ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


コロナ 国内news 海外news 経済

安倍政権が隠す新型コロナ「日本の奇跡」の原因

投稿日:


(池田 信夫:経済学者、アゴラ研究所代表取締役所長)

 5月6日で終わる緊急事態宣言は、7日以降も延長される方向らしいが、その根拠は何だろうか。4月7日に安倍首相が記者会見で宣言を発表したとき「東京でこのペースで新型コロナの感染拡大が続けば、2週間後には1万人、1カ月後には8万人を超える」と述べた。

しかし緊急事態宣言から2週間たった4月21日の東京の累計感染者数は累計3300人。これはニューヨーク州の約3万人の1割で、新規感染者数は減っている。当初は嘲笑していた海外メディアも、最近は「日本の奇跡」と呼ぶようになった。その原因は何だろうか。

■ 日本の新型コロナ死亡率は驚異的に低い

 安倍首相が緊急事態宣言を発令したとき、東京の累計感染者数は約1200人、死者は31人だった。当時はアメリカでは感染爆発が始まり、ニューヨーク州では毎日700人以上が新型コロナで死亡していた。

 「ニューヨークは2週間後の東京だ」と海外在住者がネットで騒ぎ、マスコミも野党も「安倍政権の対応は後手に回っている」と批判していた。もし感染爆発が起こったら、2400人、4800人、9600人・・・という指数関数的な増加で1万人を超えることは論理的にはありうる。

 しかし感染爆発は起こらなかった。4月29日の新規患者数は47人。ピーク時のほぼ2割に減った。感染はピークアウトしたように見える。これを「自粛のおかげだ」という人は、次の図を見てほしい。

 この図はG20諸国の新型コロナ死亡率(人口100万人当たり)の推移を示したものだが、大きく2つのグループにわかれている。対数グラフなので差が小さく見えるが、最上位のイタリアの452人に対して、日本は3人と150倍の差がある。
 この大きな差を「自粛のおかげだ」とか「日本人はきれい好きだから」などという原因で説明することはできない。死亡率が最小なのは、きれい好きとは思えないインド(0.7人)である。この差は何らかの生物学的なものと考えるしかない。

■ やはり有力なのはBCG仮説

 この図からわかる特徴は、アジアの新型コロナ死亡率が低いということだ。局地的に感染爆発が起こった中国も韓国も今では約3人で、日本とほぼ同じ。インドネシアも(この図にはないが)タイもベトナムも、東アジア・東南アジアの国はほとんど3人以下である。

 これを「アジア人とヨーロッパ人の免疫の遺伝的な違い」とする説は、ほぼ反証されている。多様な民族の集まるアメリカでは、アジア系の死亡率は低くないからだ。

 原因として第1に考えられるのは、中国との交流が多いアジア諸国に新型コロナと似た種類のウイルスが拡散したことだ。2009年の新型インフルエンザのとき日本人の死亡率が低かった原因は、遺伝子配列の似たウイルスに対する免疫ができる交叉反応だったといわれるが、今回はまだ確認できない。

 第2の原因としては、ウイルスの変異が考えられる。新型コロナウイルスはRNA(リボ核酸)なので変異が速く、15日に一度、遺伝子配列が変わるといわれる。武漢で発生した初期の新型コロナウイルスは強毒性で、それが変異したものが周辺のアジア諸国に入ったという説もあるが、これもまだ確認されていない。

 こういう説では、メキシコ(12人)やロシア(6人)は説明できない。東欧や南米の死亡率も、西欧の1/10から1/100である。これを説明できるのは、4月3日のコラムでも紹介したBCG仮説だけである。

 これはそれほど荒唐無稽な説ではなく、今まで肺炎などではBCGの有効性が確認されている。BCGが人体の非特異的な自然免疫の機能を活性化させ、感染しても重症化しないという説もある。

 これについて世界中で、毎日のように論文が発表されている。そのほとんどは査読前の論文なので、今の段階で確たることはいえないが、BCG接種を義務づけている国の新型コロナ死亡率が低いという相関関係は統計的に有意だという結果が多い。

■ 安倍政権が「人工不況」からの回復の鍵を握っている

 今の段階で確実にいえるのは、日本の驚異的な死亡率の低さの原因は緊急事態宣言ではないということである。日本の自粛より厳格なロックダウン(都市封鎖)をやっている国はたくさんあるが、 死亡率は日本よりはるかに高い。スペインは519人、フランスは369人である。

 したがって死亡率3人の日本が「緊急事態宣言を解除すると感染爆発が起こってスペインやフランスのようになる」という説は、今から激増するメカニズムを説明しない限り、空想というしかない。

 この100倍以上の差は偶然ではありえないが、政府はこれについて今まで公式にコメントしたことがない。BCG仮説についても、菅義偉官房長官が一度「厚労省が検討している」とコメントしたきりである。

 もし日本の新型コロナ死亡率の低さの原因がBCGなどの免疫要因だとすると、クラスター追跡やPCR検査などの日本の対策は無駄だったことになる。緊急事態宣言を解除しても、それほど感染は拡大しない。それがBCGをタブーにしている理由だろう。

 だが防疫対策に莫大なコストが浪費され、緊急事態宣言で多くの企業が廃業に追い込まれて失業が増えると、数千人の自殺者が出るだろう。「金は後から取り戻せるが命は取り戻せない」というのは錯覚である。

 自粛で今回の大不況を作り出したのは安倍政権であり、これは史上初めての人工不況だが、それを回復させる力も政権にある。ここで緊急事態宣言を段階的に縮小し、死者が増えるかどうか注意しながら自粛を緩和すれば、経済は先進国で最初に回復し、日本は世界のトップランナーに復帰できるかもしれない。
池田 信夫

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200501-00060369-jbpressz-pol&p=2
ヤフーニュース引用

■世間の反応

●BCG仮説は希望であって確信ではない。
誤りだった時に取り返しがつかないので自粛をしつつ、希望を持ちつつ終息を待つのが最善ではなかろうか。
奇跡というより幸運な事だと思います。

●似たウィルスが過去にあった説が強い気がします。去年風邪を引いて、高熱が出た後も微熱が下がらず、とにかく肺が苦しく、一か月以上呼吸が苦しく、病院の薬も全然効かず、時々夜は死んでしまうのではと思いました。レントゲンでは、肺全体に薄いもや?がかかり、先生も首を傾げてました。
今だったらコロナかと心配して保健所に電話しまくってたと思います。

●岡田晴恵は6月一杯の自粛が必要とか言っているが、そんなに自粛したら生活困窮者が大量に出て生活が崩壊する。

客観的にデータを見て、日本と欧米では違うのは明らか。何が影響しているか分からないが、日本は通勤ラッシュがあるのに死亡者は少ない。

生活習慣や几帳面な国民が多い事が幸運に作用しているのかもしれないが、欧米とは違う戦略で経済再開に舵を切る必要がある。絶対に安全なんてありえない。リスクは覚悟してどこで経済再開させるかが政治決断。

●日本のマスコミは危機を煽るだけで、感染者、死者数が世界で圧倒的に低いという事実を客観的に伝えないんだろう。感染者が低下傾向にあることを伝えるメディアもほとんどない。
とにかくマスコミの報道はまず視聴率を取るためのフェイクだと思って接しなければいけない。

●池田さんの言っている事はおそらく正しいのだろう。しかし政権が今の段階でその推論をもとに政策を決める事ができないのも十分わかっているはず。心の底で「そうあってくれ」と願いつつ、今は緊急事態宣言を延長するしかないでしょう。国民はメディアなどからさんざん脅されているので、ここで解除するなどと言い出したら、それこそパニックになる。今考えるべきは、命を守るか経済かのような発想を捨てて、3密を避けて営業を再開する工夫を考える事ではないか?各人の席を透明のアクリル板で仕切って営業している飲食店を見た。こういう工夫を重ねていくのではないか。それに国は補助金を出せばよい。







-コロナ, 国内news, 海外news, 経済

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.