ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


スポーツ

日本、南アに敗れ史上初4強ならず 前半善戦も後半21失点…ノートライで終戦

更新日:


◇ラグビーW杯準々決勝  日本3―26南アフリカ (2019年10月20日 味スタ)

ラグビーW杯日本大会は20日、準々決勝が行われ、世界ランキング6位の日本代表が同4位の南アフリカ代表と対戦。前半を終えて2点ビハインドと善戦したが、後半に21失点を喫して3―26で敗れ、史上初の4強進出はならなかった。

前半3分に南アフリカがトライを決めて5点を先制。日本は序盤からチャンスをつくれない状況が続いたが、前半18分にスクラムからペナルティーを獲得。SO田村がきっちりとペナルティーゴール(PG)を決めて3点を返した。前半終了間際に南アフリカにトライを決められたかに思われたが、直前に反則があったとして取り消しに。命拾いする形で前半を3―5と僅差で終えた。

後半追い上げたい日本だったが、南アフリカが徐々に底力を発揮。立ち上がりの4分、9分にPGで失点すると、23分に後半3本目となるPGを決められ、じわじわと点差を広げられた。さらに同26分、30分と立て続けにトライを決められて勝負あり。南アフリカから金星を挙げた4年前の前回大会の再現とはならず、準々決勝敗退となった。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-00000263-spnannex-spo




【上記ニュースに寄せられたコメント】

san | 後半は地力がある南アフリカに試合を支配されてしまった。
前回大会のことがあるし、静かなる闘志を燃やしてたんだろう。
南アフリカに畏敬の念を送ろうじゃないか。
でも日本は立派な成績を残し、国民に勇気と感動を与えたではないか。
立派だよ、立派。
開催する前、これだけ盛り上がるなんて自分を含めてどれだけの人が予想しただろうか。
あとは大会が無事に終わることを願いつつ、世界最高峰のラグビー観戦を楽しもうではないか。
ありがとう、日本代表!

> 続きを読む 







-スポーツ

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.