ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


コロナ 政治 経済

橋下徹氏が『公務員10万円受給禁止案』を巡って江川紹子氏と大バトル「給料もボーナスも100%保障…それ以上何を望むの?」

投稿日:


元大阪府知事の橋下徹氏(50)が22日、公務員に対する10万円現金給付の受け取り禁止の提案をジャーナリストの江川紹子氏が批判したことについて自身のツイッターで大反論した。

「今のご時世で給料もボーナスも100%保障されて、それ以上に何を望むの?それでもやる気が出ないってどういうこと?」と異を唱えた。さらに大阪府の吉村洋文知事が22日の記者会見で、民間の医療機関に勤務する医療従事者を含めた独自の手当を支給すると表明したことを強く支持し、「リスクある人たちにはしっかりと報いる。これが組織運営。江川紹子はもっと勉強しろ」と名指しで注文をつけた。

橋下氏は21日に「給料がびた一文減らない国会議員、地方議員、公務員は受け取り禁止!となぜルール化しないのか」と持論を展開したが、江川氏からは22日のツイッターで「こんな状況で働いている人たちがいるのに、1人10万円の給付金を『公務員に払う必要がない』など、またぞろ公務員叩きをしてスポットライトを浴びている著名人がいる」と批判の矛先が橋下氏であるとにおわせた上で「今、公務員のやる気をそいで、どうする? 公務員も国民。国民の分断をけしかけて、どうする」との見解が示された。

橋下氏は21日に「最前線で頑張っている公務員には特別手当の支給」との提案もしているが、その理由について「最前線の公務員とそうでない公務員をきっちり分けて評価するのが組織の人事評価というもの。それができなければ組織なんて成り立たない」とつづり、「リスクある者もない者も同じ評価ならリスクある者のモチベーションはかえって下がるわ。現実を知らないきれいごと空論者の典型」と逆批判した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200422-00010051-chuspo-ent
ヤフーニュース引用

■世間の反応

●最前線で戦う公務員がいるのも事実。
だが最前線で戦う政治家はいないのが事実。
やはり政治家の方々には人員削減か、給与全額カットすべきかなと思います。

●減らすのは議員です。
領収書なしで使える自由なお金も入れると、年間4200万円ももらっているなんておかしくないですか?
議員たちが自分たちへの批判の矛先をかわすために、公務員、公務員と言ってるだけです。
実際には、公務員は大変な割に安月給です。

●教員です。
友人の中には、飲食店経営者、会社経営者などたくさんいます。話を聞いていると、コロナ前までは、ゴルフに船釣りにキャバクラ、風俗など、遊びまくっていたようです。自分はそんな余裕はないので、正直羨ましいなあと思って話を聞いていました。自分は毎月100時間越えの時間外勤務(残業代はすずめの涙)が当たり前でヒマもありませんし、金銭的余裕もありません。でも無駄遣いもしないので、今現在コロナで様々な出費が増えても大丈夫ですし、公務員ゆえに給料も安定しています。公務員とはそういうものだと思っています。
すべての経営者さんたちが当てはまるとは思いませんが、私の友人を見ていると、あれだけ豪遊してたときに、いざという時の貯蓄をきちんとしていたのだろうかと疑問に思います。
公務員に10万配るなと言うなら、過去しっかり儲けておきながら、貯蓄もせず散々遊び呆けていた方たちも調べ上げて、配らないでください。

●で、自分はちゃっかり受け取る宣言してるのが橋下。
寄付するやら知らないけど、自分は有効に使う信用出来る人物、他人はゆとりある人物の受け取りを許さない信用ならないって矛盾してる。

毎日毎日偉そうに思いつきで発信してるから、しばしば辻褄が合わなくなっている。
前回の「軽症なら検査するな」発言もしかり。
いざ自分が体調悪くなると、熱もないうちからPCR検査行って、その後また言うこと変わっていたのはご存知の通り。










-コロナ, 政治, 経済

Copyright© newscollege , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.