ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


コロナ 国内news

コロナ危機で、じつは日本が「世界で一人勝ち」する時代がきそうなワケ

投稿日:


コロナ相場、投資の神様・バフェットはこう動く…!

2月3日公開の記事「目先の株価にバタつくな! バフェットの神髄は『機が満ちるまで待て』」)、3月25日の記事「『コロナほどの大暴落も悠然と構えればよし』バフェット流投資の秘訣」で述べた様に、今回の新型肺炎ショックによる株式暴落も、「未来を予想できないから常に備える」バフェットにとっては「想定内」である。

「株式市場が1年以上閉鎖されても平気」な優良企業にしか投資しないから、あわてて安値で売る必要がない。

昨年9月の外国企業としては過去最大の発行額となった、6本の円建て社債で集めた合計4300億円も含めて、潤沢な現金を準備して腕まくりで待ち構えているであろう。

それでは、今が大バーゲンセールだと狂喜乱舞して買いに走っているのかといえばそうでもない。

2003年のSARS騒動の際には、まだ世間が恐怖におののいている中で、はじめての外国株(ペトロチャイナ)への本格的投資を行って、大胆不敵ぶりを見せつけたのがバフェットだ。

しかし、2月12日の記事「中国・習近平が恐れている、武漢肺炎とSARSの『大きな違い』」で述べた様に、SARSが共産主義中国(日本は別にして他の国々も)の北京オリンピックへ向けての景気急上昇期に発生したのに対して、今回の新型肺炎は、米中貿易戦争で中国景気がすでに大幅に悪化している時期に広がった。

さらには、SARSの時には世間がどのように騒ごうと、バフェット独自の判断で流行の収束を見極めて投資に踏み切ったが、今回のように世界的パンデミックになり、米国がまだその真っただ中にいる時には投資には踏み出せないはずだ。

バフェットは、いわゆる「企業再生案件」から常に距離を置いているが、彼が「再生の道筋が見えた」と判断した時に限り投資を行う。

株式市場の暴落においても同様だ。「回復」の兆候を独自に判断して、世の中が恐怖におびえているときに果敢に投資を行うのがバフェット流である。

ちなみに、日本の株式市場では「本質的価値」に対して私が見る限り株価がかなり割安な企業が数多く見受けられ、「買いたい」衝動に駆られることがしばしばあるが、「6発しか込めていない拳銃の弾丸を撃ち尽くしたら、後は何もできない」のも事実だ。

極上の獲物を弾切れでみすみす逃さないためにも、今は忍耐の時期ではないだろうか? バフェットは「投資の利益の大部分は『忍耐』に対する報酬である」と述べている。

魅力的な投資先はたくさんあるが……ナンピン買いを行うときは特に買い急いではいけない。

落ちてくるナイフを素手でつかんではいけない

市場に長く関わっている方なら「落ちてくるナイフを素手でつかんではいけない」という警句を聞いたことがあるであろう。屋上から誰かが投げたナイフを素手で受け止めたら大けがをする。しかし、地面に落ちたナイフを拾うことはいとも簡単だ。

株式市場でも、急落している時にはさらに急落する可能性があるから大けがの可能性が高い。だからバフェットが株式を購入するのは「ナイフが地面に落ちてから」である。

具体的に言えば、チャートで安値を付けた後、一定期間観察して「底値」を確認してから購入する。ほぼ毎回この手法をとっている。最安値で買うチャンスを逃すことにはなるが、長い間に5倍・10倍以上の株価を目指すバフェット流ではそのような差はあまり問題にならない。リスク回避の方がはるかに重要なのだ。

しかも、さらなるリスクヘッジのために複数回に分けて購入する。ペトロチャイナへの投資の際にも、かなり株価が上昇してから2回目の購入を行っている。

どうせなら1回目の安値の時にすべて購入すればいいのにと思いがちだ。しかし、バフェットは「自分が安値だと思った判断が間違っている」ことにも「備えている」のだ。実は、2回目の購入資金は、自分の判断が間違っていた時、さらに下落した株をナンピン買いし平均コストを下げるために準備していたものだといえる。

3月末決算の発表はこれからが本番だ

バフェットは世の中が悲嘆に暮れている時に大胆に株式を大量購入するが、実は「自分には未来が予想できない」ことを自覚し、何重にもセーフティネットを張って「備え」をしているからこそ実行できることを十分理解しなければならない。

バフェットは、「プールの水が抜かれて初めて誰が裸で泳いでいたかわかる」と述べる。市場が浮かれている時は、プールの水が満たされていて誰が裸で泳いでいるかということが分からないが、カラになってしまえば一目瞭然だということである。

それでは、現在の状況はどうであろうか?
プールの水が少し減り、状況を推察する鍵は見えるようになってきたが、裸の人間の姿をはっきりと確認できるほどの状態では無いように思う。

海外の一般的会計基準である12月末決算の日本企業の発表は既に終わったが、全体から見れば少数であるし、12月までの決算内容に新型肺炎ショックの影響は含まれていない。

しかし、5月から本格化する3月末決算企業の数字にはその影響が現れるはずだ。今は推測の域を出ない状況が、まさに「裸になる」わけだ。

ただ、3月末までの数字も全体の影響の一部にしか過ぎないといえる。

4月1日以降の「来期」の見通しがどのようになるのかが注目される。

次ページは:2番底は大きくなるかも

> 続きを読む 







-コロナ, 国内news

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.