ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


エンタメ

Aマッソに金属バット…お笑い芸人から差別問題が相次ぐワケ

更新日:


お笑い芸人による“差別問題”が相次ぎ、波紋を広げている。

加納愛子(30)と村上愛(31)のお笑いコンビ「Aマッソ」が、9月22日に都内で開催されたイベント中に差別発言があったとして、所属先のワタナベエンターテインメントが24日、謝罪文を公式ホームページ(HP)に掲載。

加納はHP上で、<笑いと履き違えた、最低な発言であったと今更ながら後悔しています〉、村上は〈勘違いをしていました。考えればわかるはずなのに>などと謝罪しているが、一体何があったのか。

「Aマッソは『質問に対して薬局にあるもので答える』というネタを披露していたのですが、大坂なおみに必要なものを聞かれ、『漂白剤! あの人、日焼けしすぎやろ!』と答えたのです」(芸能ライター)

これにはネット上も、<人の痛みがわからない人間に、人をいじる資格はない><これはアウト><本当に最低>などと非難ゴーゴーだが、吉本興業所属の小林圭輔(33)と友保隼平(34)のお笑いコンビ「金属バット」も、過去の差別発言でバッシングされている。

「昨年12月のイベントでの漫才が問題視されています。演芸番組の『笑点』(日本テレビ系)を模倣したネタがあるのですが、座布団を運ぶくだりで、『黒人が触ったもの座れるか!』という発言をして、人種差別だと批判されています」(前出の芸能ライター)

お笑い芸人の“差別問題”が炎上することはままある。

2017年の大みそかに放送された「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」(日本テレビ系)では、ダウンタウンの浜田雅功(56)が黒塗りメーク姿で登場。「ビバリーヒルズ・コップ」のアクセル・フォーリーを演じたエディ・マーフィに扮したつもりが、海外メディアからも「差別的だ」と砲火を浴びた。

お笑い評論家のラリー遠田氏は「発言については擁護しませんが、Aマッソと金属バットは擁護します」と、こう続ける。

> 続きを読む 







-エンタメ

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.