ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


エンタメ

「嵐」抜き年末年始出演1位に 山里亮太に「蒼井優バブル」到来

投稿日:


年明けから広告業界関係者の間で話題になっている調査結果がある。それはテレビ番組・CMのリサーチ会社「エム・データ」が6日に発表した「2019年~2020年の年末年始TV番組出演ランキング」だ。

19年12月28日から20年1月3日までの1週間に放送された在京キー局のテレビ番組(NHK・Eテレは除く)にタレントがどれだけ出演したかを調べた調査で、関係者いわく「今年の広告業界を占う上での試金石」だという。

このランキングで1位に輝いたのが、出演本数17本の南海キャンディーズ・山里亮太(42)で、前年の圏外から一気にトップに躍り出た。ちなみに昨年のトップは嵐・二宮和也(36)で、ほかの上位も嵐のメンバーがほぼ独占。今年も6位タイに大野智(39)、松本潤(36)、二宮の3人が出演本数13本でランクインした。山里は例年、嵐のメンバーが上位に君臨するランキングで、いきなりトップに立ったことになる。

昨年の芸能界は吉本芸人闇営業騒動や、沢尻エリカらの薬物スキャンダルと暗いニュースが多かったが、唯一明るい話題を提供したのが山里だった。女優の蒼井優(34)と結婚し、会見を開いたのは昨年6月5日。この日以来、山里の元にはイベント出演や講演依頼のオファーが殺到しているという。

それまで“非モテ”のこじらせキャラを売りにしていた山里が、いきなり8歳年下の人気女優をゲットしたことで、その“日本一の強運の持ち主”のオーラに触れたがる、にわかファンが会場に押しかけていると聞く。

「広告業界ではポスト中居正広の筆頭格といわれる嵐の相葉雅紀、あるいは先日のビデオリサーチ社の『正月テレビCM出演ランキング』で上位にランクインしたムロツヨシあたりが主流になるとみられていました。それを、ここにきて山里が追い抜いた格好です。山里が蒼井さんとの結婚を発表してから半年以上が経過しますが、その勢いは少しも衰えていません。さらに山里が凄いのは、ファン層の裾野の広さです。高齢者から小学生まで、幅広い年齢層が山里の背中を押しています」(広告代理店関係者)

テレビ・ラジオ、劇場、イベント出演などの出演スケジュールは、吉本興業のトップであるダウンタウンに迫る勢いだともいわれている。

■蒼井優とのCM共演は?

そんな山里をめぐって、今、大手クライアントが密かに交渉を進めているといわれるのが蒼井との夫婦共演CMだという。この企画を狙って、今、複数の大手クライアントが水面下で激しい駆け引きを繰り広げている。

「山里は大変サービス精神旺盛な芸人さんですからハードルが低いですが、問題は蒼井さんの方です。どこまで私生活を切り売りすることができるかが問題になってきます。もし2人でCMに出演するとなれば契約料と出演料を含め1億円近い金額が発生することは間違いありません」(前出の広告代理店関係者)

ただ、トップ女優である蒼井は山里との夫婦共演で色がつくリスクがあるのも事実。強引に企画を進めようとすれば、夫婦の間に軋轢が生じるかもしれない。

蒼井との結婚が原因でトップに上り詰めそうな勢いの山里。有頂天になる気持ちは分からないでもないが、自爆だけは避けてもらいたいものだ。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000003-nkgendai-ent




【上記ニュースに寄せられたコメント】

rar | 「テレビ・ラジオ、劇場、イベント出演などの出演スケジュールは、吉本興業のトップであるダウンタウンに迫る勢いだともいわれている。」
→今のダウンタウンはラジオや劇場やイベントに出ることはほとんどないので、この書き方は明らかに「飛ばしすぎ」ではありますが、コツコツと実績を積み上げてきた山里さんがいま引っ張りだこになっているのは事実です。
結婚を機にこれまでの卑屈キャラをバージョンアップさせて、ますますスキのない芸人になっていくのは間違いないと思います。

nak | ここ数年、漫才コンビ「メッセンジャー」のあいはらさん、山里さんらと12月に大阪でトークイベントを行うのが恒例になっているのですが、昨年も12月6日に開催しました。
打ち合わせも何もなく、開演直前にそれぞれが劇場に入り、あとは本番で思いのたけをぶつけ合うというものなのですが、イベント最大の名物となってきたのが、山里さんの“今年の恨み節”。
その年に出会った人間、関わりを持った人間の中で、とにかく腹が立った出来事を事細かく、恐ろしいまでに生々しく語る。
あまりのガチンコぶりに、お客さんが引くこともあるくらいですが、昨年はそれが実にマイルドになっていました。
だからといって、面白くないわけではなく、笑いの量は例年にも増して多かったのですが、いわば『味付け』が変わっていました。
ここからモデルチェンジした山里亮太第二章が始まるのでは。そんな期待も膨らむ時間でした。

> 続きを読む 







-エンタメ

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.