ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


ライフ

楽しかった夏祭り…家庭環境が違い過ぎる二人に訪れた別れが切ない

更新日:



ヤフーニュース引用→楽しかった夏祭り…家庭環境が違い過ぎる二人に訪れた別れが切ない

夏といえば海水浴、夏祭り、花火大会など、楽しいイベントがたくさんありますよね。恋人同士にとっては、ステキな思い出ができる季節でもないでしょうか。

 主婦の和美さん(仮名・35歳)は、昔付き合っていた博之さん(仮名)と夏祭りに行った日のことが忘れられないといいます。

「夏になると、あの楽しくて悲しかった夏祭りの日を今でも思い出すんです」

「人間は学歴で決まるものじゃない」

 和美さんと博之さんは、共通の友達を通して、お互いが20代前半の頃に知り合いました。

「私は本当は大学に進学したかったのですが、家にそんな余裕はなくて、高校卒業後、就職しました。博之は裕福な家庭。中学から大学まで私立で、大学卒業後は大手企業に就職。私とは育ってきた環境がまるで違う人でした」

 和美さんの当時勤めていた会社は大卒の人が多く、ときには露骨に学歴を馬鹿にされることもあったそうです。

「博之にも引け目を感じて、『やっぱり大卒から見たら、高卒ってダメ?』と、返事に困るようなことをふと聞いてしまったことがあって……。そしたら、博之は『人間は学歴で決まるものじゃないと思う。俺からしたら、和美は自分なんかよりよっぽど立派な人だよ』と言ってくれたんです」

 それがきっかけとなり、親しくなった2人は交際することに。ところが、交際して1年も経つと、だんだん揉めることが増えてしまったそうです。

どうしても家族に縛られてしまう

 ずっと実家暮らしで、給料の大半を家に入れていた和美さん。

「博之から『なんでまだ実家暮らしなの?』と聞かれることがあって。『実家暮らしのほうが家にお金を入れられるから』と私は答えていました。あるとき、博之に、『最初は和美のそういう健気なところに惹かれていたけれど、いつまでも家族に縛られているのはよくないよ』と言われたこともあります。そのときは相当揉めました」

 今思えば、確かに博之の言うことは一理ありましたね、と和美さんは寂しそうに言います。

「私は、また博之に劣等感を抱くようになってきました。仕事でも空回りしてばかりで、だんだん自分が惨めにしか思えなくなったんです。家族を支えることを原動力に働いていた私と、給料は生活費以外自由に使える博之。やはり、育ってきた環境が違ったんです。揉めてしまっても当然だったんですよね」

 気持ちのすれ違いを感じながらも、付き合ってから2年目の夏、2人は夏祭りに行くことになりました。

彼と同じ家族像をどうしても描けない

「夏祭りの日は、とても楽しくて。スーパーボールすくいや射的などで遊び、くじで子ども用のおもちゃが当たっておおはしゃぎしたり、りんご飴を何個も食べて…。まるで、夢の世界にいるようでした。休憩するために座ると、いい雰囲気になって、博之が手を繋いできたんです。寄り添って、幸せそうな家族連れを見ていました」

 そして、博之さんが「俺もああいう家庭で育ったから、和美とも、あんな温かい家庭をつくれたらいいな」と何気なく言いました。

「そう言われたら、急に涙が出てきたんです。夏祭りに家族で行ったとか、誰にでもあるような楽しい思い出も、自分には全然ないなって…。そんな自分が温かい家庭を築ける自信なんてないし、バックグラウンドが博之とは何から何まで違う。そう自覚したら、涙が止まりませんでした」

 そして、和美さんは心配する博之さんの手を振りほどいて、走って帰ってしまいました。
今でも「あのときこうしていたら…」と考える
「その後、話し合った結果、別れることになりました。博之には私よりもふさわしい女性が絶対にいる、と思い込んでいました。もちろん、育ってきた環境の違いが別れの直接の原因ではなくて、私が未熟で、自信がなかったからこその結果だったのだろうなと思います」

 和美さんは、数年前に結婚。お子さんもいて、今ではとても幸せだそうです。

「もし、あのとき博之の手を離してなかったら。もし、もっと自分に自信があったのなら。いまだにそんなことを考えてしまうこともあります。でも、博之との悲しい別れがあったからこそ、今の幸せがあるとも思うんです」

 和美さんは、聞いているこちらがせつない気持ちになる言い方で話を終えました。「もし、あのときこうしていたら」…。そんな後悔を乗り越えることができた結果、人は自分なりの幸せの形を見つけられるものなのかもしれませんね。

<文/女子SPA!編集部>

【女子SPA!編集部】
ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。

世間の反応

ckf***** |
別れなかったら、どうなっていたか?
幸せとは限らない。
下した選択が正解だった可能性も充分にある。

mak***** |
ですよね。
これ、逆に男の方の立場で考えると
「和美みたいな女はなかなかいない」
って、後悔してたりする、人生あるあるです 笑

ros***** |
恋愛中でここまで悩む状況だったのなら、結婚は無理でしょう。
相手のご両親、親戚、友人など、彼と同じ境遇や感覚の持ち主ばかりでしょうし、彼の成長と共にお付き合いの相手が更にランクアップする事も十分に有り得ますからね。

mom* |
それも偶然装って再開して不倫してみたら分かること。
ま、これだけ未練たらたらなのだから、恋は盲目でフィルター掛かりまくって本人は幸せ色一色だろうけど。

shy***** |
私も結婚しなくて正解だったパターンだと思う。
女性は、当時を振り返って未熟だったと言っているけど、人の思考や心情なんてそう簡単に変わるものではないよ。本人も相手も。
事ある毎に揉めて、どこかしらかの段階で破滅的行動を起こしてたんじゃないかと思う。この人の場合、一種の逃避行為なんだろうし。
あの時点で別れてなければ、親や子どもまで巻き込んで泥沼化した上で別れる事になってたかもしれないから、「もし」と夢想できる状態で終われたのは良かったんじゃないかな。
今幸せなんだから、そっちに目を向けようよ。

管理人ジョン節
一緒にいて自分が辛くなったり悲しくなるような相手に無理して合わせる努力をしたとしても、
疲れるだけで幸せにはなれないでしょう。
「もし〜だったら」とパラレルワールドストーリーを考えてしまう気持ちは分かりますが、
悲しくなる想像は自分に利益をもたらしてくれないのでホドホドにね。
自分に「無いものや出来なかった事」よりも自分に「有るものや出来る事」を
大切にして生きた方が満足して幸せを感じられると思います。







-ライフ

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.