ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


エンタメ 闇営業

さんまもサジ投げた? 宮迫博之“150分なんちゃって懺悔録”の軽薄

更新日:


8月8日発売の「週刊文春」で150分にわたるロングインタビューに答えた宮迫博之(49)が、お笑い関係者たちの失笑を買っている。サブ見出しに「すべての疑問に答えた」と書いてあるのに、闇営業問題の核心にほとんど触れなかったためだ。

「2年前に文春がスクープした宮迫の不倫騒動にも一切触れられていません。“くすんだ白”を意味する『オフホワイト発言』でうやむやになった感じですが、“すべて”と言うなら、そちらの真相にも答えてほしかった。そう思った読者もいたはずです」(芸能ライター・弘世一紀氏)

それで宮迫が何を語ったかといえば、ほとんどが言い訳だ。

「(カラテカ)入江(慎也)からも主催者は美容関係で大当たりした人だと聞いていましたし、会場には家族連れや、お子さんもいた」と釈明。そして、文春の編集部に代弁させる形で〈宮迫には闇営業の相手が反社会的勢力だという認識がなかった〉と主張した。

また、メイン見出しが、「さんまさんについていきます」だったことから、インタビュー後半は明石家さんまへのヨイショで占められている。

吉本興業に契約解除を告げられた宮迫が今、絶大な信頼を寄せているのがさんまだという。宮迫は「さんまさんには昔からかわいがっていただいているんです。きっかけは『痛快!明石家電視台』に呼んでいただいたこと。20年前くらい前の話です」「まだ正式に決まっていませんが、さんまさんの『事務所預かり』にしてくださるという話もいただいたし、ラジオでは『舞台からどうや』と言ってもらいました」と語っている。

そして、「さんまさんについていきます」と松本人志に伝えたことを、再び文春編集部に代弁させる形でインタビューにまぜ込んだ。

> 続きを読む 







-エンタメ, 闇営業

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.