ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


ライフ 心理

「好きな色」から診断!あなたの性格と心理

更新日:



ヤフーニュース引用→「好きな色」から診断!あなたの性格と心理

好きな色から診断! あなたの性格・今の心理状態

わかっているようで、わからないのが自分自身ではないでしょうか。好きな色から、あなたの性格や、今の心理状態を分析してみましょう。

A~Dのカラーパレットの中から、「好きな色」がたくさんあるものを1つ選んでください。ピンとくる色がなければ、「なんとなく気になるカラーパレット」でも構いません。

Aのカラーパレットを選んだ人は?

Aのカラーパレットには、明るく透明感のある色、鮮やかできれいな色が並んでいます。カラフル、キュート、フレッシュ、アクティブ、カジュアル……といったイメージが浮かびます。4つのカラーパレットの中で、最も若々しいイメージが感じられるのではないでしょうか。

このような色がお好きなあなたは、明るくて親しみやすい雰囲気の持ち主です。表情豊かで、人付き合いが上手。周囲の人を楽しませようとするサービス精神が旺盛で、周囲に敵をつくらないタイプです。ただし、周囲の人を立てようとする意識が強すぎると、優柔不断で面白みのない人と思われることもあります。

物事を楽天的にとらえるため、緻密に計画を立てるよりも、行動しながら、軌道修正を加えていくほうがうまくいくかもしれません。

Bのカラーパレットを選んだ人は?

Bのカラーパレットには、深くて温かみのある色、落ち着いた渋みのある色が並んでいます。ナチュラル、シック、エスニック、ゴージャス、リッチ……といったイメージが浮かびます。4つのカラーパレットの中で、最も知的で大人っぽいイメージが感じられるのではないでしょうか。

このような色がお好きなあなたは、人情を重んじる、あたたかい人柄ではないでしょうか。マイペースで、自分の考えを曲げない頑固な一面もありますが、自分の価値観を他人に押し付けるのは野暮だと考える、独立心が旺盛なタイプでもあります。周囲の空気を読めないところがあり、独断的な人と思われることもあるようです。

好奇心や向上心も人一倍あるので、仕事も恋愛も趣味も意欲的に取り組みます。あまり緻密ではないようですが、独創的なアイデアで困難を克服していきます。

Cのカラーパレットを選んだ人は?

Cのカラーパレットには、優しいパステルカラー、控えめな中間色が並んでいます。エレガント、ノーブル、ピュア、ロマンティック、シンプル……といったイメージが浮かびます。4つのカラーパレットの中で、最も優雅できちんとしたイメージが感じられるのではないでしょうか。

このような色がお好きなあなたは、優しくて人当たりがよく、誠実な人柄ではないでしょうか。責任感が強く、何事も冷静沈着に取り組むため、周囲からの信頼も厚い人です。周囲の人の気持ちを汲み取ることに長けていますが、細かいことにとらわれすぎると、優柔不断になってしまうこともあります。

堅実なタイプなので、新しいことには慎重ですが、時代の変化を感じ取る柔軟性、情勢を判断する能力は優れています。仕事も恋愛も趣味も、着実に成果を積み重ねていきます。

Dのカラーパレットを選んだ人は?

Dのカラーパレットには、強くはっきりとしたビビッドカラー、シャーベットのような淡い色が並んでいます。クール、シャープ、ドラマティック、モダン、ダンディ、フォーマル……といったイメージが浮かびます。4つのカラーパレットの中で、最も個性的でインパクトが感じられるのではないでしょうか。

このような色がお好きなあなたは、自主性や独立心が旺盛なエネルギッシュなタイプ。決断力と実行力に優れており、古い慣習やルールにとらわれない独創的な発想の持ち主です。存在感があるため、カリスマ性を備えた野心家と思われがちですが、繊細な感性の持ち主でもあります。意外にも人情に厚く、お人好しな一面も持っています。

アイデアが豊富で、新しいことに積極的に取り組みます。押しの強いタイプだからこそ、周囲の意見にも耳を傾けるようにすると、カリスマ性が輝きを増すでしょう。

◆「好きな色」と「似合う色」

「似合う色」は急激に変化することはありませんが、「好きな色」「気になる色」はその時々で変わっていきます。そのため、「好きな色」と「似合う色」が一致しないこともあります。

何気なく選んだ色は、「言葉にならない心の動き」「潜在意識」を映し出す鏡です。あなたが選んだ色は、こうなりたいと思うイメージやコンプレックスに気づくヒントを授けてくれるでしょう。
松本 英恵(カラーコーディネートガイド)

【世間の反応】

k***** |
これ、パーソナルカラーの診断で使われるやつですよね(写真順にスプリング、オータム、サマー、ウィンター)
4シーズンのカラー診断は、瞳の色や肌の色、また顔立ちから醸し出す雰囲気含めると時々判定がきっちりしない(2シーズンにまたがったり)場合もあったり、判定されても『この色味好きじゃない』とかあるので、伝えるには少しだけ配慮が要る事がありますね。

no |
Aを選ぶ人が多いのかなと、つい思っちゃうんだけど、どうなんだろう?

【管理人ジョンの反応】
私はDを選びました。
好きな色から相手の性格や人格が分かってしまうなんて凄いですね。
そのうちAIにも人間は見透かされる時代になるのではないでしょうか。







-ライフ, 心理

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.