ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


コロナ 国内news

黒川弘務東京高検検事長 ステイホーム週間中に記者宅で“3密”「接待賭けマージャン」

投稿日:


東京高検検事長の黒川弘務氏(63)が、産経新聞社会部記者や朝日新聞の元検察担当記者らと賭けマージャンをしていたことが、「週刊文春」の取材で判明した。

4人が集まったのは5月1日。小池百合子都知事が「ステイホーム週間」と位置付け不要不急の外出自粛を要請、また安倍晋三首相も「人との接触8割減」を強く求めていた緊急事態宣言下でのことだ。夜7時半頃に産経新聞A記者の自宅マンションに集合すると、午前2時近くまでマージャンは続いた。

マージャンを終えた黒川氏は、産経新聞の用意したハイヤーで帰宅した。

また、5月13日にも同様に黒川氏はA記者宅に向かい、深夜までマージャンをしていた。

産経関係者の証言によれば、黒川氏は昔から、複数のメディアの記者と賭けマージャンに興じており、最近も続けていたという。その際には各社がハイヤーを用意するのが通例だった。

マージャンは密閉空間で4人が密集し、密接な距離で卓を囲む「3密」の典型で、東京都も雀荘に休業を要請している。また、少額でも賭博罪に該当する。

さらに、国家公務員倫理規程上も問題がある。人事院の見解は以下の通りだ。

「国家公務員が、会社の利益を目的とする人物(記者)から、社会通念上相当と認められる程度をこえて、接待や財産上の利益供与を受けている場合、国家公務員倫理規程に抵触するおそれがあります。そもそも賭けマージャンは刑法犯なので、そういう人物がいれば倫理法以前の問題。国家公務員法の98条(法令遵守)や99条(信用を傷つけてはいけない)といった一般服務義務に違反する可能性があり、懲戒免職といった事態も想定されます」

産経新聞広報部は、「取材に関することにはお答えしません」

朝日新聞広報部は「社員の業務時間外の個人的行動について詳細はお答えいたしかねますが、お尋ねのような行為があったとすれば、不要不急の外出を控えるよう呼びかけられている状況下でもあり、不適切だったと考えます。弊社として適切に対応いたします」

黒川氏は何を聞いても口を開かず、東京高検は質問状すら受理しなかった。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200520-00037926-bunshun-pol




【上記ニュースに寄せられたコメント】

mae | もちろん賭け麻雀をやっていれば、記者もろとも賭博罪で完全にアウトです。ただ、百億歩譲って、たとえ賭け麻雀をやっていなかったとしても、特定の記者の自宅に上がりこんで記者と6時間半も接触するというだけでアウトです。
幹部に捜査情報を上げたらメディアに漏れる可能性ありって、それだけでも現場の検事からしたら最低最悪の上司であり、誰もついていこうとは思わないですから。
この報道が事実であれば、黒川氏が辞めるのは当然として、監督責任を問われ、検事総長も早めに辞めざるを得なくなるかもしれませんね。
皆さんもいろいろと言いたいことがあるでしょう。そういうときのために、東京高検のホームページには「ご意見・ご要望」フォームが用意されています。また、最高検のホームページにも、監察指導部あての「情報提供窓口」フォームがあります。

huo | 文春すごいわ。
産経も朝日も同じ穴の狢だったか。
黒川の検事総長はないな。

amo | 犯人隠避・蔵匿の他に賭博罪まであるのか!すごい検事総長になるな。

run | この事の真偽はともかく、このメンバーは凄いですね。それと、この件が何故漏れたのか不思議ですね。罠にはまった感もありますね。いずれにしてもこの様な事が判明したのなら辞職が当然と思慮します。

gor | いいぞ文春!さすがです。第2・3段のネタ期待してます。
アベノマスク受注に関しても、文春・新潮さん期待してます。。

nak | 黒川の行為は言語道断なんと賭け麻雀してたとか!これ刑法違反でもし事実なら懲戒免職の事案である!真相究明するため地検特捜部に動いてもらいたい〜〜

zr7 | やってよいかを上司にきけば、「ダメ」と言います。
全て否定するわけではありませんが、刑法に引っかかることを社会に公開されたら、抵抗する術はありません。
タクシー代を出させた額の累積がいくらぐらいになるとか、そのあたりで追求されるでしょう。
あまりに目立ち過ぎましたね。
裁く側の人間でところも不利な評価になりそうです。
残念でした。

sat | この人の顔を写真で拝見したが、残念ながら「小物感」が表情に出ている。検察という大きな組織を引っ張っていける度量や信念、人格を有しているようには見えない。逆に上にへつらい、下に威張る性格のように見えた(個人の感想です)。

gmr | 検事長定年問題も、Twitterで話題になるまで大手メディアはほとんど触れなかった。
この記事は氷山の一角で、他にもメディア関係者と「交流」があるんだろうな。
脛に傷持ってる連中が傷を舐め合ってる地獄絵図

ore | 産経新聞の姿勢が問われる。
黒川検事と、産経の記者となる以前から交流がありマージャンをしていたなら目くじらを立てる事では無いが、産経の記者として黒川氏と知り合い、賭けマージャンをしていたなら恥ずべき事。
逆に、産経新聞は、該当記者から聞き取りをし、事実無根なら徹底的に文春と戦うべき。

nar | 黒川さんはもう終わり。
問題は産経と朝日の記者が絡んでいるということ。
賭け麻雀はこの時期にやることではないし、平時であっても大問題。
我が国の政治・行政・検察、ここまで腐っているとは。
そのチェック機能たるマスコミまでもが。
本気で日本を変えていかないとどうしようもなくなる。

【newscollege管理人コメント】

叩かれた当然というか、むしろ記者のしこんだ爆弾なんじゃないかと思うくらい。
黒川さんの失脚は当然の流れすな、、、わきが甘いというか何といえばいいのか。
どうしようもないな、こりゃ、、、







-コロナ, 国内news

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.