ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


女性の悩み

婚活中の47歳女性 寝汗や悪夢に悩んでいたら…「そういえば生理がない」 更年期症状にますます募る人生への不安

更新日:


急に顔がほてり、ひどく汗をかいてしまう「ホットフラッシュ」や、イライラしたり憂鬱になったりとさまざまな症状が出る更年期。日本人の女性は平均50.5歳で閉経を迎えるとされ、閉経の前後10年ほどの期間に、こうした更年期症状を実感する人が多いと言われています。しかし40~50代ともなると、仕事疲れが溜まりやすく、更年期でなくとも体調を崩しやすいもの。疲れているだけだと思っていたら「更年期だった!」という、40代独身女性のエピソードをご紹介します。

おしっこと間違えるほどの量の寝汗 会社の後輩から「ストレスですよ」と指摘が
「昨年の夏からの半年間で、ベッド用の敷きパッドを4回も買い替えたんですよ」

大きなため息をつき、待ち合わせをした喫茶店の椅子に座った高田清海さん(仮名・47歳)。失礼な言い方にはなりますが、肌ツヤはとても良く、着ている服もセンスの良いものばかり。とても40代後半とは思えない、いわゆる「美魔女」という言葉を想起させる女性です。こんな素敵な人が、何に悩んでいるというのだろう? 思わず、そんな風に思ってしまいました。

「確か昨年の……8月末くらいだったと思います。夜中に暑くて暑くて、目が覚めたんです。起きてみたらびっくり。着ていたパジャマとシーツが、ぐっしょりと湿っていました」

まさか、この年齢で“お漏らし”してしまったのでは? と焦ったという清海さん。慌ててパジャマを脱ぎシーツをはがすと、ベッド用の敷きパッドまで濡れていてとても驚いたといいます。

「敷きパッドの臭いを嗅いでみたのですが、臭くないんですよ。おしっこだったらそれなりの臭いがすると思うのですが、どうやら違うみたいで。頭の中で『え? どういうこと? 何これ? まさかの汗?』って、しばらく考えてしまいました。夜中に起きて、ベッドで水を飲もうとしてこぼしたのかも? なんて考えも浮かんだのですが、そんな習慣はなかったのでありえないな、と」

びしょびしょになったパジャマとシーツを洗い、敷きパッドを干して仕事に出かけた清海さん。しかし翌朝、再び同じような状況になっていました。

「まったく同じような感じで、身体全体が蒸し器に入れられているような、ひどい暑さを感じて目が覚めました。ふと見ると、乾かして寝たはずの髪も湿っていたので、『これ、汗か!!』って思い至ったんです」

その夜からエアコンの温度設定を下げて寝るようにしたので、深夜に目を覚まさずに済むようになった清海さんでしたが、今度は別の悩みが襲ってくるように。毎晩、ひどい悪夢にうなされ熟睡できなくなってしまったといいます。しっかり寝たつもりでも疲れが取れず、仕事中も昼過ぎから集中力が途切れてしまい、仕事に身が入らない状態が続きました。

「仲が良い会社の後輩に相談したら『先輩、それきっと、ストレスですよ!』って言われてドキリ。私は仕事が好きで、気合を入れて働いてきたため、この年まで独身で来ました。ちょうど母から『1人なのはいいけど老後はどうするの?』なんてことを言われたばかりで。ああ、そうか、きっと将来に対する不安がストレスになって出てるんだ! 孤独が悪いんだ! って。何かそう思い込んじゃったんですよね(笑)」

合コン、街コン、結婚相談所… あらゆる婚活を開始
それからというもの「結婚したい!!」という気持ちがムクムクと湧き上がり、すぐさま結婚相談所に登録。街コンなどにも顔を出し、伴侶を探す日々を送った清海さん。しかし、マッチングした相手はいなかったとのこと。

「私が婚活で出会った同じ年頃の男性は、皆一様に『30代前半まで』を希望しているし、50~60代の男性まで『子どもが産めない年齢の女性はちょっと……』ですって。でもまぁ……子どもが欲しくて結婚を望んでいる人からしたら、私みたいに『何か将来が不安だから結婚したい』なんていう女は、マッチングしなくて当然なんですよね。少し前までは『何で!? 私は自分磨きもしてきたし、社会的な地位も築いてきている。何でこんなに努力してる私が選ばれないの!?』って、イライラMAX状態になってしまって……」

婚活中も、寝汗がひどい状態は長く続きました。干しても干しても間に合わず、気付いた時にはベッド用敷きパッドにカビが生え、黒い斑点がポツポツと。仕方なく、敷きパッドはすでに4回買い替えたといいます。

「敷きパッドとシーツの間にビニール袋を敷いて寝たこともあったのですが、逆に暑さが増してダメでした。何をしても改善しないし、結婚どころか恋人もできない。自分でももうどうしようもなくて、でも結婚したいっていう気持ちばかりが先走ってしまって……」
姉に更年期を指摘されびっくり 心当たりがあり婦人科を受診することに
困り果てた清海さんは、お正月休みに飛行機で実家に帰った際、お見合いの話はないかとご両親に相談。そこにはたまたま実家に帰ってきていたお姉さんがいて、睡眠時の症状について話してみたそうです。すると――。

「姉に鼻で笑われたんです。『それはたぶん、ストレスじゃなくて更年期症状よ。自分の年齢考えてみなさいよ』って。更年期は50代以上になると現れる人もいるものだと思っていたので、本当にびっくりしてしまいました。ここ数か月生理がなかったので、母に付き添ってもらって、三が日明けに婦人科に行くことに。ストレスや体調不良のせいだと思っていたら、まさか更年期の症状だったなんて……」

更年期という症状は、人によってさまざま。清海さんのように、寝汗が異常な量になったり、悪夢にうなされたりと、睡眠中に不調が現れることもあるようです。

その後、病院で勧められた漢方薬を飲むことで大量の寝汗や悪夢から解放され、現在は平穏な生活を手に入れることができているという清海さん。しかし、1度膨らんだ結婚への夢は捨て切れないといいます。
和栗 恵

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200521-00010005-hintpot-life&p=2
ヤフーニュース引用

■世間の反応

●年齢でしか判断しない男性とはマッチングしなくて良いと思う。
穏やかに第二の人生歩みたい、頑張ってきたあなたが素敵だと言ってくれるマチュアな人、
きっといますよ。

●>>『何で!? 私は自分磨きもしてきたし、社会的な地位も築いてきている。何でこんなに努力してる私が選ばれないの!?』
この発言は女性からも支持され辛そう。。。

●写真の人は美魔女ではないですね







-女性の悩み

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.