ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


海外news

新型ウイルス、最初に警告の医師が死去 中国・武漢

投稿日:


中国で多数の死者を出している新型コロナウイルスの流行について最初に公に警告した人物の一人で、その行為によって当局から戒告を受けた中国の医師が7日未明、ウイルス感染が原因で死去した。勤務先の病院が明らかにした。

武漢市中心医院(Wuhan Central Hospital)は中国版ツイッター(Twitter)「微博(ウェイボー、Weibo)」の公式アカウントへの投稿で、李文亮(Li Wenliang)医師(34)がウイルス感染により午前2時58分(日本時間同3時58分)に息を引き取ったと発表した。

新型ウイルス流行の中心地である武漢(Wuhan)で眼科医として働いていた李医師は、2002~03年に流行し多数の死者を出した重症急性呼吸器症候群(SARS)に似た症状を示す患者がいることに気付いた。

李医師は12月30日、同僚らに送ったメッセージでこのことを伝えたが、後に他の告発者7人と共に警察当局から「うわさの流布」の疑いで出頭を求められた。

李医師はその後、患者の治療中に新型ウイルスに感染。中国のインターネットユーザーの間で英雄視されていた。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-00000003-jij_afp-int




【上記ニュースに寄せられたコメント】

shi | 『口封じ』…と疑ってしまうのは中国だからかなー。
中国側の公式発表って、あてにならないし嘘が多いし。
早い段階で警告していたのに、当局は動かず公表せず。
新型肺炎が終息した時の検証であれこれ言われないようにってね。

> 続きを読む 







-海外news

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.