ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


海外news 経済

「金正恩重体報道」は、アメリカの北朝鮮に対する警告である

投稿日:


なぜ不確かな情報が世界を駆け巡ったのか

4月20日(日本時間21日)、アメリカのニュースチャンネルCNNが唐突に、米政府当局者の話として、「北朝鮮の金正恩委員長が手術を受け重篤な状態にある」という情報を報道した。

同じころ、韓国の北朝鮮情報サイトであるデイリーNK(Daily NK)が北朝鮮内部の消息筋の話として、「金正恩委員長が12日に平安北道妙香山にある専門病院で心血管の手術を受けた」と伝えた。

これに対して、韓国大統領府の姜珉硯(カン・ミンソク)報道官は、同日、「現在までに北の内部に特異な動向は確認されていない」との見解を示した。

また、別の大統領府高官も、記者の取材に対し「金委員長は、現在側近たちと地方に滞在しており、正常に活動しているように見られる。これは妙香山ではない」として、「朝鮮労働党、軍、内閣も非常警戒態勢などの特別な動きを見せていない」と述べた。

これらの情報については、いずれ何が本当の事実なのか判明するだろうから、あえてここで真偽の推定はしない。

このセンセーショナルなニュースについて、米政府当局者の「情報源」とデイリーNKの「内部情報筋」が同一なのか、米政府当局者が複数の「情報源」から入手したものなのか不明であるが、CNNに情報をリークした米政府当局者は、このメディアの格からしてそれなりの人物だと推察される。

それにしても、韓国の大統領府はさぞかし慌てたことだろう。自ら複数の情報組織を抱えて情報網を張り巡らせ、どこよりも(同胞である)北朝鮮の内部情報には精通しているにもかかわらず、このような報道が寝耳に水のように流れてきたのだから。

もちろん、韓国も同様の情報源から同じような内容(何らかの外科手術など)の情報は得ていたのかも知れないが、他の情報(人的情報以外)も含んだ分析から、「信頼度の低い情報」として処理していた可能性もある。

しかし、そうだとすれば、情報を共有している在韓の米(軍やその他の)情報組織もほぼ同等の評価を下したうえで本国に報告しているだろう。もし、ワシントンのいずれかの関連当局が独自に知り得た情報だとしても、(ホワイトハウスに報告するまでには)それを評価するために、他の情報組織や現地の情報とは必ず照合するはずである。

要は、なぜこのような信頼性が不確かな情報が、「米当局の高官からリークされて米国の主要メディアで報道され、このニュースが世界を駆け巡ったのか」ということである。

報道直後のトランプの不可解なコメント

結論を言えば、これはトランプ大統領の「北朝鮮(金委員長)に対する警告」であると考えられる。たとえこの情報が、「真実であるかない(又は一部が真実)かにかかわらず」である。

なお、これには伏線がある。それは、18日(日本時間19日)にトランプ大統領が、「(金委員長から)素敵な手紙を受け取った」と記者会見で話した一件である。

これに対して、北朝鮮は同日、外務省報道局対外報道室長名義の談話で、「最近わが最高指導部は、米大統領にいかなる手紙も送っていない」と即座に否定した。

これも、真偽は不明であるが、送った当の本人(国)がこれを否定しているということは、「実際に親書は送っていない」か、あるいは「親書は送ったものの、この手紙は外部に知られたくないものであった」かのいずれかである。

つまり、前者が事実ならば、「トランプ大統領は金委員長に何らかのシグナルを送る意図があってこのような嘘をついた」ということであり、後者ならば、「金委員長の意向を無視して公表した」ということだ。

そして、今回の「金委員長重体報道」に関わるトランプ大統領の発言についても、何か引っかかる。

この報道が流れた同日の記者会見でトランプ大統領は、「誰も知らない。確認していない」と、この情報に接しているかどうかを明らかにせず、「報道の通りなら非常に深刻な状況だが、彼が健康であることを願う」、と述べた。

まるで他人事のようなコメントだ。米国にとっては、北朝鮮の非核化協議は未だ継続中であり、彼の生死がこの行く末や東アジアの安全保障に与える影響を考慮すると、「現在、あらゆる情報を駆使して鋭意確認中だ」とか何とか言うものだろう。何かしら「すでに事実は知っているが知らんふりをしている」ような口ぶりだ。米当局の高官がメディアにリークするようなこの手の情報が、トランプ大統領にまで伝わっていないわけがない。

23日になって、トランプ大統領は、定例会見でこの件について質問され、「CNNによるフェイクニュースだ。彼(金正恩)とは良好な関係を保っている。彼の健康を願っている」と答えた。これはまさに「マッチポンプ」を思わせる発言である。CNNはすっかり踊らされてしまったのではないか。

もし仮に、「重体報道」が事実であったとするならば、「金委員長の動向はすべて把握している。どこにいても、いかなる状態にあっても、これを隠ぺい又は欺瞞しても無駄だ」というメッセージであり、逆にこれが、トランプ大統領が言うとおり誤情報(又は一部のみ真実)であれば、「幅広く、国外や北朝鮮の人民にも情報が拡散することを狙って、(金委員長を始めとする)北朝鮮指導部に揺さぶりをかける意図があった」ものと考えられる。

次ページは:金正恩なき後の準備はしているというシグナル

> 続きを読む 







-海外news, 経済

Copyright© newscollege , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.