ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


ライフ 女性の悩み

美人AV女優と呼ばれた女の絶望的な「その後」

投稿日:


突然の電話

「私さ、元AV女優だけど。取材してもらいたいんだけどさ。暇なんだよね」
井上沙耶(仮名)という元AV女優から突然電話があった。2004~2005年に企画AV女優をしていたそうで、年齢は37歳。とにかく暇なので取材して欲しいという。

神奈川県某市に向かった。駅から徒歩15分ほど。言われた住所は古い住宅街で、築40年以上と思われる老朽した木造アパートがあった。一般的な所得があれば、決して住むことはない老朽住宅だ。

2004年といえばAV女優志願者が増え、スタート地点に立つまでの競争が始まっていた時期で、元AV女優ならばそれなりのスペックを持っているはず。引退後も水商売や風俗に流れれば、それなりの稼ぎはあるはずで、老朽住宅に違和感があった。
住所を間違えたかと思い連絡すると、一番手前の部屋の扉がひらき、肥えた中年女性が現れた。彼女が井上沙耶だった。現役時代から30キロ以上太り、とても同一人物には見えない。

「これ、男の家。居候。暑いから中入れば」
部屋の中は臭い。吠え続ける子犬がいて、ゴミだらけの部屋は埃や動物の糞尿やタバコの匂い、体臭が入り混じる。床は油っぽく、絨毯は湿っている。空き缶、スナック菓子の破片、クスリ、化粧品などが散乱し、昼間だろうというのにカーテンは閉めっぱなしで、部屋は薄暗い。畳が所々破れめくれていた。
薄型テレビの画面は割れ、ヒビが入っている。テーブルには飲みかけのビール缶が散らばり、灰皿には吸い殻が山盛り。昼間から酒を飲み、亀裂で観づらいテレビを点けていたようだ。ヒルナンデスが流れる。

「働いてないよ、こんなカラダだからね。彼氏に養ってもらっているの。半年くらい前から、まあ無職かな。太ってデリヘルをクビになったんだよね。どこも雇ってくれなくて、暇だからお酒がとまらない。狂ったように飲んじゃって、マジで止まらない」

AV女優だったのは、29歳。それからデリヘル、ヘルスと非本番系の風俗店を転々とし、半年前、体型を理由に解雇された。太りすぎたことが原因だ。
「彼氏」という家主は、元々男性客。未婚37歳のサラリーマンで、収入は高くない。彼氏のアパートに居候しながら、酒を飲み続け、気が向いたら自転車で行ける距離の出会いカフェで売春する。稼いだお金は、数日分のお酒とタバコ代金で消える。半年以上、そんな生活をしていた。

空き缶と物が散乱するテーブル上にAV女優時代、3年前のデリヘル嬢時代の写真があった。写真はビールや醤油がついて汚れていたが、肥えた現在の姿からは想像もつかない、フェロモンを漂わせた色っぽい女性が写っていた。写真の彼女はヘアメークして綺麗にドレスアップされ、採用の難易度が高い現在のAV女優や高級キャバクラなどでも十分に通用する美人だった。
しかし、目の前の井上沙耶はタンクトップ姿、サイズが体型に合わずにお腹が膨れあがっている。ブス、醜いなどという形容詞を超えた状態で、左の二の腕から手首まで無数のリストカット痕があり、さらに脇の下の無駄毛は生やしっぱなし。そして、笑うと口元から見える歯は、ヤニが蓄積されて真っ黒だった。
黒い歯に私は息を飲んだ。目の前には、美人AV女優の絶望的な「その後」があった。

居候のきっかけは…

「リスカは、もう10年くらい前からとまらない。昨日もだし。彼氏がすごく冷たくてね。もう何ヵ月も不眠みたいな感じ。昨日も2時間しか眠れなくて、彼氏は『今日も帰ってこないかも』とか言ったの。キレて暴れちゃった。それで彼氏の前で暴れてリスカして血まみれ。まだ何時間かしか経ってないから、絨毯血でベトベトしているかも。でもさ、リスカはスカっとするのよ」
1人ではリスカはしない。誰かの前でするか、切って怪我をしてから誰かを呼ぶ。それは癖だという。
「この前は血まみれの状態でおまわりさんを何度も呼んだ。それで措置っていうの、おまわりさんに精神病院に連れて行かされて検査させられたよ。精神病院でいろんな薬をもらったけど、なにもよくならないよね。リスカ癖も治らない」
連続飲酒状態か。ビール缶を持ち上げると手が痙攣する。ゆっくりと口元に運び、手が缶を維持できずに中身がこぼれる。手の痙攣は不自然で激しく、自分では制御ができないようだった。

「そう、アル中。実は来週から入院なの、アルコール依存症だね。去年、風俗の仕事がダメになってから連続飲酒するようになって、しばらくして手がぷるぷる震えてとまらなくて、今では水も普通に飲めなくなっちゃった。汗はかくし、手は震えるし。こんなバカみたいに太ったのも、原因は全部アルコール。
デリヘルをクビになってから夜中から朝まで食べて飲んで、起きてすぐ飲んで、そんな感じ。クビになってから一週間で6キロ太って、まったく止まらなくて、今はプラス30キロ。もうどうしようもない」
自虐的なことを言いながら、膨れあがったお腹をぽんぽんと叩く。脂肪というより、風船のようで、おそらく自力では元の体型には戻せない。風俗に復帰するのは難しい。

「彼氏とは4年前から付き合って、なぜか続いているのね。最初に会ったのは、出会い喫茶。生活費を稼ぎに売春しに行って、こいつ金なさそうだなってのが第一印象。こいつ金ないだろうけど、良い人そうだから食事に行こうかなってのがキッカケ。どっか適当な居酒屋で酒飲んで、最初の日はそれだけで別れたのね。また次の日に歌舞伎町の出会い喫茶に売春しに行って、電話が鳴って、昨日会った男だけどって。それで番号登録した。

その日、売春で誰かとホテルに行って、朝方帰ったときに変なオヤジに絡まれたの。それで彼氏に助けてって電話した。当時、住んでいた部屋に呼んでエッチして、エッチが終わって昼頃に『帰る』っていうから、目の前でリスカした。そこからずっと一緒」

次ページは:男だったら誰でもいい

> 続きを読む 







-ライフ, 女性の悩み

Copyright© newscollege , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.