ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


ライフ 海外news

スウェーデンの男性が家事を得意とする、本当の理由は!?

投稿日:


「ワンオペ」「孤育て」など育児の大変さを象徴する言葉が次々と生まれてしまう日本…どうすれば子育てしやすい環境を作ることができるのでしょうか? 
そのヒントを手に入れるべく、子育てに優しい国として有名なスウェーデンへ家族で移住したのは、『スウェーデンの保育園に待機児童はいない』の著者である久山葉子さん。
育児・共働きを経験して感じたことを、自身の言葉で綴ってもらいます。

連載【スウェーデンでのくらしが気づかせてくれた、大切なこと】第二段は、「スウェーデンでは男性も家事が得意なのはどうして?」について。

お互いの得意な家事を分担できるよう工夫をしている

スウェーデンに来て驚いたのは、料理やパン・ケーキ作りが上手な男性がたくさんいること。「うちはパパが夕食を作ることのほうが多いよ」という声も聞きます。

それを可能にしているのは仕事から帰って家事をする時間があるから。基本的に残業はないので、ママとパパどちらが作るのかは、“その日、早く家に着いたほう”や“料理が得意なほう”になります。「うちはパパが料理好きなので、夕食はほとんど作ってもらってる。その代り、パパは排水溝のぬめりが苦手なので、掃除はわたしがやることが多いかな」と言ってるママもいました。お互いに自分の好きな家事を担当できれば、ストレスも少なそうですね。一緒に住むにはそのあたりの相性が大事なのかも? 

「親が子どもに口出しする権利がなくなる」も自立の理由

そもそも、スウェーデンの男性はいつどういうきっかけで料理ができるようになるのでしょう。それには、若者が自立する時期が大きく関わっているように感じます。

わたしは現地の高校で日本語を教えているのですが、生徒たちは三年生のときに大きな節目を迎えます。それは、18歳の誕生日を迎える日。その日を境にその子は成人し、一人前の大人になります。日本だと成人と言っても、成人式があるくらいですが、スウェーデンでは人生におけるビッグイベント。クラスの中でも、“大人になった子”はそれだけで誇らしげです。法的にはお酒を飲んだり免許を取れるようになるし、親は子どもに口出しをする権利を失います。一例を挙げると、生徒に問題があった場合、18歳になるまでは学校は親を呼び出すことができますが、18歳を過ぎるともうそれができなくなります。大人だから保護者は存在しなくなり、自己責任で行動することになるのです。

高校を卒業すると、大学に進学して他の街で独り暮らしをするのが一般的。地元の大学に通ったり就職したりする場合でも、“大人”なのに実家暮らしは恥ずかしいという風潮があり、みんななんとか独り暮らしをしようとします。成人すると経済的にも親から独立し、大学に通う間も親からの仕送りではなく、国から学生ローンを借りて生活します。もちろんワンルームマンションなど借りる余裕はなく、共同キッチンのある 学生寮で暮らす人がほとんど。頻繁に外食するお金もないし、必然的に自炊を強いられます。

インスタントラーメンや冷凍のピザにはすぐ飽きてしまい、下手でもいいからなんとか手作り。
「学生時代は、スパゲッティーを茹でただけのものをパスタ・ビアンコ(白)、それにケチャップをかけたものをパスタ・ロッソ(赤)って呼んでたな」と笑う友達もいました。そこから試行錯誤して、自分が食べたいと思うものを作れるようになっていくのでしょう。

次ページは:「料理が得意な理由」をスウェーデン男性に改めてインタビュー!

> 続きを読む 







-ライフ, 海外news

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.