ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

経済

サントリー天然水がジョージア抜く、28年ぶり飲料水トップ交代の理由

更新日:

水がコーヒーを抜き、ついに首位に――。

国内清涼飲料水市場のブランドにおける首位争いで、逆転劇が起こった。コカ・コーラのコーヒーブランド「ジョージア」が1990年から28年間トップに君臨していたのだが、2018年の年間販売数量でサントリー食品インターナショナルの「サントリー天然水」ブランドが抜いたのだ。

サントリー天然水は、16年、17年にはすでに年間販売数量で1億ケースを超えていた。そして、18年には前年比109%で過去最高の1億1,730万ケースを達成した。一方のジョージアの年間販売数量は1億940万ケース(飲料総研調べ)。その結果、およそ800万の差で28年ぶりの首位転落を許したことになる。水のブランドが国内一位になったのはこれが初めてのことだ。

安全に飲める水道水が普及している日本だけに、かつては、金を出して水を購入することに抵抗がある消費者もいた。しかし、それははるか昔の話で、今やミネラルウォーターの市場は伸び続けている。1990年に1.6リットルだった日本の一人当たりのミネラルウォーターの年間消費量は、17年には28.4リットルへと激増(日本ミネラルウォーター協会調べ)。市場規模も10年度には2100億円程度だったが、16年度には3000億円に近づいている(矢野経済研究所調べ)。

背景には健康意識の高まりがある。実際、水を飲むことが「健康によい」と答えた人は15年には78.8%だったが、18年には85.8%に増えている(サントリー調べ)。また、自然災害が多発していることで、水を常備する動きが進み、「水を買う」という行動へのハードルを下げているのだ。

そんな状況の中、サントリー天然水が水源にこだわり、冷たくて清らかである「清冽(せいれつ)なおいしさ」を打ち出したことで、消費者に受けた。

さらに、大きいのはサントリー天然水の商品ラインナップが豊富になったこと。近年では、炭酸水やヨーグルトやフルーツの味をつけたタイプなども人気で、「ヨーグリーナ&南アルプスの天然水」や透明なのに紅茶の味がする「プレミアムモーニングティー」シリーズ、強い炭酸を含む「サントリー 南アルプススパークリング」シリーズなどを立て続けに、商品化しているのだ。

一方、コーヒー市場に目を向けると、ここでもコカ・コーラのジョージアを、サントリーの「ボス」ブランドが猛追している。特に、サントリーが17年に他社に先駆けて売り出したペットボトルタイプの「クラフトボス」は大ヒットとなった。クラフトボスは18年も好調を持続し2700万ケースを販売。その結果、ボスブランド全体では18年の販売数量が1億ケースを超えた。18年のブランド別シェアでは、天然水、ジョージアに次いで、ボスは3位につけている。

ちなみに、コンビニのレジカウンターで発売されるカップ入りのコンビニコーヒーも拡大を続けている。コーヒーのライバルは飲料メーカーだけではないのだ。

つまり、ジョージアの属するコーヒー市場はプレーヤーが入り乱れた厳しい戦いが続いているのだが、そんな中、水に首位を取られたというわけだ。

もともと、サントリーとコカ・コーラの両社は単一のブランドだけではなく、すべてのブランドを合わせた会社全体の販売数量としても首位を争っている。飲料総研のデータによれば、17年のシェアはコカ・コーラの26.7%に対し、サントリーは21.5%。12年と比較してシェアは3ポイントほど縮まり、その差は1億ケースほどに迫っていた。

今回、ジョージアのブランドとしては首位を奪われたコカ・コーラだが、18年は、全体の販売数量としては首位を保った。サントリーの全ブランドの年間販売数量は4億2610万ケースだが、コカ・コーラは5億150万ケースと、差は縮まったとはいえ7500万ほど上回っている(飲料総研調べ)。また、同じく市場が拡大している緑茶飲料の市場では、17年の2位はサントリーだったのだが、18年の2位はコカ・コーラが獲得している(首位はいずれの年も伊藤園)。

サントリーが全ブランド合計での首位を取る日は来るのか。それとも、コカ・コーラが首位を守るのだろうか。水、コーヒー、緑茶という日本人が毎日接する飲み物での両社の戦いからは目が離せない。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190115-00190967-diamond-bus_all




【上記ニュースに寄せられたコメント】

hap | 確かにお水が首位とは。サントリーには勢いがある気はします。コカ・コーラも巻き返すでしょう。切磋琢磨してほしいですね

y51 | 昔はぶっちぎりでコカ・コーラ社だったけどサントリーが勝つ日が来るとはね。
イメージだけど毎年人気企業でランクインするサントリー。
味とか販売戦略も大事だけどブランドイメージを構築した結果だと思う。

sak | 天然水より水道水のほうが基準が厳しい。あくまで災害時用に備蓄している程度で普段は水道局のおじちゃん達に感謝しながら水道水飲んでる。飲料業界は原価が安くて羨ましい限り。

bru | 喉が渇いた時に味付きの飲料より水を飲む習慣ができた事が大きな要因かと思う。
情報が蔓延して、糖分過多の飲料を選択肢から外す層は確実に増えてると思う。

hak | 健康志向もあるけど震災の影響が大きい気がする。備蓄したり震災被害の地域に送ったりね。個人的には缶コーヒーの匂いが苦手だから上位にあがってるのが不思議。

aku | 日本は飲料水は水道水で大丈夫ですが美味しさや安全志向やメディアの操作など複合して高い水が売れてますね。確かに私もマンションに住むようになってからは水道水は飲まなくなりました。最近は特に古い建物の飲食店のお水は大丈夫かな?とか思ったりしてる自分がいることに気づきました。人間気持ちの問題が大きいですね。どちらにしても水が豊かな国でよかったと感謝です。それと節約も大切ですね。

cts | コカ・コーラは、西日本豪雨や北海道胆振東部地震で工場が被災して、出荷制限をしたり、新商品が思うように出せなかったことも大きいと思う。
あとは、強みだった自販機が重荷になってるかも。

pla | まあ、コカコーラ社製のコーヒーは微糖でも甘過ぎると感じるので、日本人の健康志向が高まっていることを考えると、この結果も納得だよね。
ところで最近ひろゆきさんが『日本人は蛇口を捻れば美味しい水が飲めるのに、ミネラルウォーターを買う人が多いのは不思議だ』みたいに言っていたけど、本当に蛇口を捻ると美味しい水が飲めるのって幸せな国だよね。日本て。

ll* | この2商品は利用者層はそんなに被っていない気がする。日本ならではだろうけど相当なマーケットだね。しかし28年間首位ってすごいな。

iok | これだけ水豊かな国で、清潔なイメージもあるのだから、物流をどう構築できるかですが、輸出しても成功する可能性もあるのでは。
どうせならエビアンやボルヴィックのようなメジャーを目指して日本の良さをPRしてほしいですね。
コカ・コーラからすれば少子高齢化が進む日本のマーケットは世界の一部でしょうし、まだまだ途上国の方が投資しがいがあるのかもしれませんね。




kni | 街行く人が飲んでるものを見てもほとんどがミネラルウォーターかお茶だよね。糖分が多量に入ってるものは避けてる人が多いのでは?みんながみんなそうじゃないんだろうけど、昔より明らかに健康を気にしてる人が増えたと思います。一度、水や無糖の炭酸を飲み出したら糖分の入ったものはすごく甘ったるく感じて飲めなくなるしね。

Aug | 自販機の設置数はコカ・コーラのほうが圧倒的に多いというのに、この差はすごい。
サントリーは売り込み戦略が上手だよなー。
ウイスキーのときも、新商品の開発とかではなく、ハイボールって飲み方を復権させて売り上げを伸ばしたのはすごいと思った。
(十数年前は居酒屋で「ウイスキーをハイボールで」って頼んでも通じない店員さんが多かったけど、今は知らない人はいないよね。)

kit | 去年は大きな自然災害が複数あったから、備蓄用の水の需要がかなりあったと思います。裏を返せば、政治の対応が充分ではなかった事を意味しているのではと思います。
将来的に色々考えておく必要はありますね。

oav | うちも常に3、4ケースは常備してます。水が飲みたい、というより、災害時の備えの意味合いが強いかな。これだけ地震や台風が頻発するとね、どうしてもね。

yom | 天然水だけのお話ですが、近くの店に2Lで47円(税込50円)の定価で売られているものがあります。夏場は猛暑日もあり、箱ごとたくさん買われていきます。自県の山で採水される水ですが、隣の県の業者が工場を作り商売しているようです。沸かしてお茶やご飯を炊くにもよいと言われているようですが、水道の水とどのくらい違いがあるのかな。昔、コーヒーのCMには「違いのわかる男」というのはありましたが・・・。

hat | まさか水が一位になるとは思ってなかった。お茶じゃないんだね。家で使うなら他の選択肢もあると思うけど。ペットボトルで買い置きなんて高上がりな気もする(笑)
しかし、日本はかなり自然に恵まれているのにもかかわらず名水百選の水に感動したりする。未だに水道水が不味いから。
どうにかならないのか?改善の努力はしてるのか?と新たな疑問と怒りが、、、

kuw | 「良い酒を作る=良い水を使っている」というイメージがあるんでしょうね。
自動販売機や店舗取り扱いでは圧倒的にコカコーラの天下でしょうが、その中でのこの結果はすごいと思う。

ahs | 健康思考以上に昨年だと、災害と猛暑の影響が多いと思う。
災害備蓄も増えたろうし、屋外で仕事をされる方はあの猛暑で自分含め相当、飲料水のお世話になった。
糖分過多でむしろ渇きを覚えやすいコーヒーや炭酸飲料より水を選んだ人たちも多いと実感します。

pc* | 東北大震災以後近畿地区の地震に熊本地震、胆振地震の他に水害が多くて官公庁需要が増えたのが大きい。
個人的には空きペットボトルに水道水をオーバーフローさせて空気や雑菌が入ら無い様にして保管してます。
水を保管する時は洗濯や風呂等大量に使用した後なら雑菌も少なく一般的には安全性が高く成る。

hh8 | コカコーラは危機感がないよね。ごく最近、知っている会社内にある自販機。数十年間コカコーラ。それが撤去されサントリー自販機に交換。コカコーラ自販機より全て価格が安くなり、更に安い商品も有る。ただ安くなった訳ではない。何かあった時、補助もしてくれる。それを聞きつけたコカコーラ側も同じ条件にしますので‥後の祭り。そんな事を言うならもっと前に言え。あぐらかいてんじゃねえよ!と会社の担当者は言ってました。ジョージアがボスに追い越されのは間近と何かの記事で読んだことがある。今回は水だけど、近々ボスがジョージアを超えると思うな。個人的にはジョージより、ボスのブランドがすきですね。

【newscollege管理人コメント】

Suntory推しのアタクシです、はい。 なかなかの良品を揃えてますよサントリーさんは^^








-経済

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.