ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


海外news

「一生に1度の大バーゲン」、世界の超富裕層が株式爆買い

投稿日:


世界各地の市場が混乱する中で、世界の超富裕層の一部は投資先企業の株式買い増しに合計10億ドル(約1100億円)以上を投じた。

当局に提出された文書によると、アクティビスト(物言う投資家)のカール・アイカーン氏は米レンタカー会社ハーツ・グローバル・ホールディングス、家庭用品や事務用品などを手掛ける米ニューウェル・ブランズの持ち株比率をそれぞれ引き上げた。ウォーレン・バフェット氏の持ち株会社はデルタ航空の株式を追加。テトラパックの親会社テトララバルの資産相続人らは、香料メーカーの米インターナショナル・フレーバー・アンド・フレグランス(IFF)の株式に3億1700万ドルを投資した。

過去数週間に世界各地の株式指数は急落。新型コロナウイルス感染拡大による長期的な影響への不透明性が主な理由で、航空会社やショッピングモール運営会社などは時価総額が半分以下に減少した銘柄もある。

だが、企業幹部や取締役会メンバー、大株主らは自らの企業の株式をハイペースで買い進めている。売却に対する購入の比率は、2011年以来の大きさ。アクティビストのビル・アックマン氏らは、新型コロナ感染拡大に歯止めをかける措置が強化され、それが効果を表していることが判明し次第、株式は急速に反発すると楽観している。

アックマン氏は18日、「現在の危機が正しく制御されるなら、一生に1度あるかどうかの大バーゲンだ」とツイート。そうなるための条件に、米国が一時的に国境を閉鎖することなどを挙げた。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-13729754-bloom_st-bus_all




【上記ニュースに寄せられたコメント】

m_m | 災害でインフラが破壊された訳でもないし、金融危機の時のように負債により金融機関や政府が破綻したわけでもないからお金もある。
ワクチンや治療薬が開発されて人とモノが行き来出来るようになれば自然と元には戻るだろうね
問題はそれまで企業が耐えられるかと言う点

nps | ジムロジャースという有名な投資家がいるが、やたら韓国を推していた
まるで飛ぶ鳥を落とす勢いで成長する新興国のように
しかし実際は大暴落で年内にウォンが破滅的な安値になり深刻な経済危機になるだろう
有名な投資家はいずれ大暴落する株を買わさて空売りでボロ儲けする戦略だ
本当に買いならこそっと買いますよ笑

ghk | 俺もバーゲンセールだと思うけど、企業の疲弊が物凄い。
終息しないと連鎖的にバタバタと企業は倒れていく、お金の血の巡りが無い以上ヤバイのかもしれない。
生産活動も社員のコロナの発症でやりにくくなるし。不安要素をなんとか取り消さないと

at* | 下落相場の中で、戻り売りをして手放したい奴らがコメントしているだけだ。
下落相場はまだまだ序盤、これからもっと下がる。
素人は騙されてはまずい局面だ。
ただし、株主優待や高配当が所有目的で長期保有を覚悟の上ならば、ごく一部の優良銘柄を最低単元だけ買ってみるのは、アリかもしれないね。

hir | リーマンの時もバーゲンセールだったけど、あの時は余力を残してなかった。損切りした銘柄と塩漬けで残した銘柄があるが、後者はプラスに。
今回は、その教訓を得て充分な余力があり、バーゲンセールとは思うが、アメリカ株が上下しすぎてまだ怖い。

lzf | 反転はまだまだ。先行きが見えない限り買材料がないので下げ続けるはず。下がった株を拾うのは賢明なだとは思うよ。企業の傷は深いので時間はかかるだろうが必ず元の水準に戻る。リスクを取れるもの、投資し続ける資金力のあるものが最後に総取りするのだ。

umi | 自分で実際に株や為替取引を行っている人や証券会社が、自分の売買やこれからの予想を語る行為。
これを「ポジショントーク」といいます。
バフェット氏のような大金持ち(=投資資金が豊富)で、「投資の神様」として世界中の投資家や企業から注目される人物は、何かを発現する事によって、実際に株が上がったり下がったりします。
つまり、バフェット氏が〇〇は良い銘柄なので買った!と言えば、それを聞いた人が多数買うので実際に上がるし、バフェット氏にとっても儲かる訳です。
但し、今回のような市場全体の乱高下の際は、誰にも予想が出来ないので、カリスマ投資家であっても大損食らって市場から消える事もあります。

gek | 確かに大バーゲンだとは思うが、資金力の有無でこのチャンスを活かせる富豪層と一般層とで差が出る。含み損を抱えた一般投資家が大勝負にでるにはリスキーだが、余裕資金があればあるほど長期保有も可能だからチャンスはチャンスだろう。一般人のとるべき対応は、しかるべき治験薬が開発されるまで相場には手を出さないというのが妥当だと思う。

jur | 株価が元に戻るか戻らないかだが、それは、今回のウイルス騒ぎが落ち着くか落ち着かないかだ。
もし、今回のウイルス騒ぎが何年も落ち着かず、世界の人口の半分くらいが死ぬ事態になったら、そりゃあ株価は元に戻らないだろう。でも、そんな自体になるとしたら、自分も半分の確率で死ぬってことだし、死なないとしても、もはやお金なんて持っていてもしょうがない世界。つまり、株の損なんてどうでも良い世界になっている。
逆に、そんな自体にさえならなければ、数年で株価は元に戻る。
よって、私の中では、今の状況は「買い」です。

*** | 今は10年に1度の大バーゲンだと思うけど、上がる銘柄ともっと暴落する銘柄が二極化するだろうな。
銘柄は選んで買わないともっと下がるケースもあるだろうな。

【newscollege管理人コメント】

投資の世界は騙し合い。恐怖や不安につられた民衆が狩られていく。
これからどうなるか的確なシナリオを持ちえた人間が勝ち組になる。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス







-海外news

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.