ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


スポーツ

PL学園卒・桑田真澄氏、救済してあげたいが夏のアドバンテージは違う

投稿日:


19日に開幕予定だった第92回センバツ高校野球大会の臨時運営委員会が11日、大阪市の毎日新聞社で開かれ、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、1942~46年の戦争による中断を除き、史上初めて中止になることが決まった。4日には無観客で開催する準備を進める方針を示していたが、主催者は選手の健康と安全を第一に考えて1週間で方針を転換。PL学園卒・桑田真澄氏は「春と夏は別の大会なので、夏の大会に何かアドバンテージを与えるというのはちょっと違うように感じます」と語った。

* * *

努力して秋の大会で好成績を残し、甲子園出場を決めた選手たちにとっては、本当に残念で悲しすぎると思います。しかし、今回の決定はコロナウイルスの感染拡大を防ぐための判断です。今の状況を考えると、しょうがないと思います。感染者や医療従事者など、当事者の方々を思いやるとともに、スポーツは世の中が平和であってこそできるものだと学んでほしいです。

選手たちの気持ちを考えると、何か救済してあげたいとは思いますが、いい案が浮かびません。ただ、春と夏は別の大会なので、夏の大会に何かアドバンテージを与えるというのはちょっと違うように感じます。体調管理に努めながら、さらに実力を伸ばし、夏の甲子園出場を勝ち取ってほしいです。(PL学園で甲子園春夏通算20勝、スポーツ報知評論家)

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-03120023-sph-base




【上記ニュースに寄せられたコメント】

xyi | 桑田さんの言う通りだと思います。
世の中が平和であってこそのスポーツであり、教育ですから。辛い経験をした球児の皆さんは、この経験を活かして、次代の日本を支える立派な人間になってほしいです。

m34 | 皆が開催するしない、延期にするしない、救済措置をどうするか、そのことばかりを論じている中。
>感染者や医療従事者など、当事者の方々を思いやるとともに、スポーツは世の中が平和であってこそできるものだと学んでほしいです。
論点はずれるけど流石のコメント、感心させられた。

*** | >感染者や医療従事者など、当事者の方々を思いやるとともに、スポーツは世の中が平和であってこそできるもの。
高野連も各学校の監督もこの事をしっかり選手に伝えるべきですね。球児の夢を潰した、などと言う監督もいたけどそれは違うでしょう。
球児には桑田氏のような思いを持って、夏に向かって頑張って欲しいです。

kei | 桑田氏の言う通り!
注目されている競技だから、昨日夕方からいろんな形で報道されている。
少し違和感があるのが、悔がって泣いている選手達の映像が映る。もちろん、私も野球をやっていたので同情するが、あまりそこをクロースアップするのはいかがなものか?
他のスポーツ・イベントで涙を流した同じ高校生も多いはず。そこも少しは報道して欲しい。

mar | 非常に良い言葉です。
甲子園にでること以前に野球(スポーツ)をできることのありがたさを感じてもらえればと思います。
必ずこれからの人生の糧となりますよ。

you | さすが、と言うほどに桑田氏のことを思っていたわけではないが、これに尽きると言えるくらいの正論だと思う。
高校野球は教育の一環。
当たり前に思っている日々が、全て世の中が平穏、平和である前提に成り立っているということを感じる貴重な経験になったはず。

bam | 地方予選があるだけに下手すりゃ夏の大会も危うい。
本当に高校野球を始め各種催しを開催したいのなら不要不急以外は外出を控えて大人しくしていることですね。
今の状況では五輪も無理かもなぁ。

tka | そう思う、今は感情だけで春出場予定だった高校も入れてって意見もあるが実際問題日程とかで無理だろうし。
それなら日本シリーズも終わった後に甲子園で大会をしてあげた方がよい。
新三年生は受験前で忙しかったり夏の大会終わったら引退する慣例が崩れたりとか色々あるだろうけど。

ura | 幻の甲子園になってしまった球児は、本当に残念だし、無念でしょう。コロナの代償は球児にとってはあまりの仕打ち。が、こんな時節、開催はリスクと非難は避けられないでしょう。となったら、球児には変わる何かのチャンスをあげたいと思うのが人情。それも甲子園の事ですから、甲子園でそのチャンスを与えたいものです。桑田さんが言うように、夏の大会とセンバツでは、結果を残した時期も違うし、勝ち抜きと選抜と形態も違う。よって別に考えるのが普通でしょう。となったら別の方法で、関係者が議論して、それ相応の場を与えてあげる、それが球児のへの、せめてもの報いなのでしょうか。

gre | 同じ甲子園でも春と夏じゃ、サッカーで言うならコンフェデとW杯くらい違う。21世紀枠みたいな高校が、地方予選を勝ち抜いた高校と、まともに試合出来る訳がない。まして優勝候補の高校と試合しようものなら、ある意味、相手に失礼なくらいの結果になるかもしれない。いや、なるだろう。甲子園にはコールドゲームもないし、力の差がありすぎて試合が何時間もかかって、次の試合を控えている高校に迷惑をかけることも十分ありえる。テレビ中継だって、かなり精神的な負担になるだろう。今回の選抜に出れなかった高校は、マジで可哀想だと思う。勝ち負け別にして、甲子園の土を踏むのも球児にとっては、貴重な人生経験になると思うけど、やっぱり夏は地方予選を勝ち抜いた高校だけにしたほうがいいんじゃないか。桑田さんの意見は最もだと思う。

【newscollege管理人コメント】

桑田さんの言葉には重みを感じますね。努力を重ねてきた球児達には残念な形になってしまいますけど。
こんな時だからこそ、大人たちの行動は球児達が納得いく大人な対応をしてほしい。







-スポーツ

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.