ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


IT 科学

アップルが警鐘「スマホに抜かれる個人情報」

投稿日:


iOS 13にアップデートしてから頻繁に現れるようになったのが、アプリによって位置情報が使われているという通知。その都度「常に許可」「アプリを使用中に許可」「許可しない」の3つの選択肢を選ばされる。

例えば天気アプリや乗り換え案内、d払いなどの決済系アプリなど、実に多くのアプリのアラートが定期的に現れてきて、煩わしいと思う人も少なくないはずだ。正直なところ、アラートの頻度については改善の余地があるし、アップルとしてはユーザー体験、あるいはユーザーの心情への配慮が必要だと感じる。

しかし、なぜアップルがこの通知を出し続けるのかについて、考える必要がある。スマートフォンが取得している位置情報、すなわちあなたの居場所を、アプリがバックグラウンドでいかに多く活用しているのかを可視化しているにすぎないからだ。

裏を返せば、今までわれわれが知らないうちに、いかに多くの情報がアプリや広告、それらを運営する企業に渡っていたかを物語るものだ。

https://toyokeizai.net/articles/-/312805

■世間の声

  • 警告、警報がウザいから無視とかやってると、個人情報が知らぬ間に抜かれてる可能性が…
    アプリの警告や災害警報って意味あって出してるもの
    断捨離(まだ死語じゃないよね)は個人の自由だけど知らぬ間に必要なモノも捨ててないかな
  • 情報を提供することで無償で質の高いサービスを享受できていることも忘れてはいけない。(もちろんプライバシーポリシーなどで通告しないで収集するのはNGだけど)
    「個人情報ガー」って言っている人に限って音声認識...
  • こんなの知らないのJKぐらいなもんだろ
  • 個人情報、ぬかれてるね。知り合いが個人単位でルートが保存されるシステムを見てから、GPSを完全にオフにしてるとか。
  • ”プライバシー競争となった場合、アップルが優位に立ち続ける準備が整っていることもまた事実”

    日本企業は?排ガス制限で凋落した某国産業の二の舞になってない?

■管理人から一言

提供してもいい個人情報とそうでない個人情報を自分で考え、理解する必要があります。







-IT 科学

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.