ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


ライフ 生活習慣

夫が暴走した七五三のおもてなし。実親だから楽だと思ったのに…

更新日:


11月に神社に行くと、七五三のお参りをしている家族を目にしますよね。最近では、スタジオアリスなどの子供向け写真館で事前撮影をするケースが増えています。そのため、参拝当日は子供の負担なく着物でのお参りと食事会を楽しめる、余裕あるスケジュールを組めるようになってきています。

中には子供の成長を願う七五三に祖父母を招き、一緒に参拝したり食事をして過ごす方も多いことでしょう。今回は、「実親に来てもらって楽できる」と思っていた筆者の友人S子が体験した想定外の成り行きを紹介します。
初孫の七五三を楽しみにしている祖父母を招待することに
現在小学生になったS子の娘さんは実親にとって初孫でした。一方、旦那さんの方はすでに姉・兄のところに合わせて5人の孫がいることもあり、「俺の両親はもう七五三に慣れているから」と冗談を飛ばすほど。遠方に住むS子の両親を七五三に招待しても何ら問題はないということで、早い時期から「孫娘の七五三には泊まりに来てね」と伝えていたのです。

転勤に伴い生家から離れた土地で住む娘夫婦からの申し出に、S子の両親はとても喜びました。初孫が1歳半の頃に引越しをし、なかなか思うように会えなくなっていたのです。どれだけ大きくなっているのかと、11月が来るのを今か今かと楽しみにして過ごし、カレンダーには大きな花丸の印をつけたそうです。

事前写真は早割を利用するとお得なので、倹約家のS子は夏に親子3人で写真撮影を済ませました。双方の祖父母用にも孫娘の写真を手配し、季節は秋を迎えました。
旦那さんが相談なく敷居の高いお店を予約していた!
「どこのお店がいいかな、予約すぐに埋まっちゃうよね」

9月中旬、S子が七五三の食事をするお店を検討し始め、何気なく旦那さんい声をかけたところ、予想もしなかった言葉が返ってきました。「この前、予約しといたよ」と、相談もなくお店を決めていたのです。どこのお店なのか聞いてみたS子は店名を聞いて唖然。住んでいる地域で一番格式が高いと言われている料亭だったからです。

慌てたS子はすぐにでも予約をキャンセルをしようとしましたが、旦那さんは「大丈夫だから」の一点張り。三歳の七五三であることから、もう少しカジュアルな雰囲気のお店の方が気楽に過ごせるのではと提案しても全て却下されました。

無駄遣いもせず普段は柔軟に意見を聞く旦那さんが、どうしてここまで頑ななのか、S子は不思議でたまらなかったそうです。

大企業勤めの義父に「良い暮らしをしている」アピール?
旦那さんの行動はさらにエスカレートしていきます。温泉が好きなS子の両親のために、参拝の前々日に来てもらい、車で1時間ほどの温泉旅館に泊まろうと言い出したのです。

そんな過密スケジュールでは、七五三の主役である娘に疲れがたまってしまうと危惧したS子は全力で阻止。「遠くから来てくれるのに疲れさせるだけ」「娘が体調崩したら七五三自体が延期になる」と説得し、食い下がる旦那さんを何とか説き伏せました。

普段とはまるで別人のような旦那さんの言動の理由を、S子は見つけようとしました。すると、思い当たる出来事が1つだけあったのです。

S子が幼かった頃の七五三の写真を見せ、娘と似ているか比べっこしたことがありました。「俺の七五三よりも豪華だな」と呟いた旦那さんに、S子は「お父さんが仕事で利用している料亭で食事をしたみたい」と何気なく返しました。彼女にその七五三の記憶は全く残っていないそうですが、旦那さんの心にはグサッと刺さったのでしょう。

S子の父は大企業に勤め、それなりのポストに上りつめた人でした。方やS子の旦那さんは、そこまでの有名企業に勤めているわけではありません。「大切な娘と孫がどんな生活をしているのかお父さんは気になるのでは」と勝手に不安を感じ出したのではないかとS子は推測しました。
見栄を張るくらいなら呼ばない方がまし?
いざ両親が来訪すると和やかな雰囲気で過ごしたそうですが、娘一家の生活水準を気にする素振りのない父と、良い暮らしを匂わす旦那さんとの差が滑稽だったとS子は打ち明けてくれました。

旦那さんが張り切って予約をした敷居の高い料亭も、七五三の食事会で利用をしているのはS子一家だけ。小さい子を連れて格式ある店に行くのが冷や汗ものなのはもちろん、借りている着物を汚さないかハラハラしながらの食事では、せっかくの味を堪能することはできなかったそうです。

S子はお母さんと2人だけになったときに、「もう少し子供連れでも大丈夫なお店はなかったの?」と言われ、旦那さんの行動を口にしそうなのを必死に堪えたと教えてくれました。

七五三が無事に終わり、旦那さんが用意した高級和菓子のお土産を手に両親が帰った後、「メインは娘なのだから、子供主体で考えることが大切」とS子は旦那さんに訴えました。すると旦那さんは、「お義父さんとお義母さんに色々と心配かけさせたくないから」「俺もこれぐらいのことはできる」と反論してきたといいます。

旦那さんの見栄で無駄な出費が続いた七五三に呆れてしまったというS子。これを教訓に、孫に会わせるならS子自ら娘と実家に行くことにし、家に招くのをやめたそうです。旦那さんは時折、「泊まりに来てもらったら?」と提案してくるそうですが、七五三の悪夢を思い、S子はその申し出を頑なに拒否しています。
夫の実親への対応次第で楽に過ごせるとは言い切れない
子供のイベントに実親が参加してくれると、妻側は気楽に過ごせるので嬉しいですが、夫が自分の両親に対して過剰な接待をすると、家計にも響くので考えものです。また、両親へのおもてなしに力を入れてしまうと、主役であるはずの子供が置き去りにされてしまいます。

足を運んでくれる両親をもてなすのも大切ですが、孫の成長を一緒に祝う姿勢が何よりも祖父母が喜ぶことではないでしょうか。
中山 まち子
ヤフーニュース引用







-ライフ, 生活習慣

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.