ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


コロナ 海外news

新型コロナ収束は「安倍政権ではなく国民の決意があったから」 海外メディアが“日本が成功した理由”を報道

投稿日:


『新型コロナでの成功は“ミステリー”だ』

オーストラリアのABCテレビは、日本の新規感染者数が減少傾向にあることをこう表現する記事を載せた。

第二波の懸念はあるものの、緊急事態宣言が段階的に解除されつつある日本。厳格なロックダウン(都市封鎖)などをせずにここまで至った理由について、複数の海外メディアが検証している。

「ミステリー」
ABCテレビは、公衆衛生の専門家の間で「日本は次のイタリアかニューヨークになる」と囁かれていたものの「実際にはそうならなかった」と指摘。

当初はPCR検査数の不足から、感染者の実態が把握できないと批判されたが「死者数が爆発的に増加することはなかった」とした。

そして京都大学の本庶佑・特別教授の「ミステリーだ」という言葉を紹介したうえで、日本人は普段から手洗いなどの習慣があることや、キスやハグなどが一般的ではないことが理由の一つではないかとした。

リーダーシップ欠けたから?
ブルームバーグは「なぜ日本はロックダウンも大量の検査もなくウイルスを撃退したのか?」とする記事を掲載。日本の専門家への取材をもとに考察を加えている。

理由の一つとして挙げているのが、2月に大量の感染者が出たクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」だ。ブルームバーグはこの経験が「日本の専門家に、ウイルスはどのように広まるのかという貴重なデータを提供した」と指摘している。

そして「家の外で車が燃えているようなものだった」とする早稲田大学の田中幹人・准教授の言葉を紹介し、クルーズ船がきっかけで、コロナをどこか人ごとと捉えていた日本人の危機意識に火がついたとした。

また、「日本は他の国と違って専門家主導のアプローチができた」とする田中氏の言葉をもとに「政治のリーダーシップが欠けていると批判されたが、それによって医師や専門家が前面に出ることができた」と評価した。

国民の静かな決意
政府よりも、国民の習慣や努力が実を結んだと見るのはイギリス紙「ガーディアン」だ。「政府批判から、国民の習慣への賞賛へ」という副題の記事を掲載している。

記事では今の日本を「世界的な反響を得た台湾や韓国などと違う、もう一つのコロナ対策のサクセス・ストーリーと言える」と表現した。

一方で、記事では「小さく、汚さが指摘されたこともあったアベノマスクはソーシャルメディアで嘲笑の的だった」などと政府の対策への批判が寄せられていたことを紹介し、もともと日本人には花粉症対策などでマスクをつける習慣があったことや、衛生観念が発達したことが感染抑制につながった可能性があるとした。

そのうえで「安倍首相は自ら国民に“3密”回避を呼びかけたが、ほとんどの賞賛は、戦いの前からウイルス対策の習慣で武装した、国民の静かな決意に向けられている」と指摘した。

ほかにも、映画館や博物館、それにプロスポーツなどの自粛が素早く実施されたことにも言及している。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200523-00010002-huffpost-int




【上記ニュースに寄せられたコメント】

tac | 左の人たちは、何としても認めたくないだろうが、専門者会議のメンバーが誹謗中傷を受けながらも粛々と行動していたからだろう。
学校休校にします、といった時の世の中の反応どうだった?
オリンピックを控え、習の意向とWHOの大丈夫発言で中国人の入国を阻止できなかったことは失敗だった。

pyb | マスコミの無責任な報道に嫌気を感じながらも、国民一人ひとりが緊急事態宣言を素直に受入れ、感染予防に集中した結果なのだろう。

m9v | 日本では法律上、外出自粛や店舗の休業は要請しかできず、強制はできないです。
どのみち政権が、どうこうではなく、国民の協力がないと終息はできないです。
残念ながら一部では、陽性反応後に、高速バスで移動するなどの、非協力的な動きがみられましたが。

ino | 自分も今回ほど日本国民としての誇りを持ったことはない。
勤勉とか大人しいとか、どちらかと言うとネガティブ的に捉えられてるかもしれないが、一つの目標があれば、これだけ即結束できる民族と言う事。
確かに政権の後手後手は否めないけど、検査キットだけで何とかモデルや世界のスタンダードより、まずは国民性とその教育をモデルとしてもらいたいものだ。

izy | 新聞テレビの人たちが「PCR検査をどんどん増やせ」と言っていましたが、もし、本当にPCR検査をどんどん増やしていたら検査を通じて医療関係者へ感染拡大し、欧米のように大規模な感染拡大が発生したと思います。
少なくとも当初、PCR検査を重篤な患者とクラスター調査に絞ったのは政権の成功だと思います。

kin | 政権と国民両方のおかげだ。
もともと危機意識の強い国民と、穏やかな「要請」を出した政府のやり方が功を奏した。
もし強権的に戒厳令みたいなことをすれば国民の反発を受けて、かえって国が混乱したはず。
当初の中国人をほぼ無制限に入国させ続けたのは政権の大失態であったが、その後は規制を行って今でも解除していないのは十分評価できる。
そもそも訪米メディアは日本がNYみたいになると断言してただろうが。
誤りを認めて日本に謝罪すべきなのに、「奇妙」とかどこまで日本を愚弄するのか。

wgk | 「政治のリーダーシップが欠けていると批判されたが、それによって医師や専門家が前面に出ることができた」
これは違うだろう。専門家集団の方針に従うこと、政治的な介入を控えることを政府サイドで決定し、その結果として、予測どおりに緩やかな蔓延と急激な収束を導いたのではないか。第二波に至る海外からの流入に際して空港段階での検疫に遅れを取ってしまったことはありましたが、それ以外はぶれなかった。政府嫌いの外野たちが無駄口をメディアで叩き、暇つぶしをしていたのとは対照的です。もっと施政側の努力を尊重するべきでしょう。

our | 政府はWHOのパンデミック宣言する前から特別指定感染症に指定して警戒してたし、学校閉鎖や入国制限や緊急事態宣言など遅いなどの批判もあるけど政府で出来る最低限の事はしている。経済保証も批判はあるが世界最高水準の額と対応策をやっている。
勿論真面目な国民の自粛自制の賜物ではあるけど政府が何も保証しなければ休業も出来ない。
世界では強制ロックダウンでも保証が無い国が多数ある事を日本人は知った方が良い。

sha | それは違うだろ、自粛宣言が発せられたから、それに応じたということ。憲法上の制約から、強制的な措置はとれないが、誰かが号令をかけないといけない。その意味では政府の貢献が大きいと思う。海外メディアは大概無知であり、想像だけで記事を書いており、信用してそれを横流しする朝日系のハフポストの歪んだ姿勢を感じる。

dra | 台湾での2000人以上を対象とした追跡調査によると、発症の2~3日前から他者への感染力があり、いちばん感染力が強いのは0.7日前。そして発症6日目以降は他者へほとんど感染させないとの報告。
これらの事から考えられるのは、日本での4日ルール(37.5℃の発熱が4日以上続く場合(高齢者や持病のある人は2日)が意図的かどうかは別にしてうまく機能したんじゃないかと思うんだよね。4日発熱が続いて5日目以降に相談(保健所がパンクしてて実際はもっと後)するわけだから実際に病院に受診するのは6日以降になるわけで、その頃には他者への感染リスクが低くなってるから病院での大規模な感染が起こらなかったのではないかと考えられるんだよね。

【newscollege管理人コメント】

どちらにしろコロナとの闘いの第1ラウンドは決着が見えてきた。
第2ラウンド、第3ラウンドを見据えて医療機関の整備や物資の補給、ワクチン開発・治療薬開発、我々国民の生活スタイルなど課題はまだまだ山積みと思う。
気を緩めずにコロナに対処していきたい。







-コロナ, 海外news

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.