ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


ライフ 男性の悩み

髪が抜けやすい人の身体的特徴

更新日:


田中洋平 医師が教える「女と男、髪と地肌の話」

私のクリニックは、長野県の松本城のすぐそばにあります。お城の内部には非常に狭く、急な傾斜の階段がありますので、思わぬ転倒や滑落によって、当院を受診される患者さんは少なくありません。

頭部に外傷があれば、まず意識状態、異常、嘔吐(おうと)、 麻痺(まひ)を確認し、必要があれば救急か脳神経外科で診察していただきます。大きな問題がなければ、すぐに傷の処置を始めます。頭を打っても、擦り傷や切り傷を負っても、おしなべて頭髪がたくさんあった患者さんの方が症状は軽いのは間違いありません。やっぱり、医学的にも髪は大切なのです。

人間が薄毛になるのはなぜ?

そうは言っても、普段はそんなことを意識していないと思います。

「髪が医学的にも重要? それよりも、やっぱり見た目でしょ」

ほとんどの方は、そう考えているはずです。

生まれて間もなく生え始める髪は、長い間、その人の顔のイメージに重要な役割を果たします。長さや色、スタイルを問わず、自分の個性の一つと認識していますので、こだわりがあるのは当然です。自分らしさを強調し、それを維持するために、毎月のようにカットをしたり、ときにはカラーをしたりします。

「髪は見た目のため」と考えるのは当然です。

男女を問わず、年齢を重ねていけば、どうしても髪のハリやツヤは失われていきます。とくに男性の中には、ホルモンの関係で抜けやすくなり、頭部が寂しくなったことで、かつての自分とは違ったイメージになってしまい、「なんとかしたい」と考える人が少なくありません。

薄毛の原因は、ヘアサイクルの短縮です。つまり、「抜け毛の増加」と「新たに生える毛の減少」は、加齢によるホルモンの変化が主な原因で発生します。自然に回復するとは考えにくく、ほとんどの場合は進行していきます。

男性、および閉経後の女性の場合、血液中の男性ホルモンの「テストステロン」が毛根で変化し、「ジヒドロテストステロン」 に変わります。この「ジヒドロテストステロン」こそが、薄毛への決定的な悪役で、抜け毛を増加させる張本人です。それに加えて、外傷などの外的要因、ストレスによる内的要因によっても、慢性的な血流低下による毛根環境の悪化が引き起こされ、脱毛が進むと同時に、発毛は妨げられてしまうのです。

最近では、ジヒドロテストロンをブロックして抜け毛を予防する内服薬や、養毛・育毛に効果がある薬剤もありますので、それについてはおいおいお話していきたいと思います。

次ページは:「今は大丈夫」でも、要注意な人

> 続きを読む 







-ライフ, 男性の悩み

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.