ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


生活の知恵袋

重要な決断は、空腹時にすべきではない

更新日:


空腹時に買い物に出かけて、つい衝動的に手っ取り早いジャンクな食料を買いすぎた経験を、あなたもしたことがあるかもしれない。同じように空腹時には、仕事や生活にかかわるような重大な決断はすべきではないと、新たな研究は警告している。

衝動や自制心の実験として有名な心理学の研究に「マシュマロ実験」というものがある。椅子に座らされた子どもの机の上には、皿に乗った1個のマシュマロがある。子どもはすぐにでもそのマシュマロを食べることができるが、15分間我慢できれば2つのマシュマロが手に入る。この実験では、目の前のマシュマロを食べてしまった子どもたちは、欲求を我慢してより大きな報酬を待つことができた子どもたちよりも衝動的であると結論づけられた。

では、空腹時に何らかの決断をしなくてはならないとき、われわれの衝動や自制心は、その決断にどのような影響を及ぼすのだろうか。その衝動は食べ物に関してだけなのか、それともより広範囲に影響するのだろうか?

そこでスコットランドのダンディー大学心理学科で教鞭をとるベンジャミン・ヴィンセント博士は、空腹時の意思決定にかかわる興味深い実験をした。科学学術誌『Psychonomic Bulletin and Review』で発表された研究によると、人は空腹状態にあるとき、食べ物とはまったく関係のない報酬であっても、そこから手っ取り早く満足しようとするようなのだ。

空腹が人間の行動に及ぼす影響
ヴィンセント率いる研究チームは、50人の学生に協力してもらい、満腹時(食事の2時間後)と空腹時(10時間後)、それぞれ2回に分けて実験を行った。まず試験前に、学生たちの血糖値を測定し、それから主観的な空腹感を答えてもらった。そのあとチョコレート、お金、音楽ダウンロードの3つの異なる報酬を、いますぐ得られるか、または2倍の量をあとで得られるかを選ぶタスクを35回行ってもらった。待たねばならない期間は1時間から1年まで、19の異なる選択肢が設定された。

被験者が選ばなくてはならないのは、例えば次のような質問だ。「いますぐ10ポンドのお金をもらうか、30日後に20ポンドのお金をもらう」「いますぐ5個のチョコレートをもらうか、1時間後に10個もらう」「いますぐ10曲の音楽をダウンロードするか、200日後に20曲をダウンロードする」

すると3つの異なる報酬において、人々は空腹のとき、あとでもらえる大きな報酬ではなく、すぐさまもらえる小さな報酬を強く好んだ。満腹時には2倍の報酬を得るために平均して35日間は待てるという結果になったが、空腹時にはたったの3日しか待てないという結果になったのだ。

次ページは:ひとは空腹だとより早く手に入る小さな報酬で妥協する

> 続きを読む 







-生活の知恵袋

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.