ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


エンタメ 闇営業

宮迫博之、芸能界引退は否定 謝罪会見を再三要求も吉本が拒否と主張

更新日:


反社会的勢力との闇営業問題できのう19日に吉本興業と契約解消となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、現在謹慎中のロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)が20日、都内で会見。宮迫は、一部で報道されていた引退の可能性について否定した。

会見では宮迫から、『FRIDAY』の報道から謹慎、吉本との契約解消に至るまでの詳細が説明された。報道後、金銭授受があったことを把握した宮迫は6月8日、「それはもう会社に言わなあかんと、会社に行きました」と吉本に金銭の受け取りを報告。

その際の吉本の対応については「静観でいきましょうと言われました」といい、「それに僕たちも納得してしまいました。でもその後、1日2日経っていくうちに、世の中はさらに大きな問題になっていきました。そのなかで、詐欺被害者の方から奪い取った金をもらったのではないかと思い、情けなく自分が許せなくなり、なんどか吉本社員に、大丈夫か、会見を開いて言ったほうがいいのではないかと言ったが、会社としては静観ですと言われた」と明かした。

6月24日に謹慎が発表された際のやりとりについても「会社に急きょよばれ、(闇営業に関わった芸人)全員謹慎ですと告げられました。僕自身は謹慎は当然だと思いましたが、僕と後輩たちの罪はまるで違います」と振り返り、「亮くんは『記者会見をやらせて下さい、事実を伝えさせて下さい』と声をあげましたが、だめだと言われました。記者会見をさせるつもりはないと断言されました」と会社側に拒否されたことを告白した。

さらに同社の岡本社長からは「お前たちテープ回してないだろうな。亮、お前辞めて一人で会見してもええわ。やってもいいけど、連帯責任で全員クビにするからなと。それでもいいなら会見してもいい」と圧力があったことも明かされた。

「その後、もう一度会社に、引退してでも記者会見をやらせてくれと連絡しました。何度もしました。それから、7月7日、僕のマンションまで吉本の一人が来ました。『引退するなんて言わないで下さい。話をしましょう』と。そして7月8日に僕と亮くんが行き、僕が全責任を負い、引退するんで、引退会見でもいいので謝罪をさせてくれと、岡本社長に嘆願しました」との流れに。しかし、「僕らは一日でも早く会見をやらせてくださいと言いましたが、日にちはこちらで決める、こちらの権限だと一点張りでした」と説明。有耶無耶にされるのではないかと思った宮迫と亮は自ら弁護士を立てて、会見実施に向け交渉を始め、近日中の開催にめどが立ちつつあったという。

しかし2日前、「僕たちの弁護士のところに書面で、僕と亮くん2人の引退会見、もしくは契約解消を選んでくださいという書面が来ました。意味がわかりませんでした。引退ということもなく謝罪会見ができると思っていた僕たちはどうしたらいいかわかりませんでした」と言い、同社の岡本社長との面会を望んだものの、かなわず契約解消の道を選び、この日の会見に至ったという。

その後、記者から再度引退の可能性について問われた宮迫は「僕は18(歳)から30年間この世界のことしかやってない、この世界でしか学んでない。僕の能力で役に立てることが、何年先になるかわかりませんが、いつかできるのではという思いがあるので、今は引退ということは考えられません」ときっぱり否定した。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00000330-oric-ent




【上記ニュースに寄せられたコメント】

shi | 宮迫の会見での独白で吉本興業はタレントの管理能力がなく、反社ら金銭を授受した宮迫の指示のもと、入江を筆頭に闇営業に参加した芸人にギャラの受け取りはなかったことにしようとする口裏合わせを知らないことにして、半ば加担する形で吉本の業績に大きく寄与する宮迫とロンブー亮を見逃す裏工作をしていたことが半ば証明された。
これらの事実関係が明るみに出ると、吉本興業自身が非難の対象となることから、頑なに宮迫と亮の記者会見を止めていたが、責任を感じた宮迫や亮と意見が対立し、吉本興業は「芸能界引退か契約解除」とどちらに転んでも芸能界永久追放で脅す企業としてありえない行為にでた。
これでは吉本興業自体が完全な反社会的勢力ではないか。
今回は書面に残る脅しをおこなったことで、今後は吉本興業が世間から非難されることだろう。

ten | ナベプロのように初期対応がきちんとしてればここまで大事になってなかったと思う。

tak | 記者会見中なので全てを把握していませんが元を言えば初めの取材の時にちゃんとに真実を語ればよかった。
それなのに彼は虚偽を言い世間を騙した
しかし宮迫さんは今回吉本の制止を振り切り記者会見をした。
彼の話を聞くと当初から記者会見を開きたいと社長に懇願した。
それにも関わず会社はさせなかった。それを聞くと話は変わる。
同じ事務所ジュニアなど芸人は宮迫さんを批判
何故記者会見を開かない、今思うと彼らは茶番を演じていた。
そして岡本社長のやり方はヤクザものと変わらない。
要は俺たちのゆう事を聞けば保証はしてやる
でももしも吉本に叛旗を翻すような越権行為をした場合は契約解除
元々吉本興業の創業者は山口組系との関わりも強いが
そういうのは別にしても、この会社はタレントを奴隷としか見ない。
そして未だに組織の長である社長は顔を出さない。
そして責任を取らない、社長というのはこういう時に責任をとれ。

hut | 出演料の凄いピンハネはするが、問題起こしたら即解消って吉本興業のトップも腐っているようだな。

fja | この会見を最初に行っておけばと思う。初動対応のミスは大きい。そうさせなかった吉本にも問題はあったと思うし、宮迫さんにはもう二度と同じ間違いはしないようにしてほしいと思う。今後どうなるかは需要次第、世間が判断すればいいことだと思う。

end | 謝罪は冒頭だけで、内容のほとんどは経緯と事務所批判になってる気がする…。

was | 宮迫は、謝罪会見と言うより、事情説明と弁明会見だよね、これ……
亮の方は、まだ何とも言えない。

wea | 彼らなりの謝罪会見だからもうそれで良いと思う。
ただ新しく理解できた部分も無い。
あと、吉本の悪い対応の件と、自らの反社との闇営業の件は全く別々。吉本に関してはこれから叩かれるだろうね。

blu | 会社に弓を引いて死なば諸共ってのが宮迫の決めた道なんだろうってのはわかった。
ただ、吉本が真っ黒のヤクザ企業だとしても長年その体質に守られてきた面も大きかったし宮迫が反社と付き合いがあったのも事実。
これは会社の裏を暴露して相殺できるものではない。

nao | 会見を聞いていると吉本興業にこそ
大問題があるのではないでしょうか?
本人達よりも吉本興業にこそ大罪があるように思います。
各テレビ局は何故にそこを指摘しないのでしょうか?
やはり吉本やJには逆らえないので忖度しているのでしょうか?
ここはもう一度公取委に調査に入って貰いたいです。

【newscollege管理人コメント】

方向性が出るでしょ、これで!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス







-エンタメ, 闇営業

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.