ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


エンタメ

【結果発表】 一番好きな「宮崎駿監督作品」、圧倒的1位に輝いたのは?

投稿日:


2020年5月2日から6月1日まで、ねとらぼ調査隊では「宮崎駿監督作品(長編アニメ)、どれが一番好き?」というアンケートを実施していました。

初監督作となった「ルパン三世 カリオストロの城」から、最新作である「風立ちぬ」まで、投票の対象となった選択肢は全11作品。そのすべてが“国民的アニメ”と言っても過言ではない中で、最も票を集めたのはどの作品だったのでしょうか?

今回のアンケートでは総数5022票もの投票をいただきました。ありがとうございます。それではアンケート結果を見ていきましょう。

●トップ3は?
まずはトップ3をご紹介。映画の興行収入ランキングとはまったく異なる、しかし「やっぱり」と納得感のある3作品が並びました。

●第3位:ルパン三世 カリオストロの城
第3位となったのは、宮崎駿初監督作品としても知られる「ルパン三世 カリオストロの城」でした! ラストの銭形警部の名台詞『ヤツはとんでもないものを盗んでいきました……あなたの心です』はあまりにも有名。

いただいたコメントを見ると、『ルパンの世界観を壊さずに駿ワールド全開なルパンが感動もの』『クラリスが堪らなく…愛らしすぎて』『五右衛門の「可憐だ」に尽きます』などなど。深窓の令嬢と“おじさま”の夢のような数日間。クラリスは今後一生この思い出を抱えながら生きていくのだと想像すると、それだけで胸が震えます。

●第2位:風の谷のナウシカ
第2位となったのは「風の谷のナウシカ」。『初めて観たときの衝撃は、数十年たった今でも忘れられません』『OPの壁画を見る度に「ああ最高の映画だ」と思えます』『ラストシーンで必ず泣きます』など、ファンの思い入れも相当なもの。

さらに多かったのが、「漫画作品も入れていいなら、原作のナウシカが最高」という意見。全7巻からなる原作は、映画では描き切れなかったシーンの方がはるかに多く、展開も途中から大きく異なります。「映画版とは違った答え」を出すナウシカの姿、読んでいない方はぜひ手に取ってみてください。

●第1位:天空の城ラピュタ
そして堂々のランキング第1位に輝いたのは「天空の城ラピュタ」でした! 2位以下を大きく引き離す圧倒的トップです。

コメントを見てみると、『何度も見ても飽きない名作』『何人にも真似できぬ天才の所業』『朽ち果てたラピュタの遺跡には、いつも吸い込まれるような気持ちになるし、パズーとシータの愛も好きです』などの反応が。

これぞ冒険活劇と思える手に汗握る展開、お互いに引き立て合う音楽と映像、王道のボーイミーツガールにキャラの立った悪役……と、あらゆる要素が高次元で組み合わさった、まさに傑作中の傑作が最も多くの票を集めました。

●「大人になればわかる」あの作品
続く第4位に入ったのは「紅の豚」。森山周一郎さん演じるダンディなポルコと加藤登紀子さん演じるマダム・ジーナの大人の恋愛に、天真爛漫・縦横無尽の活躍を見せるフィオ。『フィオはジブリ史上最強ヒロイン』の声にもうなずけます。『大人になって「紅の豚」の良さが沁みるようになった』との声多数。

第5位は宮崎作品の中でも超大作に数えられる「もののけ姫」。過去作で描いてきた爽快な世界観とは異なる、どこか影のある雰囲気の中で、「分かり合えない者同士が懸命に分かり合おうとする」ストーリーに胸を刺された人は多いはず。

●「選択肢にはないけど、実は最高は……」
最後にもうひとつだけ。「その他」に投票してくれた人たちから最も支持を集めていたのは、テレビアニメ「未来少年コナン」でした。今回は対象作品を「長編アニメ」としたために選択肢から外れてしまったのですが、『未来少年コナンこそすべての原点』『最高傑作です』とのコメントは本当に多かったです。

Yahoo!ニュース引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/c0430a17c807fc2787f7727f80f6a2a2981a3775




【上記ニュースに寄せられたコメント】

*** |  私も1位はラピュタです。エンターテインメントとして一番完成されていると思います。王道のストーリーで特に引っかかるところもなく、いつ見ても楽しめます。
パズー役の田中真弓さんも当時からパワフルな声で作品の魅力の一部になっていると思います。

por |  ストーリーの良さも去ることながら、初期の宮崎アニメは声優の演技が光っている。やはり、声の演技でプロの声優に勝るものはない。
最近の宮崎アニメはダメ。タレントを起用して話題集めしているが、演技があまりにヘタすぎて聞いてられない。あのタレントの大根芝居で作品の魅力は見事に減殺されている。

las |  自分は魔女の宅急便かな。これは答える世代の人数も影響すると思うし、TVの放送回数も影響すると思うから、こういうアンケートをする媒体によって順位は変わると思うけど、それぞれの順位があって然るべきだと思う。

flh |  やはり風の谷のナウシカです、原作、設定人類とて自然の中の一部、自然と共に生きる、自然の中で生かされている事を思い起こされる作品
巨大な皇蟲(オーム)がいる事がものすごく考えさせられます、映像もナウシカが美しく、ユパ様もカッコいい「降伏しろ!コルベットはもう帰らん!」剣技もすごい、良い作品です、できるならば、続編をお願いします。

c0y |  その他の未来少年コナンは納得。
あの世界観にはあの時代に子供ながらに引き込まれた。
コナンがあったから、宮崎駿に興味を持って。
その後、ラピュタに繋がったと思う。

tom |  何が凄いって、5位でもそれ以下でも名作ばっかりだということ。
1人の監督がこれだけ多くの名作をつくりだすってのは黒沢監督くらいでしょ。
しかも、多くの日本国民が宮崎アニメのタイトルを覚えていて、「私はコレ」「俺はコレ」といって盛り上がれる。
日本のアニメに多大な貢献をしてきた宮崎監督には尊敬の念しかない。
また新しい作品が見てみたい。

m** |  今回ジブリの過去作を映画館でやってるけど、ラピュタが入ってなくて残念だった。ラピュタこそ映画館でもう一度見たかった。

*** |  自分はナウシカかな。環境問題やエルトゥールル号の一件を思わせる逸話が織り込まれてたり、動植物を愛し人を愛し周囲と強調する姿があったり、そして何より自己の犠牲を厭わず愛するものたちを守り抜こうとするその姿に、何度見ても心打たれるものがあるのでラピュタも非常にすばらしい作品ですが僅差でナウシカが好きです。

kai |  私は小学六年生の時に授業の一環として体育館で「天空の城ラピュタ」を見たがその後に見た「火垂るの墓」の内容が当時小学六年生の私にはかなり衝撃過ぎて
その前に見た「天空の城ラピュタ」の感想文が書けなかった思い出がある。

zxa |  すべてが名作。どれも大好き。
あと、「パンダ・コパンダ」という短編映画があり、大昔、主になってた映画よりも、その前に数分で終わった「パンダ・コパンダ」の方が物凄く面白くて、子供ながらなにずっと主題歌を歌っていた。のちのち調べたら「宮崎駿作品」ということにとても納得した。トトロの原点だったように思う。

【newscollege管理人コメント】

宮崎作品は時代に迎合しないんで時間が経っても色あせない。
それが一番の魅力と思う。
どの作品も素晴らしいと思う。
制作してくれて、ありがとうと素直に思うよね^^







-エンタメ

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.