ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


エンタメ

ビートたけしの“TBS支離滅裂反論”に元弟子の嘆き 「殿、どうか目を覚ましてください」

投稿日:


週刊新潮が報じた愛人妻の保険証詐欺に、ビートたけしはMCを務める「新・情報7DAYS ニュースキャスター」にて、支離滅裂な反論を展開した。詳細は別記事「ビートたけしの元弟子“公開侮辱”を垂れ流したTBS 愛人妻の保険証詐欺をめぐり」に譲るが、「元弟子が売れてえんだか何だか知らねえけど」「俺のネタを売って食ってんだよ」と、告発者を公開侮辱したのである。

件の番組を観た“元弟子”、石塚康介さん(42)が溜め息をつく。

「そもそも私は今、芸能活動を一切していません。飲食店でバイトをしながら糊口を凌いでいるのに、殿をネタにして食べているとは……。芸能人として『売れたい』なら殿の近くにいるのが一番で、殿に睨まれるようなことをするはずがないじゃないですか」

そして、純な思いをこう吐露するのだった。

「私は役者志望で殿に弟子入りしたことになっています。でも、私が本当になりたかったのは『役者』ではなく『殿の弟子』でした。殿が作った映画を観て、なんて格好良い人なんだろう、とにかくこの人のお側(そば)にいたいと、それしか考えられなくなってしまったんです。ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した『HANA-BI』でのラストの心中シーンは格別でした。妻役の岸本加世子さんに『ごめんね』と謝られ、戸惑い、はにかむようにして無言で彼女を抱き寄せるサングラス姿の殿。遠景には澄み切った空と海のキタノブルー。渋くて、格好良すぎる殿。完全にやられました」

だからこそ石塚さんは、

「殿の『ニュースキャスター』収録が終わるのを狙って、2年間出待ちを続けたんです。そのうち殿の当時の運転手と親しくなり、『うちに入りたいなら役者志望って言ったほうがいいよ』とアドバイスしてもらった。それで私は『役者志望』になったんです」

消えた殿の「ポチ袋」
そう回顧する石塚さんは遠い目をしつつ、たけしがまだ「裸の王様」ではなく「服を着ていた」頃の黄金の日々を思い返す。

「殿は現金100万円が入った財布と万札入りの特製ポチ袋を常に持ち歩き、いつだって全員分の食事代をおごっていました。『今日は何人いるの?』と訊いてはお店にいるスタッフ全員にポチ袋を配り、軍団にもタクシー代としてそれを渡す。テレビ局の楽屋に子役が挨拶に来れば、お小遣い代わりにやはりポチ袋をあげる。私も弟子入りが決まった夜、軍団の人を通して『これ、殿から』と、そのポチ袋をもらいました。泣けるくらい嬉しかった」

しかし、ある時を境に石塚さんの日常は金色から鈍色へと変わった。

「殿のお側にいられて毎日が本当に嬉しく、楽しいことばかりでした。殿は人間として本当に格好良かったですから。横井さんが現れるまでは……」(同)

たけしの仕事にまで容喙(ようかい)する横井氏の傍若無人ぶりの数々は、これまで本誌(「週刊新潮」)で報じてきた通りなので割愛するが、一例だけ挙げると、

「横井さんは殿の財布の中の残金を頻繁に確認するようになり、殿は自由にお金を使えなくなっていきました。自宅の大掃除の際にヘソクリが見つかってしまい、殿が横井さんに『なにこれ!』と問い詰められることもあった。次第に殿から鷹揚さが失われ、ポチ袋を配ることもなくなっていきました」(同)

横井氏に管理され、振り回されるたけし。挙句に発覚した「保険証詐欺」――。石塚さんはこんな真情も吐露するのだ。

「殿は知らないかもしれませんが、実は5年ほど前に結婚した際、私は本籍地を実家から等々力ベースに変えています。殿の『始まり』からお側にいられなかった分、『終わり』は必ず見届けさせていただきたいと密かに決めていたからです。私にとって殿は、文字通りお殿様というか、神様みたいな存在でした……。殿はどうして私の本心に気づいてくれないのでしょうか。私だけではありません。横井さんに嫌気がさして離れていった人、遠ざけられた人、今でも残っている数少ないスタッフ、皆が願っていることです。殿、どうか目を覚ましてくださいと」

Yahoo!ニュース引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/eb77065be84155614c4a043e2380d8b3819cd67e




【上記ニュースに寄せられたコメント】

kob | 本当に殿が好きで、弟子になって間近で見てきたからこそ、彼女の登場でいろいろ変わってしまったんだろうな、どちらが正しいのかは、近くにいる人達にしかわからないことだと思うけど、この元弟子さんの言うことが、真実なのかなと思ってしまいますね

mor | 私はツービートの漫才の時代からたけしさんは好きだったんですが、最近はもごもごと何を言っているのかよく聞き取れないことも多いし、古いギャグに周りの人達がそんたくして愛想笑いしている光景が痛々しく感じます。さんまやたけしに比べても、心や体の老化も激しくみえますし。上岡龍太郎は最後の引き際までシュっとしていて、「何故こんな若さで引退するんだろう」と今でも残念ですが、たけしさんを見ていると引き際って大事だなとも思う。

sor | 厳しい言い方かもわからないけど
たけしさんが、あなたの願うように目を覚ましたとしたら、あなたはたけしさんにとって有益になる存在でいられるのでしょうか
決して今がベストの幸せではないかもしれませんが、本人の道であり本人の決めるものだと思います。
あなたは粛々と保険証の疑惑について専門機関を通じて適切に解決をしていく事が筋道だと思います。

pgz | ビートタケシの弟子と言われる人たちって、県知事になった人はいるけど、面白い人は本当にいない
そもそも「お笑い」と言う道に真剣に向き合ってはいない感じがする、
単に、大勢で無茶苦茶をやっていれば客が笑ってくれると勘違いしているだけじゃないかな

xan | 記事を鵜呑みにするつもりはないが最近のたけしはただの老人にしか見えない。
どんな職業だろうが退き際は大事。
これ以上晩節を汚さずスパッと引退するべきだと思うよ。

rnk | 金の切れ目が、縁の切れ目。
ビートたけしは別人になった。もはや完全な他人。
元弟子の人は、さっぱりと過去を払拭して忘れる。新しい人生に目を向けないと、愚痴ばかりでる。

fui | たけしは滑舌が悪く、何を言っているのかわかりにくい。話している内容も大したことはないし、面白くもない。
芸人としてはもう時代遅れなので、映画監督に専念した方が賢明だと思う。

h** | 我々に見えてる部分だけで言うと、悪く変わっちゃったな大丈夫かなと心配。
たけし独特の頭のキレを感じることがなくなった。
現妻の影響というよりも、健康状態に問題がないだろうか心配。
とにかく心配。

tn* | 可愛い息子が、鬼嫁の尻に敷かれてしまった姑の話しみたいですね。
残念ながら、元には戻らないよ。
もう、嫁に握られてしまってるから、たけしから離婚を切り出す様な事は無いと思う。
人は結婚相手によって変わる。
過去に捕らわれず、新しい道を行った方がいいよ。
ぐだぐだ未練たらしいのは、見苦しいし、今迄、世話になってきた人にこれ以上迷惑をかけるのは止めな。

hap | 厳しくお金の管理をする愛人と再婚してポチ袋をくれる気前の良い殿ではなくなってしまった。
だから「目を覚まして下さい」ってどうなんでしょうか。
1番悔しいはずの元奥様が「身体に気を付けてお幸せに」っておっしゃってるのに。
どんな悪妻を選ぼうがそれはたけしさん個人の自由だし周囲の人達にはたけしさんから離れて行く自由だってあるんですから。
週刊誌やマスコミを通して騒ぎ立てる事でたけしさんは益々心を閉ざして新しい奥さんにのめり込んで行くだけではないでしょうか

【newscollege管理人コメント】

ビートたけし、北野監督の大ファンな自分にとって残念なニュースばかりが耳に入る。
たけしさんの今後を考えるとやはり今までとおりクールにかっこよく決めて欲しい。
そう願うばかりです。







-エンタメ

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.