ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


コロナ 政治

『報ステ』崩壊寸前…コロナ禍でテレビ界を襲う「5月危機」

投稿日:


テレビ朝日は4月12日、『報道ステーション』でメインキャスターを務める富川悠太アナ(43)が、新型コロナウイルスに感染したことを公表。その後、同番組のチーフプロデューサーや、フリーアナウンサー・赤江珠緒(45)の夫であるチーフディレクターの感染も判明し、100人に及ぶスタッフが自宅待機している。

またテレビ朝日社屋も、4月17日から19日まで入館制限し、全館を消毒することになった。今回の事態に対し、テレ朝関係者は、「起きるべくして起きた」と冷ややかな反応を見せる。

「他局は感染を警戒し、社屋の入口を1カ所だけにして体温測定を実施するなど徹底していたのに、テレ朝は、一部の番組では検温していたものの、入口も複数のまま。

しかも他局は、アナウンサーや新番組の取材に来た記者にもマスクを配布していたのに、テレ朝では、まったくやっていなかった。『ずいぶんルーズだけど大丈夫か』という声が上がっていました。

それで急遽、関連子会社も含めてテレワークを導入したが、在宅勤務ができたのは幹部クラスのみ。現場は相変わらず、“3密” で会議をしていたんです」(テレ朝関係者)

この関係者はさらに、富川アナが感染防止に努めていたことを明かす。

「富川さんと3月上旬に『ご飯でも食べよう』と話していた人が、直前になって『こんな時期だから、やめておこう』と、お互いに話をして中止にしたと聞きました。

富川さんにはご家族もいて、自身の感染については、とにかく気をつけていたんです。逆に僕らも、『富川さんに感染させたらクビだね』と言っていた。自局の看板番組の出演者に感染させたら、大変なことですから。

本人も、コロナについて連日報道していたので、症状などはわかっていたはず。最後に出演した4月9日の時点で、ひとりでは歩けない状態だったと聞いています。『それでも出演したのは、危機感がない上層部の意向ではないか』と、スタッフのあいだで言われています」

今回、テレ朝局内の新型コロナウイルス感染者が幹部クラスに集中していることで、局内ではある噂が流れているという。

別のテレ朝関係者は、こう語る。

「3月末に『報ステ』幹部、富川アナが食事会をしたというんです。決起集会のようなものだったそうですが、感染拡大が報道されていた時期だけに、もし食事会が事実ならば、不注意と言われても仕方がありません」

全スタッフが自宅待機になった『報ステ』は、過去に番組に関わった社員や制作会社のスタッフをかき集め、急場をしのいでいるという。

「感染が発覚してからも、報道や情報系のスタッフは、『普通に出社しろ』と言われています。これには皆、驚いていますよ。『感染者が出た社内に来いなんて、俺たちは死んでもいいってこと?』というスタッフもいます」(テレ朝関連会社関係者)

新型コロナウイルスの感染拡大の影響は、報道番組だけでなく、ドラマ・バラエティにもおよび、収録の休止が相次いでいる。そんななか、日本テレビ系で4月11日に初回が放送されたドラマが、11%の好視聴率を記録した。だが、関係者の表情は暗い。

なぜなら、その作品は、本来放送予定だった新ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』ではなく、15年前のドラマ『野ブタ。をプロデュース』の “再放送” だったからだ。

「正確には、“再放送” ではなく、『未満警察』のPR映像を加えて再編集した “特別編” です。たんなる再放送をすると、『なぜ過去のものを放送しているだけなのに、カネを払わされるんだ』とCMスポンサーからクレームが入るので、新たにナレーションを入れたり、必ず手を加えるのです。

さらに、出演者や脚本家などから再放送の許諾を文書で取る必要もあり、作業もかなり大変。また、過去の作品が数字を稼ぐと、いまの自分たちの価値観を否定された気分になりますからね……」(民放ドラマ関係者)

バラエティ番組も制作が止まっている。

「3月に入ってからお店ロケなどで、店側から『撮影をした結果、コロナ感染者が出た場合は、責任を取ってもらいます』と一筆求められた番組があったりと、ロケ撮影ができなくなってきました。感染の拡大で、スタジオ撮影もストップ状態です。

ほとんどの番組が過去のVTRを使い、総集編を制作して乗り切っています。ただ、このまま収録が再開されないと、GW明けには、“在庫” が尽きる可能性があります」(テレビ局関係者)

放送する番組がなくなるーーまさに緊急事態だが、ある番組制作会社の社長は「体力があるキー局は、まだ全然マシ。我々は、もう首を吊るしか……」と頭を抱える。

「5月6日を迎えても緊急事態宣言が解除されず、収録が再開できなければ、ウチは終わりです。収録がなければ、制作会社には、お金が支払われません。5月以降、資金繰りが悪化して倒産する番組制作会社が増えると思います。

制作会社だけでなく、地方のテレビ局も、経営が危うくなる可能性があります。生き残っていけるのはキー局か、在阪、福岡や札幌などの大都市の局だけです」

テレビ界を激変させる危機は、すぐそこまで迫っている。

(週刊FLASH 2020年5月5日号)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200421-00010000-flash-peo&p=2
ヤフーニュース引用

■世間の反応

●いいんじゃないの。
TBSもそうだけど、完全な政治プロパガンダ番組。
民主党政権下ではどんな悪事も報道しなかったくせに、安倍政権なら重箱の端を突きまくる。完全な放送法違反でしょ。
大震災で日本が大変な時に、当時総理だった民主党の野田氏は「5兆円のスワップをプレゼント」。それを報道したのはNHKの7時のニュースのみ。なぜ、そんな大金の絡む話を国民から隠した?
報道しない自由を越えている。

●そもそも全社ほぼ同じ内容の番組しか作らないし、1社あれば十分。
特にワイドショーは制作会社が全社同じなんですよね。同じように偏った内容ばかり。
バカばしい。。
CMなんて誰も見てないのに、このビジネスモデルが維持出来ているのが不思議。
結局消費者が負担しているので、スポンサーも考え直して欲しい。

●テレ朝社屋内でクラスターが発生したことについて
テレ朝社長は説明責任を果たしてください。
コンプライアンスはどうなっていたのでしょうか?
富川氏は熱が出ていたことを隠していたそうですが、
自己申告について、きちんと会社命令として出されていましたか?
それとも、あくまでも個人の意思にゆだねていたのですか?

●もともとはマスコミが「経済より命。政府は命よりも経済を優先した結果こうなった」と言ってたんだから、自分たちが思うような方向に進んでるのではないか。
3蜜を避けましょう。熱が出たら休みましょうもマスコミが散々言ってたこと。それができていない場所や店を放送し、苦言を呈していた。でもテレ朝はできなかった。
崩壊寸前だか何だかしらないけど、自分たちができないことをやれって言ってたのか?それとも自分たちは特別だと思ってたのか?

●富川アナが発熱したのは4月の初め、それから1週間TVに出ておりこの記事では最後は一人で歩けなかったほどなら、本人は勿論誰かが気がついてもいい筈。
ニュースになっただけでもそこからの感染者もいる様です。
TV朝の上層部の危機意識は相当低かった様ですね。
それと比べ、TV東京は当初から日経新聞からの社長が陣頭指揮を取り早くから対策を取られていた様です。
TV局として報ステに限らず上層部からの謝罪や反省はありません。
テレ朝の話ですが、関連の朝日新聞と同じで、原因を作り誤った報道をした慰安婦問題でも日本に取り返しのつかない損失とイメージダウンを負わせながら、全く反省や謝罪もしていないのです。
慰安婦問題の時も、いい加減な記事を書かずしっかり調査をしていれば、今の様な状況にはなっていなかったはずです。
昔から、朝日新聞と同じで社会に対しては謝罪、反省、責任など全くしないのです。







-コロナ, 政治

Copyright© newscollege , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.