ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


ライフ

介護で知ったきょうだい格差 娘は“サンドバッグ” うつの母から優遇される兄と弟への抱いた「心の闇」

更新日:


母方の祖父が認知症に 仕事を辞めて母が自宅介護を
 認知症の父と向き合う筆者が綴る連載「アラフィフ娘の明るい介護」。免許返納や自転車“盗難”、そして入院など、これまで父の介護で直面したことや率直に感じたことなど赤裸々に記してきました。すると、記事を読んだ友人が「実は私も……」と悩みを打ち明けてくれました。彼女はまだ30代前半。すでに実家から出て1人暮らしをしています。両親はご健在。しかし両親と同居する祖父が認知症を発症したことで、母親が退職し介護をすることに。それがきっかけで彼女自身、兄や弟ら家族に抱いていた「闇」の存在に気付いたといいます。一体何が起こったのでしょうか?

「実は私も、介護で悩んだことがありまして……」と重い口を開いた友人は、次のように話し始めました。

 私の両親は、母方の祖父母と一緒に暮らしていたのですが、祖母は3年くらい前に亡くなりました。思えばそのあたりから、祖父の言動がちょっとおかしくなっていきました。病院でようやく検査を受けたのが一昨年。そこで、祖父が認知症であることが分かりました。

 ほどなくして、頻度は少なかったのですがたまに徘徊をするようになり、迷子になって警察のお世話になることが増えていきました。祖父を預かってくれる高齢者向けの施設がないか探してみたのですが「要介護1」ということもあって、現状入れるのは民営の値段が高いところばかり。

 そこで、父母ともにフルタイムで働いていましたが、月に何十万円もの出費は現実的に厳しいので、仕方なく母が会社を辞めて自宅で祖父の面倒を見ることになったんです。

 母は、地元の小さな建築会社で事務をし、大の男たちにハッパをかけるほど気が強いんですよね。「おじいちゃん1人の介護くらい、何とでもなるわよ!」と最初のうちは豪語していました。でも、慣れない介護にみるみる疲弊していったんです。
会社を辞めて祖父の自宅介護を始めた母 愚痴の電話が頻繁に
 友人は、そう一気に話すと一息つきました。彼女は大学進学を機に、家族が住む北関東から離れ、勤務先のある都内で1人暮らしをしています。兄と弟が地元にいるようですが、それぞれ結婚をして家を出ているとのこと。そのため、独身の娘には電話連絡がしやすかったのでしょう。彼女の携帯電話には、母親から1日に何度も電話がかかってくるようになったそうです。

「最初のうちは、母が疲れているのだろうと思い、必ず電話に出て、出られなかった時にもできる限りすぐに折り返すようにしていました。でも、電話に出ても、聞かされるのは祖父の介護の愚痴ばかり。それも同じことを何度も何度も繰り返すんです」

 友人は、介護する母の大変さを思い、当初は電話での愚痴を真剣に聞いていたそうですが、次第に「限界」を感じ始めたといいます。

「母だけがつらいことは間違いないし、愚痴が言いたくなるのは分かるんだけど、それを毎日毎日、無限ループのように聞かされると、こっちまで気が狂いそうになってくるんですよね。ひどい娘だとなじられても仕方ないのですが、電話が怖くなってしまって……」

 電話攻撃を我慢し続けて3か月。軽い帯状疱疹が出てしまい、病院で「ストレスを軽減しないと、もっとひどくなりますよ」と注意されてしまった友人は、それ以降、母親からの電話にできるだけ出ないようにしたといいます。

「電話をやめたことで、私自身はすごく楽になりました。でも、それもたった数日のことでした。母からの電話の頻度がますます上がってしまって、電話に出るまで何十回もかけてくるようになったんです」

母親が介護うつに 祖父を受けれてくれる施設が見つからない…
 実家に近い兄と弟に連絡を取り、週に1度程度、交代で母親を外に連れ出し気分転換に行ってもらうよう頼んだという友人。しかし、母は息子たちにはまったく愚痴を吐かないためか、兄から「俺たちには、お母さんのどこがおかしいのか分からない。お前の言っていることの方が信用できない」と責められてしまったといいます。

「この兄の言葉で、何か逆に吹っ切れちゃって……この間、会社に海外勤務の希望を出しました。冷たい娘だと言われてもいいんです。母も、近居の兄と弟に対して愚痴や文句を言わずに済むのであれば、兄と弟が母の面倒を見るべきでは? と思うので。それに母の苦労も、祖父が入院すれば改善されることですよね」

「思い返してみれば、昔から、何かと兄と弟だけが優遇されて、私だけが母のサンドバッグになってたんですよね。1人暮らしが長かったため忘れていました。こうしたことに改めて気付けたことに関しては、祖父に感謝をしています」

 悲しいかな、認知症の介護から、これまで封じ込めていた家族の「闇」をも引きずり出されてしまった友人一家。言い換えれば、それほどまでに「介護」が、周囲に負担をかけるということでもあるのです。

 認知症患者の賠償責任保険への無償加入、24時間対応のコールセンター、GPSによるかけつけサービスなど、認知症患者を持つ家庭の負担を少しでも減らそうとする取り組みを始めている自治体もあるようです。このような取り組みがなるべく早く全国に広がっていくことを願ってやみません。
和栗 恵
ヤフーニュース引用







-ライフ

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.