ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


不倫

夫が不倫! 離婚を決意したのに「円満夫婦」に戻れたのはなぜだったのか?

更新日:


「築くのは一生、壊すのは一瞬」。これは、結婚生活における信頼のことだ。先日「注意1秒、ケガ一生」という交通安全の標語を見て筆者が思いついた言葉だ。

今、世の中が不倫ニュースで騒がしい。「育児中の妻と家庭を傷つけた男女は地に落ちろ」といった物騒な言葉や、「他人のことを断罪するのは日本人の悪い癖だ」という謎の日本人論まで様々な意見が飛び交い、非常に興味深い。

世に出回っている記事には「不倫夫と別れる方法」や「不倫男女の不幸な結末」など、憎悪をエスカレートさせる記事には事欠かないが、意外と「相手の不貞を乗り越えた」という実例が少ない。

というわけで、今回の記事の趣旨は、筆者が体験した配偶者の不倫と、その局面をどうやって乗り越えたかを淡々とつづっていきたいと思う。

結論から言うと、現在、夫とはとても円満だ。不倫経験をした人、された人にとっては参考になる部分もあるかもしれない。
不倫発覚時のことを簡単に…
2010年代初め、周囲から「誠実」と言われた夫の不倫が発覚した。いわゆる、社内不倫だ。

当時、私は3歳と2歳の男児の世話に追われていた。

夫の仕事は激務で、残業後の飲み会が多い職場。午前0時をまわっての帰宅が定期的にあり、不審に思って彼が過去に使っていた携帯を開いて不倫が発覚した。2年にわたって、2カ月に1度程度、相手と会っている形跡があった。

中でも「今日は新しい下着だよ☆」というメールを見たときは、怒りで震えた。

そのとき最初に感じたのは、嫉妬の感情とはかけ離れたものだ。

こちらは毎日のように髪を振り乱し、子の食べこぼしにまみれ、トイレトレーニングで失敗した排泄物を処理し、大切なお金を節約し、夫の親戚づきあいもがんばって……という変身前のシンデレラのような生活が延々と続いている。

それなのに、家庭を一緒に運営するもう一方が放蕩にふけり、「恋愛のいいとこどり」をしていることに、殺意にも近い怒りを覚えた。

と同時に、育児をしている自分が全否定されているような気持ちになり、自己肯定感はバラバラに散っていった。

ところがその後、思わぬ展開となる。

「義実家」が完全に味方
夫の不倫は、実母には相談しなかった。いわゆる、昭和の良妻賢母を地でいく女性だったので「あなたにも悪いところがある。きっと家庭の居心地が悪かったのだ」と言われるのが目に見えていたからだ。

離婚を見据え、義理の両親を交えて家族会議を開いた。そこで義母は泣きながら意外な言葉を口にした。

「こんなに子どもに愛情を注いで育児をがんばる素晴らしいお嫁さんは他にはいない。私の息子の育て方が悪かった。こいつを一緒に追い出そう」

私も涙が出た。夫の中では、誰も自分の味方がいないこと、自分が重大な過ちをおかしたことの実感はどんどん大きくなっているようだった。
不倫相手と対面! その印象は意外にも…
その後、私はある行動に打って出た。

夫に子どもを預け、不倫相手に連絡をとって会いにいったのだ。

お世辞にも美人とはいえない地味な女性だった。そして、既婚者だった。かつ、直属の男性上司とも関係していた。夫は「彼女に愛はない」と言っていたが、彼女もまた不足した愛をどこかで埋め合わせているように見えた。

個室の居酒屋で初対面の彼女に酒をおごり、淡々と話していると、彼女がどうしても幸せに見えなかった。もし、彼女がものすごい美人で、幸せそうで、夫を愛していたなら許せていたのだろうか……。

今でもわからない。

彼女と別れた後、出産後初めて深夜まで家を離れた。心から信頼できる女友達と繁華街で飲んでいると、若い男性2人組に道で「一緒に飲まない?」と声をかけられた。いつもなら断っているはずが、その日は一緒に飲んでみることにした。

「本当にきれいですね」。こんな下心のあるしらじらしい言葉でさえ、ヒビだらけの心に染みいる。

非日常とはこういうものか、と夫が感じていた日常から離れる高揚感を想像した。彼らとは連絡先も交換せずに、逃げるようにタクシーに乗って帰ったが、粉々になった自己肯定感の小さなかけらを2粒くらい拾い集めたような気持ちになった。
「フラッシュバック」との闘い、めげずに応じる夫
その後、離婚話はいったん保留にし、「しばらく様子をみてみる」と決めたものの、しばらくは「フラッシュバック」との闘いだった。

なぜ裏切ったのか、どんなきっかで始まったのか、なぜ何度も繰り返したのか、相手との行為はどうだったのか、自分と相手は何が違ったのか、いつどんなウソをついたのか、ちゃんと避妊はしたのか……。

ふとした瞬間にそんな気持ちがあふれ、激情とともに問い詰めると、夫はいつも問いに答えた。そして、そのたびに私のことを「愛してる」と言う。

日中、子どもと公園や児童館で遊んでいても、「育児中の自分の姿はきっと魅力がなかったのだろう」と急に自信を失い、涙が出そうになる瞬間が訪れ、長文のメールを打つこともあった。

すると、いつも謝罪の言葉がかえってきた。夫は不必要な飲み会には参加をしなくなり、自宅では家事をし、育児にかかわるようになった。

そうして1年後、憎しみがあふれる瞬間は減り、問い詰めてもとことん自分と向き合う夫を見て「実は、この人に愛されているのかもしれない」という気持ちになり始めていることに気づく。

次ページは:長い時が過ぎてわかったこと

> 続きを読む 







-不倫

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.