ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


ライフ 育児ママ

「助かるどころか、むしろイライラ…」出産で夫に八つ当りした妻たちのエピソード

更新日:



ヤフーニュース引用

限界を超えた辛さを味わったとき、つい我を忘れてしまった経験はありませんか? とくに出産時は、痛みや辛さによって自分でも驚く行動をとってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、夫に八つ当たりしてしまった妻たちの懺悔をうかがいました。彼女たちは、一体どのような後悔をしているのでしょうか。

出産時にキツくあたってしまった体験談

出産時に待ち構えているハードルといえば、やはり陣痛でしょう。あまりの激痛により、夫にキツい言葉を浴びせてしまった妻もいるようです。その一部始終を覗いてみましょう。

・「陣痛と必死に戦っているのに、横にいる夫はずれた場所をさすってばかり。助かるどころか、むしろイライラが募る一方でした。その結果、怒りが爆発して『そこじゃないって! この役立たずめ!』とブチギレ。夫は良かれと思ってしてくれたのに…ちょっと言い過ぎたかもしれません」

・「痛みで慌てふためいた私は、なぜか夫に向かって『なぜあなたとの子を欲しいと思ったのかしら』と聞いてしまいました。さらには、『あなたなんて本気で好きじゃない』という宣言まで。さすがにあれはひどかったなと反省しています」

周囲に告げた謎のセリフ

出産時に八つ当たりしてしまう人がいる一方、普段は言わないような謎のセリフを発してしまった女性もいるようです。なかには、夫だけでなく姑に対して告げたケースも。「なんでこんな発言をしたのだろう」と嘆くママたちの声を聞きました。

・「出産の際、突然便意が襲ってきました。助産師さんが片付けてくれるとはいえ、目の前にいる夫に見られるのだけは避けたい…。その思いが強すぎて、夫に『トイレに行きたい! 早く行ってきてよ!』と意味の分からない要求をしていました。結局、夫が部屋を退出するまで『早く行ってきて』と叫び続けることに…」

・「もともと嫌味が多かった姑が、なんと出産直前に病院へやって来たんです。普段は愛想笑いをしていた私ですが、さすがに今は無理。思わず『こんなときにまで嫌味を言いに来たんですね。悪いのですが、いま忙しいんです』と告げてしまいました」

次ページは:妊娠出産には「予想外」がつきもの

> 続きを読む 







-ライフ, 育児ママ

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.