ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


ライフ

新型コロナに「2度感染する」ことはある? その疑問について専門医が回答

更新日:


新型コロナウイルス(COVID-19)に関しては、答えより疑問のほうが多い気がする。他人との接触を避けるとか他の安全措置のガイドラインに従うことが緊急課題になっている中、みんなが特に疑問を感じていることのひとつが、新型コロナウイルスに2度感染することはあるのか?ということだ。

2度感染する不安が最初に生じたのは、日本政府が、40代のある女性がコロナウイルスの治療を受けて2月1日に一度退院したのに、26日に再び陽性になって入院したと発表した時だ。

しかし、その後は、彼女が本当にコロナウイルスに2度感染したのか、最初の入院で完全に回復しなかったのではないか、あるいはどちらかの時の検査が失敗だったのではないかと推測されるとニュースでは報じられている。

「検査の確度の問題はあります。緊急に作られた検査キットのため、その確度に悪影響を与えかねない複数の要素があることを考えれば、無理もありません」と、ノースウエスタン・レイク・フォレスト病院の集中ケアユニットの医療ディレクター、ランディー・オー医師は説明する。

つまり、2度感染するかどうかというのはそれほど心配ではないと考える根拠があるということだ。

「過去の歴史から、一度新型コロナウイルスにかかった患者にはかなりの程度の免疫ができたり、数カ月以内に再びそのウイルスに感染しない防御ができたりすると思われます」と、彼。

言い換えれば、オー医師は、この新型コロナウイルスも他のウイルスと同じように、体から一度撃退されれば、一般的には2度感染するのは難しいと信じているということだ。

「ウイルスで典型的に言えることは、一度感染した患者が2度感染する可能性は低いということです。患者が回復すれば、感染したことが基本的にはその病気に対するワクチンのように作用します。患者の免疫機能がウイルスと闘わねばと認識するのです。結果的に、免疫機能がウイルスを撃退して、まったく感染しないか、あるいはほんの軽症ですみます」

通常、1度以上その病気にかかるのは、ウイルスではなく、咽頭炎のように細菌か、同じウイルスのたくさんある株のうちのひとつによる場合だ。普通の風邪を引き起こすウイルスであるライノウイルスにはわかっている限りで160以上の株があるため、何度も風邪にかかるのだ。

中国での大流行にはコロナウイルスが2株関与していたというニュース報道もあったが、パニックを起こす必要はない。

「コロナウイルスが変異しているというのは事実ですが、驚きではないし、人々が不安になるべきことでもありません」と、オー医師。「毎年、インフルエンザにも多くの異なる株ができており、次々に少しずつ変異しているのです」

つまり、新型コロナウイルスについてはまだ学ぶべきことが多くあり、情報が非常に速いスピードで変化していると、オー医師は強調する。医療関係者がこの新型コロナウイルスにつて知るべきことはまだ多くあり、ほとんどの医師はそれを非常に正直に伝えている。

「この新型コロナウイルスが毎年、季節が巡ってくると現れては衰退し、1年中出ているものなのか、あるいは2003年のSARSのように消えてしまうものなのかは、まだ判断できません。医療に従事する世界中のコミュニティは、長期的に続くものと捉えて行動し、ワクチンや治療薬を開発する努力を続けなくてはなりません」と、オー医師。
一般人は引き続き、1日に何度も、1回20秒かけて手を洗い、触る頻度の高い表面を何度も消毒し、真剣にできる限り他人との接触を避けること。

できる限り他人との接触を避ける中で、発熱や咳、息切れ、体の痛み、鼻水、喉の痛みなどの症状を見逃さないように。また、新型コロナウイルスに感染していても発症しないケースがあることも覚えておこう。
ヤフーニュース引用







-ライフ

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.