ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


海外news

韓国競馬が「日本馬排除」で失った大切なもの | 投資 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

投稿日:


2019年9月8日は、70周年を迎えたKRA(韓国馬事会)にとっては”最良の日”だったと言えるかもしれない。何しろ、自国で開催する最高の2つのG1レースを、ついに地元の韓国馬が4年目にして初めて制覇。しかも、「天敵の日本馬」不在とは言え、「ダブル」で勝つことができたからだ(賞金総額は2レースとも10億ウォン=約9200万円)。

韓国が「世界の競馬一流国の仲間入り」を目指し、コリアカップデーと銘打ち鳴り物入りで国際競走「コリアカップ」(1800メートル)「コリアスプリント」(1200メートル、ともにダート、韓国G1)を、始めたのは2016年。

だが過去3年間、コリアカップデーは「6戦5勝」と日本馬のほぼ独壇場だった。短距離の「スプリント」こそ、2016年の第1回に韓国馬ではなく香港馬が勝ったものの、それ以外はすべて日本馬が勝利。特に距離の長い「カップ」はワンサイドの傾向が強く、日本でG1勝ちのないロンドンタウン(牡6=栗東・牧田和弥厩舎)があっさり連覇。2018年には”衝撃の15馬身差”で圧勝したことは、「韓国馬が地元G1で日本馬にボロ負けする理由」で書いたとおりだ。

このレース後に薪浦亨オーナーが「来年(2019年)も来ます。3連覇を目指します」と宣言した際、韓国競馬関係者の間には、半ばしらけたような微妙な空気が流れたものだ。

そのとき、私も「開催されれば3連覇は確実だろう」と書いたのだが、日韓関係の悪化を受け、日本馬が招待されないという異例の事態に陥った。

https://toyokeizai.net/articles/-/315999

■世間の声

  • 日本もノー韓国をしなくちゃダメ。政経は別とか大人気ないとか言ってる奴ほど精神的に子供だ。
  • ロンドンタウンに15馬身差で負け、理由つけて排除。レベル上がるわけねー
  • なんか文明を恐れる未開の原住民の国みたいだね
    よく言って鬼畜米英や攘夷運動レベル
    国民の民主教育を徹底しないとこう言うファシズムに陥る
  • 今年から前出の両レースは「国際G3」に認定される予定だったが、格付けの基準となるレーティングを高めてきた日本馬が不在のため、格付けが取り消されてしまった。
  • 本当にバカな国🤣
  • 競馬界もリ地域かwww
  • 韓国競馬会が「日本馬排除」で韓国人熱狂!
  • どちらかといえば韓国は好きな方だったが 最近は どうでもよくなってきた。わがままにもほどがある。
    ただ 韓国政府と国民の感情 考えか同じ方向を向いているのか???
    それだけ興味あり。
    いろんな意味で残念だ。

■管理人から一言

歴史がないのでしょうがない。しょうがないからといって受け入れられるわけではないが。







-海外news

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.