ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


ライフ

年下彼氏が年上彼女を選ぶ“本当の理由”とは?

更新日:


ドラマなどでも最近大人気の年下彼氏! 一回り年下、1歳下など年上の彼女にとってはかわいいですよね。いまは女性が活躍する時代。自立した女性は男性側に求めるものが多くないため、自然と年下男性に魅力を感じ、男性側も年上の女性の良さに気づくパターンが増加中です。

■年下彼氏と付き合う悩み
年下の男性とつきあうことによって、年上の女性は気持ちがリフレッシュできたり、若い彼氏と並んでも恥ずかしくないようにと意識するようになって美容に気を使ったり、毎日が華やぐこともあるでしょう。とはいっても、心のどこかで、年齢差による悩みは常につきまとうかもしれません。太っていればダイエットしてやせることもできますし、知識がないのなら勉強して博識になることだってできますが、年の差を縮めることだけは不可能。年下彼氏とつきあうと、どうしても出てきてしまう悩みについて見ていきましょう。
・デートの支払いは年下彼氏か年上彼女か
いざデートをすることになって、その支払いをどちらがするのか、最初の頃は悩んでしまうかもしれません。年上の彼氏の場合、最初から食事の場所を向こうがセッティングしてくれることがあったり、お店ではスマートに支払いを済ませてくれたり、何かと“やっておいてくれる”ということもあるでしょう。
年下彼氏の場合、年が上だから女性側が支払った方がいいのか、それとも年下とはいえ男性側に主導権を握ってもらい支払ってもらうのか、悩むところ。そんなときは、最初からすっきりと「割り勘」で支払うのがベストです。そこで彼氏が「ここは出すよ」と言ってくれるようなら、甘えてしまっていいでしょう。

・年の差のあるふたりが行くデート場所
普段出かける場所が違ってくるのも、年下彼氏と年上彼女の特徴だといえるかもしれません。それに、いくつになっても女性は可愛くてキラキラしたものが好きな傾向がありますが、男性はその逆ということもあって、なかなかデートの場所をどこにするのかは悩みどころだといえそう。
もちろんテーマパークが好きだとか、音楽が好きだとか、共通の趣味があれば話ははやいですが、そうではないと考えどころです。そんなときは、素直に「どこに行きたい?」と聞いてしまいましょう。
もしも彼氏のリクエストしてきた場所が若者だらけのところで腰が重くなっても、一度は行ってみることをおすすめします。すると、彼氏の趣味嗜好も理解しやすくなりますし、次にあなたの好きな場所に連れていきやすくなります。おたがいの行動範囲をシェアするといいでしょう。

・年下彼氏が悩んでいるときにすること
年上彼女だからこそ、へんにかっこつけずに胸の内を話すことができるという年下彼氏もいますし、あなたの前ではけっして悩んでいるようなそぶりを見せないという年下彼氏だっているはず。ですが、どちらにしても、もしもあなたが彼氏の悩みに気づいたときや相談をされたときは、じっくりと心の声を聞いてあげましょう。
そこで意見を求められたら、適度にアドバイスをするのもいいですが、肝心なのは説教にならないことです。年の差があるとはいえ先輩と後輩ではなく、あくまでもプライベートで愛し合うふたりなのですから、どこまでも気遣いを忘れないようにしましょう。また、あなたにとっては乗り越えられるような問題で年下彼氏が悩んでいたとしても、バカにしたり、はっぱをかけすぎたりしないこと。“いまの等身大の年下彼氏”を応援できるといいですね。

・ホントは年が近いか年下の女性がいいのでは?
どれだけ年の差があったとしても、おつきあいが長くなるにしたがって、どんどん年齢のことなんて忘れてしまうもの。よく「長年連れ添った夫婦の顔が似てくる」なんていわれていますが、一緒にいる時間にともなって、おたがいの考えや環境が重なってくるのです。
とはいえ、年齢差があるのは事実ですから、いつまでたっても安心できないのが女心ともいえるでしょう。年下彼氏と同年齢の女性を見たときに、年上彼女は「本当はあれくらいの年齢同士でつきあっているとこんなふうかも」などと、年上の自分のことを振り返ってしまうこともあるかもしれません。ですが、よく覚えておきたいのは、「年下彼氏は年下でもなく同年齢でもない、年上彼女を選んだ」という事実です。選ばれた女性である年上彼女は、自信を持って、おつきあいを謳歌しましょう。

・年下彼氏へのプレゼントの選び方
ふたりがつきあった記念日、年下彼氏の誕生日、クリスマス……。つきあう期間が長くなればなるほど、イベントもたくさん経験することになるでしょう。そんなときに、「何を年下彼氏にあげたらいいのかな?」と悩んでしまうこともあるかもしれませんね。ふたりがつきあった記念日やクリスマスなら、おたがいに欲しいものを話し合ったり、一緒に旅行に行ったりするのもいいでしょう。
一番気になるイベントといえば、やはり、年下彼氏の誕生日ではないでしょうか。大好きな人が生まれた一年に一回のスペシャルな日ですから、ここは奮発したいところです。年上彼女の年代で似合うものと、年下彼氏の年代で似合うアイテムが違う場合もありますから、普段から年下彼氏の年代ではやっているものや好きなブランドなどをリサーチしておきましょう。気をつけておきたいのは、高価すぎるものをあげないこと。等身大の年下彼氏に似合うものをプレゼントしてくださいね。

次ページは:■年下彼氏が年上彼女を選ぶ本当の理由

> 続きを読む 







-ライフ

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.