。救助活動を行っていて、自艦の通信設備が故障していたなら?、哨戒機に協力を仰いでも良いのではないか?
国旗や海軍旗を揚げず、哨戒機への伝達を怠れば、怪しまれるのは当然。

shi | 探られたくないことがあれば「脅威」と感じるかもね

inn | 映像見ている限りこれって日本側(哨戒機側)の問いかけに普通に応じてミスをしたことを現場で認めて謝罪すればそこまで大きなことにはならなかったのかな。
まぁ海軍旗を掲げてない時点で怪しさ満点ではあるんだがね。

krm | 儒教文化の韓国では体裁やメンツを保つ為には積極的に嘘をつきます!
彼らにとって真実であろうが無かろうが関係なく自分達の感情さえ満足すれば良いのです。

【newscollege管理人コメント】

非常に役に立つ記事である。素人のアタクシにも解りやすかった。あのお国の方々ってバ〇なの?wwwww








-海外news

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.