ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


アラフォー世代 ライフ

アラフォー女性が抱える「母娘関係」の悩みとは?

投稿日:



ヤフーニュース引用→アラフォー女性が抱える「母娘関係」の悩みとは?

アラフォー女性が抱える母娘関係の悩み

思春期・青年期を始め、成長の過程で多くの人が経験する母親への反発心。一方で、大人になっても親との付き合い方に悩み、30代、40代になった今でも、母親との関係に悩み続ける女性はたくさんいます。

たとえば、一方がドライでもう一方がウエット、というように性格が正反対であるため、相性が合わない、ということもあるでしょう。母は娘と友達のように付き合いたいのに、娘はベタベタするのを好まない。

逆に、娘が母に甘えたいのに、母はマイペースでさっぱりしている。このような性格の違いは、いかんともしがたいものがあります。

また、親から「いつまでも、独り身ではいられないでしょ」「子どもを産んでいたら、もう少し違ったのに……」などと、結婚や出産の話を交えてとやかく言われること。

子どもがいたとしても、「子育てはもっと〇〇しないとだめよ」「母親なら〇〇しなきゃだめよ」などと、根拠の分からない持論を基にして口出しをされること。

さらには、現在の自分を見て「私の育て方が間違っていたのかも」「私がもう少し、あなたに何かをしてあげられていたら……」などと、残念な評価をされること。こうしたことを言われるから、母親は苦手という方もいます。

さらに、母娘間の葛藤には、ジェネレーション・ギャップによる価値観の違いも大きく影響しています。

たとえば、現在の60~70代の母親世代(1940~50年代生まれ)には、「妻は控えて夫を立てる」「盆暮れにはお中元・お歳暮を欠かさない」と考える人が多いものです。

一方、現在の30~40代の娘世代(1970~80年代)には、夫婦は対等と考え、しきたりにもこだわらない人が多いものです。

このように世代が異なると、それぞれの価値観は大きく異なります。母と娘、どちらにとっても自分が「当たり前」と考える常識が通じないので、話が平行線になりやすく、会話にストレスを感じやすくなります。

若い頃とは別物? 成熟した母娘関係の新たなストレス要因

そして、年齢的な課題もあります。娘が40代の中年期になる頃には、親は高齢期になっているもの。お互いに若かった頃や子育て期とは異なり、上記以外の要因でも、母娘間のストレスが生じやすくなるものです。

特に、娘が子育てやキャリア形成に励む中年期に、高齢期となった母親は年々老いて無理がきかなくなっていきます。すると娘には、親の病気や将来における介護などの心配が現実味を増してきます。

さらに遠方に住んでいる場合には、親の健康や生活の状態が心配で、気を揉むことが増えていくでしょう。

また、家庭を持つ中年期の娘は、住宅ローンの返済や子どもの進学資金、自分たちの老後資金の準備など、お金の心配に振り回される年代に入ります。

同時期に、老いた親の貯蓄や年金が不十分な場合、娘が親への資金援助まで考えなければならないケースもあります。すると、お金の苦労を二重に抱えることになり、経済的にも大きなストレスを抱えてしまいます。

40代のうちに……母娘関係のストレスを早めに解決した方がよい理由

では、「母とは性格が合わないから」「将来の介護やお金のことを考えるのは気が重いから」といって、母との間に完全に距離を取ればよいのでしょうか?

残念ながら、親子のきずなは簡単には切れませんし、先々に生じる現実的な課題から目をそらしても、いずれは直面せざるを得ない時がやってきます。

たとえば、生活資金のこと、実家の整理や墓のこと、遺産のことなど、いずれは直面しそうな現実的な課題は、親が元気なうちに少しずつ話し合っておきたいものです。

そもそも関係性が微妙なのに、これらのテーマを話し合うのは難しいものです。したがって、日頃から母娘間では何でも話し合える関係を築いておくことが大切です。

また、自分の子育てを親に手伝ってもらっていた人も、子育てが一段落すると、次には自分が親から頼りにされる側へと変わっていきます。

大変かもしれませんが、自分の家庭のことだけでなく、将来の親とのかかわりまで見据えて、時間やお金にはなるべく余裕を作っておきましょう。

とはいえ、現実的な課題は自分一人だけで抱えこまないことが大切。活用できそうなサポート資源を調べておいたり、パートナーや兄弟姉妹とも話し合い、協力しあえる体制を整えておくとよいでしょう。

そのためにも、親に対するマイナスの感情を整理し、周囲の人との関係をできるだけ良好なものにしておくことです。

高齢期の心理への理解を……怒りの背景にあるのは「不安感」

40代の娘の母親世代の多くは、60~70代の高齢期です。高齢期の人々は、健康、若さ、お金、仕事、人間関係などのさまざまな喪失に直面します。

そのため、心がとても不安になり、悲観的なことを言ったりすることが増えていきます。こうした不安が解消されないことによって、怒りっぽくなることもあるのです。

娘側は、そうした現象だけを見て「いつも愚痴ばかり」「またキレている……」というように批判するのではなく、それらの行動が生じる背景としての「高齢期ならではのさまざまな喪失への不安」を理解する必要があります。

そして、親の思いをまずは受容し、「そういう状況に置かれたら、たしかにつらいよね」というように共感的な受け答えをしながら、話を聞いてあげましょう。

成熟した大人としての母娘関係を構築する方法

では、良好な親子関係を作るためには、どのようなことをするとよいのでしょう? 時々実家に帰って一緒にご飯を食べ、話を聴くことがいちばんです。

海外旅行や豪華なレストランに連れていくなど、特別なことをしなくてもよいのです。実家に帰って顔を見せ、親の話を聴きましょう。

会話はたいして盛り上がらないと思いますが、それでよいのです。

何気ない話をしながら、顔色はどうか、話し方はしっかりしているか、話の理解ができているか、足腰はしっかりしているか、体調はどうか、食欲はどうか、夫婦仲はどうか、知人・友人・ご近所・親戚との人間関係はどうか、お金の心配はないか、無駄な出費をしていないか、家の中は乱れていないか、清潔になっているか、といったことを確認します。

そして、愚痴や繰り言は、上記のようにとにかく「受容」と「共感」で受け止めます。人は、話を聴いてもらえるだけで、すっきりして気持ちが落ち着くものです。まずは安心させてあげた上で、必要なことがあればアドバイスしたり、一緒に考えたりしていくとよいと思います。

「いつもそばにいてあげられなくてごめんね」「私ばかり楽しんでいるのかな、ごめんね」などと、引け目に感じる必要はありません。

そもそも、子どもが自分らしい人生を送っていることが、親にとっていちばんうれしいことなのです。だから、遠慮せずに自分の人生の悲喜こもごもを伝えてあげればよいのです。

また、ストレスのない親子関係を続ける上では、一定の境界線を意識することも有効です。
大美賀 直子(公認心理師・産業カウンセラー)

【世間の反応】

***** |
育てたようにしか子は育ちませんし
生きてきたように人は死んでいくのだと思います。
どちらかだけ我慢や辛抱しなくてはいけない関係は健全ではありません。
親子でなければ解消されるべき関係は
親子であっても解消して問題ないと考えます。

p***** |
うちは母も私もドライ。
同市内に住んでいるけど用がなければ何ヵ月もお互い連絡しないし。
仲は良いですけどね。
妊娠を報告した際には『子育ては夫婦で協力してやりなさい』と言われたので、上の子を産んで10年以上経つけれど母に預けたのは数回それも半日程度。
夫の両親も似た感じなので、孫の催促もなければ用がなければこちらも何ヵ月も連絡無し。
私自身東京の大学卒業して地元に戻って数年後には独立してそのまま結婚したので、そもそも実家への執着もありません。
周りを見ていると既婚未婚関係なく、親離れ子離れしていなと大変そうです。

sas***** |
離れて暮らしているが、母は連日電話して当たり前、認知症でもないのにこちらの固定電話と携帯どちらに電話してるかも自分で分かってない。
うちの夫に合いそうなシャツ送るとか、頼んでもいない事に首を突っ込んでその事でどうだとかこちらの都合に御構い無しの電話でズケズケと生活に立ち入られる危機感を感じた。
電話で喋るだけ喋って気が済んだら好きな事やって、こちらはイヤな気分を引き立ったまま。
結局自分自身が主役で一番大事なのがよく分かったから、今は送り物やメールの返信も電話も含め相手にしない。
死んだ父や親族の昔の揉め事でその場しのぎの人に相談してばかりで離婚も何も決断しなかった母もどうしようもない人間なんだと気がついた、巻き込まれた時間を返してほしい。

mus*** |
まずは愚痴や文句ばかりでなく、どうすればよいかを自分で考えてほしい。
愚痴や文句ばかり聞かされると疲弊して遠ざかります。
母の年代の人は、仕事も家事も子育てもと忙しくなかったのに、我々は忙しい。
制度も考え方も変えないと太刀打ちできないのにわかってない。
適度な距離がないとこちらが潰れます。

drn***** |
母が認知症です。もう、私のこともわかりません。元気だった頃は、いろいろ先廻りして決めてかかるところがあり、避けていましたが、今、改めて考える。
一緒に買い物などしてる母と娘さんらしき2人連れを見ると、正直、羨ましい気持ちもある。
なんだか、割り切れない気持ちもある。母に甘えたかったんだなぁと思うと。
これが、人間というものか、としみじみ考える、今日この頃です。
お互い元気であればこそ、ですね。

har***** |
ものすごい教育ママで、勉強のこと以外は全く興味がなかった母。うちはよその家とは違うのよ、というおかしなプライドも全く理解できなかった。
機嫌が悪いと何をするか分からない父はよく私に暴力を振るいましたが、母には「あなたも悪い」と言われておしまい。
父の暴力は、結婚後もしばらく夢に出てくるほど怖かった。
母は気付いていないと思いますが、正直両親が苦手です。食事に呼ばれたら夫とこどもと行きますが、できれば行きたくない…。
育ててもらった恩は返すべきだと思うので介護はしようと思っていますが、将来が不安です。

【管理人ジョンの反応】

大事なのは、どういう距離感を保つか、どこに一線を引くのか、だと思う。
親としては、遠慮の無い我が娘なんだ。
もう娘には娘の生活や人生があるとわかっていても、娘の領域に踏み込んでくるよ。そこで娘の側は、自分の生活や人生を守らなくちゃいけない。これって親不孝?とか思って、自分を犠牲にしだしたら、うつ病&自分の家庭崩壊コースまっしぐらだよ







-アラフォー世代, ライフ

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.