ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


エンタメ

大麻逮捕の伊勢谷友介容疑者を擁護する窪塚、古市氏らの言い分

投稿日:


「伊勢谷くん、かわいそう。マジで」

大麻を自宅に隠し持っていたとして、大麻取締法違反で逮捕された俳優の伊勢谷友介容疑者。その彼を複数の著名人が一擁護している。

俳優の窪塚洋介は、9月9日のインスタグラムでのライブ配信の中で、冒頭のように言ったうえで、

「伊勢谷くんより悪いやつめちゃくちゃいるから。伊勢谷くんのことを責めるのやめて。誰も殺してないから。誰も傷つけてないです。めちゃくちゃ大量に傷つけている人いるんで、そっちを見ましょう」

と持論を展開した。

「窪塚さんは以前から大麻推進派です。‘03年の自著『Pieces Of Peace』で、《『大麻』は21世紀、人間にとって、そして地球にとって奇跡の草となる》と持論を展開しています。さらに’08年には大麻パーティーに参加していたと、週刊誌に報じられたこともありましたね」(スポーツ紙記者)

窪塚は毎回ワインをボトルのままラッパ飲みし、インスタライブで“泥酔ぶっちゃけトーク”をすることが恒例となっている。その中で先日、窪塚自身も警察の捜査を受けたことを明かしている。

自宅に到着し、タクシーを降りようとしたら、近くに止まっていた車から警察が降りて来て、“ガサ”を受けることになったが、結局窪塚からは何も出なかったということだ。

「私めちゃくちゃクリーンなんで。皆さん誤解してることあるけど。まじで俺は飲酒ハンターなんで。まあ間違えちゃったんでしょうね」

セーフではあったが、警察からマークされていた窪塚。11日には自身のインスタグラムも更新し、

《誰も被害者のいない犯罪を犯した者に対して、皆でよってたかって石を投げている日本国民特有のその姿が気持ち悪い》

と、伊勢谷容疑者に厳しい世論までも批判している。

さらに9日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、社会学者の古市憲寿氏も大麻の使用について、

「深刻な犯罪かっていうとちょっと違うのかな」

とコメント。これに対し視聴者からは“こんな人間がニュース番組に出演していいのか”という批判もあったという。

そして大きな事件が起きると即座に自身のYoutubeチャンネルでコメントする堀江貴文氏も持論を唱えた。伊勢谷容疑者は定期的に会う親交のある俳優とした上で、

「戦後大麻を禁止したのはGHQ。そのアメリカが全国的に大麻を合法化していっているのに日本の世論が“信じられない”とか“見損なった”とか言っているのは滑稽。そんな大騒ぎすることなのか」

と伊勢谷容疑者を擁護した。

「堀江氏は覚醒剤の使用で別の芸能人が逮捕されたときも擁護していましたね。自身が刑務所に収監されていた経験から“クスリで捕まっている人間は、他人に危害を加えない”として、“薬物は非犯罪化して罰則をなくし、やばいやつは治療するべき”という持論でした。

しかし犯罪を起こした人間が、実はクスリをやっていたということはよくあること。危害を加えない…と言い切るのには無理があるのでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

大麻や覚醒剤などの違法薬物は、当然のことながら表向きに販売されているものではない。反社会的勢力から流れてきているものがほとんどで、それらの資金源になっている。“自宅で一人で大麻を楽しんで何が悪い”という理屈の裏で、そういった組織に資金を提供しているということも忘れてはならない。

それ以上に、有名俳優という社会的立場を無視し、違法なものに無責任に手を出したことは非難されても仕方ないだろう――。

Yahoo!ニュース引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/0e8ef0b4bda6936cdf8b3da666f73f80b21e2ab8




【上記ニュースに寄せられたコメント】

kik | 別に大して叩かれてないと思うけど・・・
テレビマスコミは大きく取り上げているけど、ネットはいたって静かだし
正直叩かれても無い人を擁護して火をつけている感じ。
まあ、犯罪を犯して捕まったのだから裁判で裁かれてください。
当然仕事にも影響でるでしょうが、賠償金支払い頑張ってねって感じ。

Rac | 違法なものとわかっていて使用して、「被害者のいない犯罪」というのは「誰にも迷惑かけてない」という常套句に通じる気がします。
社会に迷惑をかけるリスクがあると認められているから法的に禁止されているわけであって、そこを擁護するのは違う気がします。
そこが納得いかないのならまず法を変えてからではないと。
「タバコとかお酒のほうがよほど迷惑かけている」という意見も同様です。タバコとお酒は法で禁止されていないのです。そこが納得いかないのならやはり法を変えないといけません。

Yor | 日本では大麻所持は犯罪です。
この方はお薬関係をやっていたとしても意外性があまりない様子で、叩かれているとは感じません。
重い犯罪を引き合いに出して、擁護するのは間違いです。
軽かろうが重かろうが日本では合法化されていませんし、所持でも犯罪です。発覚すればお仕事関連の方々のイメージまで損なわれます。彼を友人として擁護するのではなく、そういう事はやってはいけないと、本当の友人であるならば諭すべきでしょう。友人と言うよりお仲間なのでしょうかね。

mom | 「大麻を使用することよりも、〇〇の方がもっとひどい」って子供の言い訳か!と言いたくなる。
また「世界では・・・」なんて言い訳も、「ここは日本」と言いたくなるほど滑稽。
「ダメなものはダメ。」当たり前の事です。
必要以上に叩くのは問題で、我々が裁く権利はないけどすくなくとも世に影響を与えるほどの存在なのだから、違法行為については、その分、非難されても仕方がないと思う。

iki | とんでもない展開だ
「誰も傷つけていない」
「そんなに悪いことなのか」
法令順守は国民の義務
こんな視点で議論が進んだら秩序はどうなるんだ
法が悪いというなら、法を正せと言う視点でものを言うのがスジではないのか

pvm | どうしても大麻を使いたいなら法律を変える運動をするべき。
それが嫌なら大麻が認められている外国に移住するべき。
日本に居るのなら日本のルールに従う義務がある。

kab | 直接的には他人を傷つけてはいないかもしれないが、大麻や麻薬を買った金が裏社会にまわっている可能性が高いこと、またテレビなどでの人気のある人が犯罪を犯した事での社会への悪影響を考えたら、罪は大きいと思う。

sei | 合法化に賛成してる人の多くは、医療用としても必要とか、健康に害がないとか主張してるけど、ほんとは、幻覚、幻聴、快感作用が有る大麻も合法化して欲しい人ばかり。
擁護する意見もあるだろうけど、イメージ、知名度を商売してる人たちが、違法薬物をやったら、一般人より叩かれるのは当たり前だし、起用してる企業もダメージになるのだから。
それが嫌なら、一般人になって好きなだけやって捕まればいい。

qwo | 昨年、権威ある医学雑誌ランセットに大麻と統合失調症発症との強い因果関係が示された論文が掲載された。大麻合法化の流れの中で、その精神疾患への影響に関する標本数が増加し、皮肉にも人体への悪影響を裏付ける結果が次々と明らかとなってきている。煙草に比べて安全であるとか、世界的に合法化の潮流であるから、日本も合法化すべきであるとかいう論者は、最新の科学的研究同行を踏まえて主張をしているのか甚だ疑問である。

Haw | 大麻で逮捕された芸人を擁護する輩は自分も大麻を使用しているか、または自分の周辺の家族や知人に常習者がいるに違いない。

【newscollege管理人コメント】

伊勢谷さんをどう擁護しようと自由とは思うけど、大麻が違法なのは周知の事実なんで罪を犯したことには変わりないね。
そこを擁護しようないとおもうのだが。。。
擁護している方々は何をどう考えているのやら。







-エンタメ

Copyright© newscollege , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.