ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


国内news

“コロナ疲れ”あるかもしれないが「長期戦の覚悟を」安倍首相が示した危機感

投稿日:


 「この戦いは長期戦を覚悟していただく必要がある」――。収束の見通しが立たない新型コロナウイルスについて、安倍晋三首相は28日の記者会見でこう国民に呼びかけた。新型コロナウイルスはいまや世界規模で感染が拡大し、日本でも東京などの都市部を中心にじわりじわりと感染者を増やしている。首相の「緊急事態宣言」や東京のロックダウン(都市封鎖)が取り沙汰される中、危機感を全面に押し出したこの日の首相会見は、万が一制御できない感染爆発が発生した場合の代償の大きさを意識したものでもあった。

気を緩めればいつ急拡大してもおかしくない
「この1か月で、いわば“コロナ疲れ”“自粛疲れ”とも呼ぶべきストレスを感じている人も多いかもしれない」

 新型コロナウイルスの感染が拡大して以降では3回目となる官邸での会見で、安倍首相は国民のここまでの協力を労った。

[写真]3月28日に行われた会見で安倍首相は新型コロナウイルスとの戦いは「長期戦になる」と述べ、危機感をあらわにした(ロイター/アフロ)
 政府の専門家会議は2月24日に「1~2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際」との見解を公表した。それ以降、政府は大規模イベントの自粛や一斉休校を要請するなど、国民生活に大きな影響を与える新型コロナウイルス対応策を決定してきた。

 当初は、この2週間を乗り越えれば一定のめどがつくのではとの期待もあったが、その間、欧州や米国を中心に世界で急速に感染が拡大。日本でも感染は抑え切れず、3月の3連休後は東京で連日40~60人規模の感染が確認された。こうした状況を受け、東京都の小池百合子知事が都民に対して28日、29日の週末の外出は控えるよう求める事態となっている。

 爆発的な感染者急増(オーバーシュート)が起きている欧米各国では、仏パリや米ニューヨークなどの主要都市がロックダウン状態に陥り、強制的な外出禁止や生活必需品以外の店舗封鎖など強硬な措置が取られる例がある。

 安倍首相は、さまざまな自粛要請によって国民にかけている不便は、東京のロックダウンといった「いっそう厳しい強硬措置を回避するためのものであることをご理解いただきたい」と訴えた。

 日本の現在の感染状況は「欧米とは異なって、まだぎりぎり持ちこたえている」との認識を示したが、「少しでも気を緩めればいつ急拡大してもおかしくない」と危機感をあらわにした。続けて「幸いオーバーシュートを回避できたとしても、それは水際の状態がある程度の長期にわたって続くことを意味する」と述べ、「この戦いは長期戦を覚悟していただく必要がある」と率直に語った。

対策を長期にわたって「繰り返す」必要
 政府の専門家会議も19日に発表した提言の中で、「オーバーシュートを未然に防ぐこともあり得るが、国内外の現在の感染状況を考えれば、短期的収束は考えにくく長期戦を覚悟する必要がある」と同様の見方を示している。

 9日に出した見解では、「社会・経済活動の維持と感染拡大防止のバランスを取り続けるような対策を繰り返すことが、長期にわたって続くと予想される」と今後の取り組みの展望を記している。

 この記述のイメージは、たとえば感染が拡大した地域で、イベントや外出自粛など「人と人との接触を可能な限り控える」対策を進めることで流行がいったん収束に向かう、そうなれば感染リスクの低い活動から徐々に解除し、社会・経済活動を復活させていく――。感染症対策としてはできるだけ長期が望ましいが、それがあまりに長過ぎれば経済活動が崩壊してしまうので、その「バランスを取り続ける対策を繰り返す」ことを見据えているといえる。

 さらに見解では「再流行」の可能性にも言及している。国内での流行を抑制できたとしても、世界的な流行が収まらなければ、国外からウイルスが持ち込まれることが予想されるため、「しばらくは、いつ再流行してもおかしくない状況が続くと見込まれる」という。
いま見ている数字は「2週間前の新規感染者」
 政府と専門家会議が恐れるのは、「制御できない感染の連鎖」だ。それは爆発的な感染拡大(オーバーシュート)の発生を招き、日本が目指している「感染のスピードを極力抑えながらピークを後ろ倒しする」という戦略を一気に崩しかねない。

 このところ、日本では単に感染者が増えているだけではなく、東京や大阪などの都市部を中心に感染経路が追えない感染例が急増している。

 安倍首相は、この点について28日の会見で危機感をあらわにした。「感染のつながりが見えなければ、その背景にどれぐらいの規模の感染者が存在しているのか知ることができない」。さらに欧米の例からの試算をもとに「ひとたび爆発的な感染拡大が発生すると、わずか2週間で感染者数が今の30倍以上に跳ね上がる」と具体的な推計を挙げた。

「私たちが毎日見ている感染者の数は、潜伏期間などを踏まえれば2週間ほど前の新規感染の状況を捉えたものにすぎない」

 現在の数字は2週間前の感染状況を示すものであり、今の感染状況は2週間後にならないと分からない。安倍首相はそう警告し、「つまり今すでに爆発的な感染拡大が発生していたとしても、すぐには察知することができない。2週間たって数字となって表れたときには、患者の増加スピードはもはや制御できないほどになってしまっている。これがこの感染症の最も恐ろしいところだ」と述べた。

 このウイルスは欧米でも数日で急激な増加を見せる例が頻発しており、もしそれが日本で起これば「医療崩壊」の危機にもつながるとも述べた。

「幾つかの国々では連日、数百人規模で死者数が増えており、増加する重症者に十分な医療を提供できていない。まさに医療崩壊とも呼ぶべき事態も発生している。これは決して対岸の火事ではない」

 そして「最大限の警戒をあらためて国民の皆さまにお願いする」とウイルスとの長い戦いへの協力を求めた。

次ページは:緊急事態宣言は「ぎりぎり、瀬戸際の状況」

> 続きを読む 







-国内news

Copyright© newscollege , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.