ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


コロナ ヤバすぎ 女性の悩み

「路上生活するしかない」コロナで困窮シングルマザーたちの「悲痛な声」

投稿日:


シングルマザー家庭への打撃の大きさ

新型コロナの感染拡大で全国に出された緊急事態宣言。未曽有のウイルスとの闘いはすべての人を疲弊させています。特に打撃を受けているのが、明日の暮しをようやく生きているシングルマザーたちです。

日本では、子どもの13.9%、7人に1人が貧困というデータがあり、中でもひとり親家庭の50.8%が貧困にあえいでいます(厚生労働省「平成28年国民基礎調査/貧困率の状況」)。ひとり親家庭の85%が母子家庭。非正規雇用やアルバイト・パートの職業が半数近く(厚生労働省「平成28年度全国ひとり親世帯調査結果報告」)。つまりこのコロナ騒動で仕事ができず、収入が激減しているシングルマザー家庭が多いことが想定されるのです。学校は休校となり、家にいることで光熱費も食費も増えます。それでも仕事とともに収入が減少する家庭が少なくありません。

政府は4月17日18時からの会見で、安倍晋三首相は申告制で30万円の支給をすることをやめ、一律10万円支給に切り替えることを伝えました。申告制だとスピードは遅くなり、申告するパワーもない人はもらうことができません。なによりも「明日の生活費」が必要となる家庭に、そんな時間はありません。

そんなシングルマザーの家庭を救おうと、遺児ひとりあたり15万円の支給をすることを決めたのが、事故や災害で家族を失った遺族への奨学資金を援助するあしなが育英会です。2019年度の奨学生は6551名で、募金のお金を奨学金として提供していますが、プール金から10億円の予算を計上し、「奨学金より生活一時金」として生活費補助のために5000人には4月中の送金を、残りの人たちにも5月の送金を決めたといいます。

この決断を後押ししたのが、新しく高校3年生となる遺児のいる家庭から集められた不安の声でした。そこには、リアルな不安の声が集まっています。アンケートの一部の方々を抜粋し、生の声をお届けします。

家族全員で路上生活するしかない

「あしなが育英会 奨学生保護者(おかあさん)緊急アンケート」
【調査内容と方法】 「今困っていること」「今後不安なこと」「政府にのぞむこと」「あしなが育英会にのぞむこと」の4つを、QRコードからWEBで回答
【回答率】 50.8%(281/553)
【回答時期】 2020年4月1日~4月10日
【対象と回答数】 全都道府県で、2019年度に高校2年生(この4月に新3年生)の奨学生がいる553世帯

*以下、アンケートの回答は、回答時期に返答のあったものです。一律10万円支給公表の前のものですが、原文ママ公開いたします。
----------

北海道
【今、一番困っていることは】
学校と仕事が休みになったこと。収入は減り、子供達が休みで家にいるので食費、光熱費がかかります。

【今後、不安なことはなんですか】
お金がなくても子供達は食べさせなきゃいけない …今困っていても、国からの援助があるかもわからない。4月の前半には高校生の息子の諸経費を入金しなくてはいけない。正直言って払えません。

【政府にのぞむことはなんですか】
生活費の支給を望みます。商品券ではなく現金を望みます。大変なのはみんな同じかもしれないけれど、母子家庭に対する支給額を増やして欲しい。いくら頑張っても格差がうめられず子供達に我慢をさせている事が親として申し訳ないので。

福島県
【今、一番困っていることは】
仕事ができなく収入が減って、食べるばかりの子達なのでお金がない。電気代水道ガス代がかかるからもう家族全員で路上生活するしかありません。わたしは血圧が高く救急車のお世話になり、 何回も病院に行った糖尿病もあります。どうすればいいのかわからないので神さま子達を守ってくださいと祈ってます。

【今後、不安なことはなんですか】
子達の勉強の遅れが心配です。女一人でお父さんの代わりもして、わたしの身体、子達のためもう少しもってほしいと祈るばかりです。

【政府にのぞむことはなんですか】
全てです。わたし一人では、すべての事が、頑張る気持ちだけでは、どうにもならない。

次ページは:わたしが感染したらこの子はどうなるの

> 続きを読む 







-コロナ, ヤバすぎ, 女性の悩み

Copyright© newscollege , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.