ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


女性の悩み

年収400万円は低い…「結婚」を決めるとき本当に重視すべきこと

更新日:


「年収400万円の男性」と聞くと、どのような印象を持ちますか? 「結婚相手としてはちょっと…」「結婚後は裕福な生活ができなさそう」と、ネガティブに感じる方も多いのではないでしょうか。なかには、「年収400万円は低い」と捉えている人もいるかもしれません。

たしかに結婚後の生活を考えると、経済的に余裕のある男性を選びたくなるのも無理はありません。では本当に、400万円という年収は結婚をためらうほどのスペックなのでしょうか。結婚と年収の関係性について、改めて考えてみましょう。

平均年収=400万円という現実
まずは、国税庁が2019年9月に発表した「平成30年分民間給与実態調査」から、平均年収の実態を見ていきましょう。この調査の結果、「1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与」は441万円であることが分かりました。なお、男女別では男性が545万円、女性は293万円となっています。

こう見ると、年収400万円というラインは男女合わせた平均年収と一致しています。年収400万円は決して低い給与水準ではなく、あくまでも平均的な層であると捉えておきましょう。

収入面を重視した結果、後悔している女性も
とはいえ、やはり高収入の男性に人気が集まりやすいのも事実です。それほど、結婚相手に対して収入面を重視している人が多いということでしょう。

その一方、この判断基準を後悔している女性も存在します。一体、どのような背景があったのでしょうか。その経緯を詳しく聞いてみましょう! 

・「自営業をしている彼が『今月は100万円の収入があった』というので、『この人と結婚すれば安泰だ』と喜んでいました。ところが…結婚直前になって、彼の手取り収入は月に20万円ほどであることが判明したのです。

どうやら、100万円というのは経費を引く前の金額だったとのこと。実際に手元に残るのは、そのうちの2割ほどしかないそうです。『話が違うじゃないの!』と言いたいところですが、すでにお互いの両親への挨拶も済ませている状態…。彼のことが好きとはいえ、ちょっと騙された気分です」

・「年収を重視して婚活に取り組み、年収800万円の彼と付きあうことに。心のどこかで、『これだけ収入があれば、結婚資金はしっかり貯まっているはず』なんて期待していました。

大切なのは年収だけではない
自営業や歩合制の企業に勤めている場合、毎月の収入に波があることは珍しくありません。また、高収入ではあるものの、貯金をほとんどしていない男性も存在します。そう考えると、一時的な収入や年収の高さで結婚相手を決めるのは、あまり得策ではないと言えるでしょう。

なかには、「金銭感覚が合わず夫婦喧嘩ばかり」「夫が仕事中心で、すれ違い生活を送っている」という声も耳にします。高収入だから、ビジネスで成功しているからといって、必ずしも幸せな結婚生活が待っているとは限らないのです。

その一方、夫が年収400万円でも共働きで家計を支え合っている家庭や、同じ価値観のもとで平和な日々を過ごしている夫婦もたくさん存在しています。年収も大切ですが、それだけで結婚後の幸せが保証されるわけではありません。収入面ではなく、「金銭感覚は一致しているか」「2人のライフスタイルは似ているか」といった点もチェックしておきたいですね。
まとめ
結婚相手を選ぶ際の条件の1つに、「高年収であること」を掲げている女性は少なくありません。しかし、平均年収は400万円というのが現実です。

「平均的な収入があるのなら十分」なのか。はたまた、「高収入の人と比べるとまだまだ低い」のか…。あなたは、年収400万円をどちらのように捉えますか? 
LIMO編集部
ヤフーニュース引用
しかし、結婚の話が進むなかで、彼の貯金額が80万円しかないことが発覚! 今までは毎日のように外食をしたり、趣味にお金をつぎ込んでいたりと、思う存分お金を使っていたそうです。そんな話を聞いているうちに、『こんな浪費家の人と結婚して大丈夫なのかな…』と不安になってきました」







-女性の悩み

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.