ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


不倫

モテ男と結婚…彼女が「絶対に許せない」と思った不倫とは?

更新日:


◆家族の旅行先に、女性を呼び寄せた夫
そもそも不倫は許せないものだが、「それでも子どもたちのために、なんとか気持ちを立て直せる不倫と、絶対に許せない不倫がある」と話す女性がいる。

◆「なめてんのか」とマジギレした夫の行動
結婚する前から、「この人と一緒になったら浮気するんだろうな」と思っていたと言うのは、ミカコさん(42歳)。

結婚して11年たつ5歳年上の夫はモテるタイプで、「誰にでも優しい。誰からもモテたいと思っているから」だそう。彼は祖父が創設した会社の3代目だ。それなりに経済力もある。

「彼にお金があるから結婚したわけじゃありません。モテると自他ともに認める彼が、『オレ、プロポーズするのはミカコが初めてだよ』と言ったから。結婚生活は最初のうちは楽しかった。夫が変わったのは子どもが生まれてからですね。子どものことはかわいがるけど、私のことは女として見られなくなったようです」

それでも夫は家族の時間を大事にした。現在、9歳と5歳の子どもたちとの時間もきちんととり、彼女のことも労ってはくれる。ただ、男女の関係が抜け落ちているだけだ。

「夫は家庭を捨てることはない。そこだけは信頼していました。もともと忙しい人だけど、平日は帰ってこないこともあるし、週末も急にいなくなったりすることもある。それでも子どもたちはパパが大好き。帰ってくるときは、必ずささやかでもお土産を買ってくるし、ときには不気味なお面を玄関で着けて子どもたちを驚かせることもある。サプライズが大好きなんですよね」

たとえ自分が女として見てもらえなくても、人として母として大事にはされている。そこがミカコさんの「最後の砦」だった。

ところがこの夏、家族で旅行したときのこと。5日ほどのんびりするはずが、夫は1泊しただけで、「どうしても東京に戻ってやらなければいけない仕事がある。明日の夜、帰ってくるから」と2日目の午後、いなくなった。昼間遊び疲れた子どもたちはホテルの部屋で熟睡。

「私はどうしても眠れなかったので、軽く一杯と思ってホテルを出てぶらぶら歩き、雰囲気のよさそうなバーに入ったんです」

そこで彼女が見たのは、夫と、その夫にしなだれかかっている若い女性の姿だった。

「なぜか私、店をそうっと出てきてしまったんです。あのとき夫につかみかかってやればよかったと後悔しているけど、できなかった。帰京すると言いながら、夫が女性と一緒にいたということは、彼女を家族の旅行先に呼び寄せていたわけですよね。ホテルへの道をとぼとぼ歩きながら、『なめてんのか』とつぶやいていました」

次ページは:◆どうしても許せない

> 続きを読む 







-不倫

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.