ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


コロナ 国内news

夏の甲子園、中止へ センバツに続きコロナで球児の夢が…20日正式決定

投稿日:


 今夏の第102回全国高校野球選手権大会(8月10日開幕予定・甲子園)を主催する日本高野連と朝日新聞社が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で同大会を中止する方向で最終調整に入っていることが14日、分かった。今春のセンバツも中止となっており、開催を求める声が現場、ファンからも上がっているが、選手らの健康と安全を最優先したとみられる。20日の大会運営委員会で正式に決定する見込み。夏の甲子園の中止は、米騒動の1918年、戦局が深刻化した41年に次いで79年ぶり3度目となる。

 最後の夏を迎える3年生部員のためにも、開催の可能性を模索していた夏の甲子園大会が、今春のセンバツに続いて中止となる公算が大きくなった。関係者の話を総合すると、選手や関係者の健康、安全を最優先に考え、20日の大会運営委員会で苦渋の決断を下すことになりそうだ。

 開催に向け、最もネックとなったのが日程面。関係者によると、当初は今月6日までとされていた緊急事態宣言が延長されたことが大きいという。大半の学校が3月から続けている活動休止によるブランクが延びる一方で、7月上旬から本格的に開幕する地方大会までの準備期間は短くなった。

 万全ではないコンディションで臨んだ場合、熱中症など健康面の不安が強まる。感染リスクも、減らすことはできてもゼロにはできない。選手の安全を担保できないと判断した模様だ。甲子園大会と同時期に開幕予定だった全国高校総体(インターハイ、8月10日)と全日本大学野球選手権(同12日)が中止を決めたことも影響したとみられる。

 この日に39県の緊急事態宣言が解除されたが、日本高野連の小倉好正事務局長(62)は書面による代表取材に対し「休校措置の解除、部活動の開始、対外試合の取り扱いなど、各都道府県の情報収集に努めたいと思います」とコメントするにとどめた。

 一方で、中止になった場合、大会主催者は、都道府県高野連に対し、可能であれば地方大会に代わる公式戦を無観客で開催するように要望する見通し。すでに東京や三重などでは、代替大会の開催が検討されているが、本大会がなくなることで代替大会を8月下旬まで行えるようになり、準備期間を長く取れることになる。

 高野連では、代替大会の開催ガイドラインも作成中。春季大会が全国的に中止になるなど、準々決勝まで県大会を開催した沖縄以外は、今年は1試合も公式戦ができていない。「最後の夏だけでも3年生に試合をさせてあげたい」という声に応えられる可能性が高まる。甲子園がなくなっても、球児に晴れ舞台をつくるべく、できる限りの準備を進めている。

 ◆過去に中止となった甲子園大会(夏は当時の名称が中等学校優勝大会)

 ▽1918年夏(大正7年、鳴尾球場で開催) 第4回大会は、富山県に端を発した米価高騰に伴う暴動、いわゆる米騒動が全国に波及。代表14校が決定し、大阪入りしていたが中止に。14校にこの大会出場歴はカウントされている。

 ▽41年夏(昭和16年) 第27回大会は戦局が深刻化。文部省次官通達で全国的な催しが禁止され、地方大会半ばで中止に。翌42年春から46年春までは中断され、46年夏から再開。

 ▽2020年春(令和2年) 第92回大会は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月4日に史上初の無観客開催で準備を進め、中止も視野に入れて1週間後に最終決定すると発表。開幕8日前の11日にセンバツ史上初の中止が決まった。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200515-05150012-sph-base




【上記ニュースに寄せられたコメント】

you | なんともやるせない。インターハイも中止。球児に限らず、高校3年のアスリートはみな、最後になるはずだった公式戦の機会を奪われてしまったわけだ。ただ、甲子園大会の有無にかかわらず、「3年生に最後の機会を与えるため、地方大会は独自に開催したい」という各地方高野連が多いのだとか。それなら、ひとつ提案。この夏、もし各地方大会が行われたなら、近隣ブロックの優勝校同士が、夏休み中に親善試合を行ったらどうだろう。たとえば関東なら、秋季大会のように茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、神奈川、山梨の優勝校が集まって対戦できたら楽しい。中止になったセンバツに出場するはずだったチームが加わってもいいね。もちろん球場の確保など、実現するには多くのハードルがあるけれど……。

yyy | 我々観客は「また来年」と思えば諦めもつくが当事者の、それも3年生の無念は想像を絶する

gha | 現高校3年野球部です。毎日毎日記事を確認しては、難しいと分かっていながらも甲子園があることを願っていました。ですが、ほとんど中止なのが決まり、覚悟というか、諦めというか、そんな気持ちの準備はできていたつもりですがやっぱり悔しいです。甲子園に自分を支えてくれた人たちを連れて行きたかったです。

sil | ただ野球をするだけでなく、選手や関係者の移動手段、宿泊など解決すべき事項は多い。そしてそれらの解決は現時点で見通しが立たないほど厳しかったのでしょう。

shi | 米騒動・戦争・新型コロナウイルス
皮肉にも将来の教科書に載る年になってしまったことが悔やまれます。
今年の高校3年生には明るい未来が必ずあることを信じたいです。

ctr | この記事の写真を見ると、大観客で開催できる日が来るのだろうかと思う。世の中が変わり過ぎて概念が追いつかない。高校野球のみならずアスリートにとって今年は本当にやるせ無い年になったと思います。

cgw | 中止の場合、代替大会ってことで何とか試合はさせたいというせめてもの気持ちがあるのは幸いだな。それでも、わざわざ遠方から強豪校に入学して甲子園を目指してきた球児は特に残念な思いでいっぱいだと思う。

wnb | 高体連が先にインターハイをとりやめ、高野連はどうすると言われても、野球だけやりますとは言えないと思います。
私は夏の県大会決勝で負けて甲子園を逃した経験がありますが、それでも当たり前に好きな野球をさせてもらえて幸せだったと実感しています。試合ももちろん心に残っていますが、それ以上に仲間と共に汗を流した日々が一番大切な時間でした。
コロナでその機会を奪われた子どもたちが本当にかわいそうでなりません。今の3年生が卒業する前に、なんとか彼らのこれまでの努力が報われるような取り組みをしてあげてほしいです。
もちろん野球に限らず。
とはいっても、なかなか良い案は思い浮かばないのですが…。

shu | 春の選抜の中止の時はここまで長引くと思っていなかった人がほとんどだろう
みんなで代替え案を考えて夏の大会と一緒に選抜出場校も出してあげようみたいな話もあったし
他の競技が軒並み中止になっている今簡単には開催できないだろう

vsj | 秋以降にコロナが活発化した場合には、秋季大会や来年の選抜に影響を及ぼす可能性が高い
ワクチンは開発期間的に無理として、治療薬だけでも完成できなければ、
来年の選抜も苦しい判断を迫られると思う

sur | この状況での「中止」の発表のタイミングは、少し意外。緊急事態の解除やプロ野球の開幕見通しとか
今思えば、「都道府県大会」は開催しようとしてた時に、「甲子園の中止」はある程度きまっていたのかな、と

【newscollege管理人コメント】

今年にかけていた高校球児達のことを想うと気の毒でしょうがない。
野球に限らずほとんどの種目にて大会が中止になっているわけだから、、、甲子園だけ特別視するわけではないけど、、、
やはり気の毒でしかたない。







-コロナ, 国内news

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.