ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


不動産系 生活の知恵袋 経済

あなたは新築購入派?中古リフォーム派? 後悔しないために知っておきたいメリット・デメリット

更新日:


住宅を購入する際、新築を購入するのか、もしくは中古物件を購入し、リフォームやリノベーションを行うのかで悩む方も多いと思います。そこで、新築住宅と中古物件のリフォームおよびリノベーションについて、メリットとデメリットを再確認し、最終的にどちらを選ぶのがいいか考えてみましょう。

新築住宅のメリット・デメリット
【メリット】
(1)注文住宅であれば、自由な設計が可能
(2)水回りなども全て新品であるため、その後のリフォーム費用が安くなる
(3)税制上の優遇が受けやすい

【デメリット】
(1)建売住宅の場合、間取りや建物の外観などの自由度が低い
(2)マンションの場合、戸建てに比べ、価格が割高になる傾向がある
(3)住む場所のコミュニティーがまだできあがっていない

中古住宅のメリット・デメリット
【メリット】
(1)購入金額が新築と比べて安い傾向にある
(2)すでに建っている物件を自分の目で確認しながら、自身のライフスタイルに合わせて変更できる
(3)リノベーションを行うことで、新築住宅よりも安く、新築住宅と同等くらいの性能の住宅を取得することができる

【デメリット】
(1)既存の住宅の程度によっては、追加の費用がかかる可能性がある
(2)間取りや構造を大きく変更することが難しい
(3)耐久性にもよるが、短いスパンでの再度リフォームが必要になる可能性がある
(4)中古マンションでは築年数や管理状態によって、その構造がかなり劣化している場合がある

中古住宅を購入する際の資金計画
中古住宅を購入するときは、「購入した後にリフォームを行うケース」と「購入と同時にリフォームを行うケース」の2つのパターンが考えられます。

その際の資金調達については、そのケースによってローンの組み方が異なることに注意する必要があります。

1.注文住宅を購入し、その後にリフォームを行う場合
まず、中古住宅をローンで購入し、その後リフォームをする際に、改めてリフォーム資金についての借り入れをする必要があります。

この場合、リフォーム資金の借入時に、既存の住宅ローンの返済に加え、新たに借り入れることになるリフォーム費用の返済能力があるかどうか、審査されることになります。

そのため、条件によってはリフォーム資金借り入れの審査に通らない可能性があります。

2.注文住宅を購入し、同時にリフォームを行う場合
最近では「住宅購入時にリフォームを行う場合に限り、購入代金に加えてリフォームの資金も一緒に借り入れできる」という形の住宅ローンを取り扱う金融機関が増えています。

住宅購入の金額とリフォーム工事の金額を合わせて、同じ金利・期間で借り入れることができ、手続きも一度で済むメリットがあります。住宅購入と同時にリフォーム工事会社を探す必要はあるものの、それが可能なのであれば、こちらを利用する方がいいでしょう。

コストの面だけを見ると、新築よりも中古住宅を購入し、リフォームもしくはリノベーションを行う方が有利といえます。しかし、価格面だけで判断せずに、それぞれのメリット・デメリットをきちんと検討することも大切です。

さらに言えば、ご自身が住まいにおいて何を最優先にするのか、しっかりと把握したうえで、最終的に判断することが大切でしょう。

執筆者:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員
ファイナンシャルフィールド編集部
ヤフーニュース引用

【管理人ジョンの反応】

新しいに越したことはない







-不動産系, 生活の知恵袋, 経済

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.