ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


エンタメ

沢尻エリカ被告に早くも復帰プラン 唐田えりかと“Wエリカ”構想

投稿日:


東出昌大(31)との不倫が発覚し、世の女性たちの猛反発で一部では「引退危機」も囁かれる唐田えりか(22)。所属事務所は「本人は軽率な行動を深く反省しております」「自分の弱さ、愚かさ、甘さを深く受け止め、向き合いたいと思っています」と即座にコメントを出したが、レギュラー出演していた連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系)の緊急降板が発表され、今年春以降に予定されていた複数のドラマやCM出演の話も立ち消えとなった。

しかし、唐田としては「謹慎期間が過ぎたら、できれば女優活動を再開したい」と願っているようだ。確かに、唐田は今回の件で多くの女性を敵に回してしまったが、女優を辞めなければならないほどの悪事に手を染めたのかといえば、判断が分かれるところだろう。

「唐田は不倫騒動の当事者として激しい非難を浴びています。ただ、発売中の『週刊文春』が妻子ある東出との不倫関係に悩んで別れようとした時期があったこと、言葉巧みに接近したのは東出の方だったことなどを報じています。当時まだ未成年だった唐田が、9歳年上の“チャラ男”にちょっかいを出されて弄ばれたという同情的な見方も芸能界にはあります」(芸能プロ関係者)

業界では東出との不倫のきっかけとなった映画「寝ても覚めても」での演技力、男性ファンが激増したといわれる「ソニー損保」のCMで見せた唐田の透明感を高く評価する関係者も少なくない。所属事務所も「唐田には女優としての才能がある。ほとぼりが冷めたら、もう一度プロモーションしていきたい」と考えているという。

「仮にテレビ出演ができなくても、舞台や映画で少しずつ露出を増やしていく方法もあります。唐田さんの事務所には広末涼子さん、戸田恵梨香さん、有村架純さんといった看板女優が何人もいます。彼女たちと“セット”にすれば仕事は取れるし、復帰自体はそれほど難しくありません。問題は世間がそれを受け入れるかどうかでしょう。もし批判が出たとしても、『唐田えりか』という芸名を捨てて改名すれば軽減できると思います」(前出の芸能プロ関係者)

■沢尻被告と唐田の事務所は業務提携

実は早くも水面下で驚くようなプランが進んでいる。自宅マンションで合成麻薬MDMAを所持したとして、麻薬取締法違反の罪に問われた沢尻エリカ被告(33)の初公判が1月31日、東京地裁で開かれた。沢尻被告は「女優への復帰は考えていません」と法廷で語ったとされるが、所属事務所「エイベックス・マネジメント」は、復帰プロジェクトについて知恵を絞っている最中だという。そのひとつに、沢尻被告が実姉のように慕う蜷川実花監督が手掛ける映画かドラマの企画があるといわれている。

「沢尻被告と唐田の事務所は2007年に業務提携を発表し、その後も関係解消はしていません。“蜷川監督プロデュース作品”で沢尻被告が主演し、唐田が何らかの形で出演する可能性もあります」(前出の芸能プロ関係者)

問題は「あの子は生理的に受け付けない」という唐田に対する女性たちの拒否反応だろうが、沢尻被告と共演すれば、唐田は“清純派”の看板を捨て去ることもできるはずだ。果たして“Wエリカ(えりか)構想”は実現するのだろうか。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00000004-nkgendai-ent




【上記ニュースに寄せられたコメント】

(^O | 沢尻さんは女優復帰は考えてないと言っているのだから、周りがこう煽てたりするのはよくないよね。全部ではないけどマスメディアってほんとに最低。

may | それこそ、バッシングの嵐になると思いますが。。。
そんなに大事なんでしょうか???

> 続きを読む 







-エンタメ

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.