ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


コロナ 女性の悩み

「大丈夫だよ」夫の一言にキレる妻……新型コロナ、家族の和を保つため「絶対に守るべき8つの掟」

更新日:


外出自粛が続く日本。ちょっとしたことで夫婦仲がギスギスする家庭も増えているのではないだろうか。家族の和を乱さないための「絶対に守るべき8つの掟」を紹介した「週刊文春」2020年2月20日号の記事を全文公開する。(記事中の年齢、日付、肩書などは掲載時のまま)

◆ ◆ ◆

国内初の感染者が出てから2カ月超。新型コロナウイルスとの闘いは完全に長期戦の様相を呈している。

身体的な影響は感染者のみにとどまらない。外出を避け、自宅でテレビにかじりついてジリジリする……。“自粛疲れ”なる言葉も出てきている今、そんな毎日にストレスが溜まり、高齢者を中心に、いわば“コロナうつ”の状態に陥る人が増えていることは「週刊文春」2月13日号で指摘したとおりだ。

またテレワークや休校の影響で、家族が自宅で一緒に過ごす時間が増えている。それ自体はいいことだが、“引きこもり”のストレスをぶつけあい、亀裂が生じてはいないだろうか。中国ではこんな事例もある。

「西安の役所では、3月に入り離婚手続きのネット予約が殺到してパンク状態。上海市や四川省も同様です」(現地在住ジャーナリスト)

体内の免疫力を保つには、“心の持ちよう”も重要。支え合うべき家族が、ストレス源になっては本末転倒だ。そこで、家族の健康を守り、和を保つ8つの「掟」を紹介していきたい。

掟・その1)根拠のない「大丈夫」はNG
都内の会社員、河野浩太郎さん(58・仮名)は自宅でテレワーク中だが、専業主婦の妻(55)の怒りを買う機会が増えたと嘆く。

「『トイレットペーパー使いすぎ! 今は買えないんだから節約して!』と怒られました。『そのうち流通するから大丈夫だよ』と宥めたら『そのうちっていつ? 探して買ってきて!』と怒鳴られた。頭にきて『お前は探したのか?』と反論しケンカに。他にも『なんでトイレで手を洗わないの?』とか小言が多くてウンザリです」

トイレットペーパーやマスクなど品薄が続く日用品の確保は、家庭を預かる主婦には大問題。とはいえ夫にも悪意があるわけではない。夫婦問題カウンセラーの立木ミサ氏が指摘する。

「特に主婦は、コロナという見えない敵に怯えながらなんとか普段の生活を維持しようと努力している。夫がただ『大丈夫』と言っても、十分な根拠がないと怒るポイントになりかねません。先の読めないことについて、簡単に『大丈夫だよ』と言わないほうがいい。

また、今は特に清潔にしてウイルスを防がないといけない時期。トイレに行って手も洗わないのもケンカの原因になって当然です」

不安を抱く妻に、どう接すればよいのか。

「奥さんの不安を否定するのではなく、『できるだけ安全を心がけよう』と、不安に寄り添って協力すること。たとえ買えなくても『マスクを探したけどなかった』とか『見かけたら買う』など、一緒に対処する姿勢を見せてください」(同前)

自分は大丈夫と過信せず、衛生面には特に気を遣うべし。妻の機嫌悪化どころではなく、自らの感染リスクを高めてしまう。

掟・その2)家族で「共感できる会話」を増やす
脳科学の視点から男女の心を解説した「妻のトリセツ」「夫のトリセツ」の著者で人工知能研究者の黒川伊保子氏は、不測の事態には「共感」が大切と話す。

「男性脳は『ゴール指向問題解決型』といって、最初にゴール(目的)を見定め、それを前提に問題解決をしていく。故に新型コロナのような先が見えない事態は問題解決が保留され、強いストレスを感じる。そして解決への欲求を家族に向けがち。家族の問題点を見つけ、正そうとするのです」

“食事は作ったのか”“この機会に冷蔵庫の整理をしろ”などと妻に問い質す夫は多いが、ただでさえ家族が家にいることにより家事の総量が増えている主婦にはたまったものではない。まずは「大変なときに食事を作ってくれてありがとう」など、妻の立場への共感を表明しよう。

「女性脳は『プロセス指向共感型』といい、共感しあうことでストレスが減じるのです」(同前)

フリーアナウンサーの梶原しげる氏(69)は、妻の好きなテレビドラマを一緒に鑑賞しているという。

「今はイベントが中止になるなど仕事が減っているので、妻と大河ドラマを観て『この俳優さんは誰?』とか教えてもらっています。せっかく家にいるのだから、妻が話しやすい会話をすると案外楽しいものです」

夫婦が共感できる会話こそが絆を深めるクスリだ。

掟・その3)男性は「ついで家事」が苦手と知る
黒川氏は女性側の注意点も指摘する。

「男性は立ったついでにコップを片付けるとか、トイレに行ったついでに掃除をするといった『ついで家事』が苦手なことを知っておきましょう。置きっぱなしや脱ぎっぱなしに女性は苛立ちますが、これは思いやりの欠如ではなく、男性はそういうことに思い至らないのだ、と思ってください。そうでないと夫や息子が家にいる時間が長い今、耐えられなくなります」

怒るだけではストレスが増すばかり。男性への理解を深め、良い意味での“諦め”も必要な局面だ。

次ページは:掟・その4)夫婦や家族で料理をしてみる

> 続きを読む 







-コロナ, 女性の悩み

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.